お早うネットワーク

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

テンプレート:RADIOLISTEN


お早うネットワーク(おはようネットワーク)は、NRN系列全国33局ネットで、一部の地域を除き、月曜 - 金曜の朝7時台に放送しているラジオ番組1968年スタート。現在、タイトルコールはしていないが、ゾーンとして継続している。

なお、NRN系列局でも、栃木放送朝日放送ラジオ大阪山陽放送では放送されていない。かつて後述のAパターンで「アミューズメントワールド」を放送していた時代は全パターンで土曜日の放送もあったが、2008年9月の「アミューズメントワールド」終了を持って金曜までに縮小されている。

概要[編集]

2010年7月の改編以降、放送形態が3つ存在している。

  1. Aパターン…月〜金曜7:10 - 7:25の15分間、ニッポン放送制作同時ネット生放送「やじうまニュースネットワーク」を放送している地域。【提供クレジット→CM→本編→CM→提供クレジット】が放送パターン(2016年3月28日よりカウキャッチャーが廃止)。
  2. Bパターン…月〜金曜まで、ニッポン放送制作・裏送りの5分番組「情報宝島」を放送する地域。【タイトルコール・提供クレジット→本編→CM→提供クレジット】が放送パターン。
  3. Cパターン…ニッポン放送制作番組はネットせず、自社制作番組を放送。スポンサーのみ、ネットする地域(いわゆる企画ネット番組

放送対象地域に限れば、現在放送されていない地域は岡山県[1]のみとなっている(越境受信による、隣接県局の聴取は可能)。

大半の放送局では、「生島ヒロシのおはよう一直線」(TBSラジオ/JRN)をネット受けしている。加えて一部の局では「おはよう寺ちゃん 活動中・ネットワークゾーン」(文化放送/NRN)をネットする局もあり、この時間のネットワークニュースを、全系列キー局から受けている局もある。

ニッポン放送 ワイド番組時代[編集]

1972年4月7日までは平日6:00〜9:30のワイド番組として放送だったが、終了後は7:00〜8:00に「山谷親平ショー」、8:00〜9:00に「高山栄ショー」などに分割した。

Aパターン[編集]

テンプレート:基礎情報 ラジオ番組 NRN系列33局中、22局ネットで放送されている番組。これは前述通り、ニッポン放送でも放送されている。現在放送の「やじうまニュースネットワーク」は2010年6月28日放送開始。

ニッポン放送においては「ニッポン放送平日朝帯ワイド番組」に内包されている。

平日版の体制[編集]

「お早うネットワーク」の先駆け

番組開始当初(1968年)は「お早うネットワーク」の統一タイトルで、30分番組として放送。前半10分間が、各局ローカルで、7時10分より「今朝の焦点(けさのしょうてん)」。7時25分より「朝の発言(あさのはつげん)」といった構成だった(Cパターンの九州朝日放送では「今朝の焦点」を1999年3月まで、タイトルのみの企画ネットとして使用していた)。

その後、ニッポン放送は「山谷親平のお早うニッポン」(7:00 - 8:00)内に包含され、ネット各局も、ネットパターンが分かれ、「今朝の焦点」「朝の発言」それぞれをネットする形のパターンと、自社製作で、スポンサーネットするパターンに分かれたが、「今朝の焦点」「朝の発言」は、セットでネットする局が、多数を占めた。

「お早う!中年探偵団」スタート後→パターンの分裂

山谷親平の急死後、「お早うニッポン」に代わり、ニッポン放送では、高嶋ひでたけがパーソナリティーを務めた「高嶋ひでたけのお早よう!中年探偵団」が1985年にスタートし、同番組枠内で「今朝の焦点」の後継番組として、「高嶋ひでたけの夜討ち朝がけ(たけしまひでたけのようちあさがけ)」→「高嶋ひでたけの世直し研究所( - よなおしけんきゅうじょ)」→「高嶋ひでたけのお出かけ気にかけ ニュース塾( - おでかけきにかけにゅーすじゅく)」→「高嶋ひでたけのお早うニュース塾」を、2004年3月19日まで放送していた。ニュース読みは石川みゆき小口絵理子(当時、ニッポン放送アナウンサー)→冨田憲子(当時、ニッポン放送アナウンサー)→山本かおると替わった。また、「朝の発言」は「情報宝島」のタイトルに変わり、この辺りから、本項で言う、A・B・Cパターンに分かれた。なお、「夜討ち朝がけ」は、タイトル改題した後も、Cパターンの中国放送では2010年3月まで、タイトルに取り入れ続けていた。また、毎日放送でも、タイトルに取り入れ続けていた。「世直し研究所」は九州朝日放送でも長年、タイトルに取り入れ続けていた。 「高嶋ひでたけのお早よう!中年探偵団」終了後、2004年3月22日より、経済アナリストの森永卓郎がパーソナリティを務めた「森永卓郎の朝はモリタク!もりだくSUN」→「森永卓郎 朝はニッポン一番ノリ!」→「森永卓郎と垣花正の朝はニッポン一番ノリ!」枠内で「なるほど! ニュースネットワーク」を、2007年9月28日まで放送していた。ニュース読みは、増田みのり那須恵理子が務めた。

2007年10月1日から2010年6月25日まで、上柳昌彦(ニッポン放送アナウンサー)がパーソナリティを務めた「上柳昌彦のお早うGoodDay!」の枠内で「GoodDay! ニュースネットワーク(グッデイ! - )」を放送していた。この時は、提供クレジットや全体の進行を上柳が行い、ニュースリーダーを、アシスタント(石川・那須・増山さやか)が務めた。また、全国のリスナーに配慮して「全国のみなさん、お早うございます。上柳昌彦です。」という挨拶を入れていた。また、このころまでは、後述の森田の他にも、畑中秀哉宮崎裕子藤原高峰館野美欧ら、ニッポン放送報道部記者が出演していた。

現在

2010年6月28日から、6年振りに朝の番組へ復帰することになった高嶋ひでたけがパーソナリティを務める「高嶋ひでたけのあさラジ!」が開始。この番組枠内で「やじうま ニュースネットワーク」を放送。2011年10月3日からは長年未ネットであった茨城放送でネット開始。

土曜版の体制[編集]

1980年代当時は平日版と同じタイトルで放送していた。平日の「お早よう!中年探偵団」と時を同じくして始まった1985年4月スタートの「くず哲也のほいきた!土曜日一番のり」からは平日版のパーソナリティ名だけを変えて「くず哲也の夜討ち朝駆け」を、1986年7月スタートの「山口良一のそれゆけ!土曜日行進曲」でも同様に「山口良一の夜討ち朝駆け」としていた。

1989年4月スタートの土曜朝ワイド「(トキちゃん・理恵の)目覚ましかぼちゃモーニング」( - 1998年3月)の枠内で「我ら アドベンチャーファミリー」を放送。その後番組である「土曜だ!いい朝KOASAクン」(1998年4月 - 1999年6月)の「おはよう事件フラッシュ」までは、ニッポン放送の制作で同時ネットにて放送していた。

1999年7月、ニッポン放送では「お願い!DJ!克也とミッちゃんはっぴぃウィークエンド」がスタートしたが、この番組開始をきっかけに同局制作の裏送り番組に変更した(「お願い!DJ!小林克也青春ベストヒットリクエスト」に至るまでの間「かけまくリクエスト」を放送、いち早く2007年3月に終了)。

同時期にネット局では平日版と同じ放送枠で「アミューズメントワールド」を開始。常倉十紀二と「お早よう!中年探偵団」の女性アシスタントがパーソナリティを務めた「トキちゃんのアミューズメントワールド」(トキちゃんは、常倉のアダ名)であったが2003年に常倉が死去。それ以降は番組タイトルから“トキちゃんの”を外し、冨田憲子増田みのり垣花正上柳昌彦がパーソナリティを務めた「アミューズメントワールド」として放送され、2008年9月27日の放送をもって、最終回となった。それと同時に上記にある通り土曜版は廃止となり、「情報宝島」も土曜日の放送を取りやめた。

ネット局[編集]

記述の無い局は単独番組として放送されている。

放送地域 放送局名 内包番組
関東広域圏 ニッポン放送(LF)
制作局
高嶋ひでたけのあさラジ!
北海道 STVラジオ オハヨー!ほっかいどう
青森県 青森放送(RAB) 朝ワイ!ダッシュ
岩手県 IBC岩手放送(IBC) 朝からRADIO
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC) グッとモーニン!!
茨城県 茨城放送(IBS) 「Morningナビ!!」
長野県 信越放送(SBC) モーニングワイド ラジオJ
富山県 北日本放送(KNB) 「KNBモーニングすくらんぶる」
石川県 北陸放送(MRO) 「あさダッシュ!」
福井県 福井放送(FBC)
和歌山県 和歌山放送(wbs) 「グッデイ!」
島根県鳥取県 山陰放送(BSS)
山口県 山口放送(KRY) おはようKRY
香川県 西日本放送(RNC) さわやかラジオ 気分上々
徳島県 四国放送(JRT) 「JRTラジオ あさ一番」
高知県 高知放送(RKC)
長崎県佐賀県 長崎放送(NBC)
NBCラジオ佐賀
ラジオ朝刊 おはようラジオ!
大分県 大分放送(OBS) スタート!
宮崎県 宮崎放送(MRT) 田代剛のひなたんラジオ
鹿児島県 南日本放送(MBC) 「モーニングスマイル」
沖縄県 ラジオ沖縄(ROK) 「SPLASH!!!」

変則ネット[編集]

12月25日が平日の場合、ニッポン放送では『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』を放送するため、ネット局向けの裏送りとなる(CMのみネット)。
STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、和歌山放送、西日本放送、ラジオ沖縄では各局独自の内容で『ミュージックソン』を放送しているが、こちらについては各局で編成については委ねられる(青森放送週間番組表をみてわかるように、『ミュージックソン』編成局ではあるがネットされることもある)。その他のネット局は裏送りのものを放送する。ただし、特別版の場合は、ネット局も同内容で放送する。


また1月1日もニッポン放送では新春特別番組を放送するため放送されない。この場合もネット局では裏送りにて放送される。その時は内包先である「あさラジ!」自体が休止のため、高嶋とニュースリーダー担当アナウンサーは通常通りだが、解説者とコメンテーターが異なることが多い。また1月1日は特別編成になりやすく、「やじうまニュースネットワーク」を単独編成する局が多い。

特例として、

  1. 2014年6月20日はニッポン放送と一部の局ではワールドカップ中継で休止となったが中継をしない局向けに裏送り。なお、「あさラジ!」自体はあったので通常の金曜日と同じ顔触れで放送。
  2. 2014年6月25日(水)はニッポン放送と一部の局ではワールドカップ中継の延長オプション対策で「あさラジ!」が休止となったため、中継をしない局向けに裏送り。「あさラジ!」は7:10からの放送となり特別態勢を敷いたため(延長オプションを兼ねていた)前日火曜日と同じ顔触れとなった。
  3. 2016年8月11日はニッポン放送と一部の局ではリオデジャネイロオリンピックのサッカー中継で休止となったが中継をしない局向けに裏送り。なお、「あさラジ!」自体はあった(6:43まで放送)ので通常の木曜日と同じ顔触れで放送。

裏送りの場合は原則収録放送となるため、当日のニュースではなく、近日中のニュースからのピックアップとなり、放送日前日のメンバーでの放送となる(多くは『あさラジ!』が休止となるため。ただし、上記の1.や3.のように番組が6時台で終了となった時など生放送態勢が敷ける場合は通常通りに行う)。

Bパターン[編集]

テンプレート:基礎情報 ラジオ番組

Bパターンの「情報宝島」(じょうほうたからじま)はNRN系列33局中、8局ネットで放送されている番組。

概要[編集]

ニッポン放送の裏送り制作番組。番組としては、畑中が一人で、放送原稿を読み上げるだけのもの。取り上げる内容は「今日は何の日」的なもの、時事にかかわる話、ニュースの裏側の解説等、多彩かつ多岐に渡っている。『やじうま〜』も放送する高知放送(後述)においては、概要部分にある那須アナウンサーによるタイトルコール・提供クレジットもなく、放送時間になった時点で畑中の挨拶より始まる。また、エンディングテーマ(DEPAPEPEの『Morning Smile』)もネット局より長めにとってある。

2009年10月頃から、毎週金曜日は「私の町のお宝情報」と銘打ち、リスナーからの投書を紹介するものになっており、採用されると採用者にしかわからないノベルティ、「ニッポン放送特製『宝のしましま』」が複数枚贈呈される。また木曜日には「にっぽん宝探し」と題し、毎週一つの都道府県にスポットを当て、それについての観光・文化・社会について述べるコーナーがある。かつては高嶋ひでたけ比嘉憲雄が担当していた。

福井放送大分放送も、以前は情報宝島を放送していたが、2003年から、Aパターンに変更し、同時ネットに切り替わった。

北陸放送は2006年4月から、平日のみ、Aパターンに移行。2008年4月からは土曜日も、Aパターンに移行した。

A・Bの両方の放送は、現在は秋田放送高知放送の2局である。但し、Aパターンと協賛スポンサーが重複するために「情報宝島」についてはノンスポンサーの扱いで放送している。特に、高知放送についてはAパターンの放送が終わった後に連続で「情報宝島」を放送する日程が組まれている。なお過去に高嶋ひでたけ担当の頃は、同様のパターンの放送局も多かったが、比嘉のりおに変更してからは、上記2つと山口放送だけになった。

土曜の放送は、2008年9月をもって終了。長年ネットしていなかったKBS京都ラジオでも2013年4月よりBパターンにて開始し、反対に長年当番組をネットしてきた東北放送では、『あさナビ』を放送することに伴い、2014年4月以降一旦Cパターンに移行したものの、2016年3月28日から放送を再開した[2]

放送形態[編集]

ネット局[編集]

内包番組が無い場合は単独番組として放送される。放送時間の速い順から記載。

放送地域 放送局名 放送時間 内包番組
秋田県 秋田放送(ABS) 6:55 - 7:00
福島県 ラジオ福島(rfc) 7:05 - 7:09 「朝から全開!」
新潟県 新潟放送(BSN) 7:05 - 7:10 はや・すた
宮城県 東北放送(TBC) 7:15 - 7:20 Goodモーニング 松尾です(月曜・火曜)
Goodモーニング 飯野です(水曜 - 金曜)
山梨県 山梨放送(YBS)
熊本県 熊本放送(RKK) 奥田圭のさんさんラジオ
愛媛県 南海放送(RNB) 7:18 - 7:23 山下泰則のモーニングディライト(月曜 - 木曜)
江刺伯洋のモーニングディライト(金曜)
高知県 高知放送(RKC) 7:25 - 7:30 [3]
京都府滋賀県 KBS京都
KBS滋賀
7:34 - 7:39 笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

Cパターン[編集]

NRN系列33局中、5局で行われるパターン。CMのみネットしている「企画ネット」扱いである。また、このパターンのみ土曜日まで行なわれている。

概要・放送形態[編集]

実施局は静岡放送東海ラジオ毎日放送中国放送九州朝日放送の5局。局によって放送時間が異なるが、全て月〜金曜のおおよそ10 - 15分間、自社制作番組を放送。

東海ラジオ・静岡放送は、自社制作番組を放送する前は、平日は「情報宝島」を放送していた。土曜日は上記の5局のほか、Aパターン・Bパターンの放送局も行なわれている。

実施局[編集]

放送時間の速い順から記載。

放送地域 放送局 放送時間 内包番組
当番組のタイトル名
備考
静岡県 静岡放送(SBS) 7:03 - 7:10 IPPO』内
静岡新聞ニュース
過去に内包していた番組は『とれたてラジオ〜One to one〜』→『朝だす!』→『朝番長』。
2000年代に入る前までは『情報宝島』をネットしていた。
東海広域圏 東海ラジオ(SF) 7:08 - 7:15 矢野きよ実の朝は矢野流』内
今日のピックアップ
平日 - 『伊藤春雄のさん!さん!モーニング』は「ひと声千両! この人にきく
小島一宏 morning あい land』は「アイランドBOX
源石和輝 モルゲン!!』は「くらべるモルゲン」としてそれぞれ放送[4]
土曜 - 『心ひらいて 土曜がイチバン』に「週刊レポート
『サタデーパーク アマチン通り』に「週刊トピックス」としてそれぞれ放送。
関西広域圏 MBSラジオ 7:10 - 7:15 子守康範 朝からてんコモリ!』内
MBSニュース
平日 - 『おはようMBS』は「今朝の焦点〜毎日ニュース〜
おはよう川村龍一です』は「夜討ち朝駆け ホットな情報〜毎日ニュース〜」であったが
はやみみラジオ!水野晶子です』以降では定時ニュースの前後にCMを流している。
土曜 - 『おはよう!松井さんちの土曜日です』前期までのタイトルは平日版と同じ。
後期に「毎日ニュース」と改称した後に、定時ニュースのスポンサードとなる。
福岡県 KBCラジオ 7:15 - 7:25 『川上政行 朝からしゃべりずき!』内
しゃべりずき!インサイド
中村もときの通勤ラジオ』は「今朝のスポットライト
武内裕之That's On Time』は「That'sフォーカス
Morning Wave』は「ニュース・クローズアップ」としてそれぞれ放送。
『長谷川ひろし おはよう7』はニッポン放送でかつて使用されていた「今朝の焦点
それより前及び土曜日にはニッポン放送と同一の「世直し研究所」を使用。
広島県 中国放送(RCC) 7:15 - 7:28 本名正憲のおはようラジオ』内
おはようフォーカス
長年自社番組のタイトルは『おはようラジオ』だが、当初の頃は「けさの焦点」、
改題して2010年3月までは「夜うち朝がけリンリン情報」というタイトル。

脚注[編集]

  1. 1997年9月までは西日本放送共々「準広域放送」としてRNCが岡山・香川県のNRNシングルネット扱いであった
  2. TBCラジオ「2016年春の新番組」のご案内
  3. 毎週月曜は「メガネのラジオ+i」放送のため休止。
  4. 『天野良春の朝からごきげん』→『おはよう松原敬生です』は「情報宝島」をネット受けしていた。

外部リンク[編集]

テンプレート:radio-substub