やらせ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

やらせとは、事実関係に作為・捏造をしておきながらそれを隠匿し、作為等を行っていない事実そのままであると(またはあるかのように)見せる・称することを言う(事前に打ち合せをしておきながら、偶然通りがかった人として振る舞わせるなど)。
新聞テレビなどメディアにおいて行われるやらせを指すことが多く、その場合にはヤラセとも表記される。元は業界用語であったが、「やらせ」が発覚して社会問題となった事で一般用語化する。

語源[編集]

元は業界用語であったが、「やらせ」が発覚して社会問題となった事で一般用語化した。

一方、元NHK職員の池田信夫によると、やらせは新聞が作った言葉で、実際にはテレビ局では使われていないという[1]


手法[編集]

すべてのやらせに共通するのは、打ち合せするなど事実関係に手を加えておきながら、それを読者や視聴者などの受け手から隠蔽する事である。やらせの方法は様々あるが、制作者の意に沿う結果を生じさせるための人(事前の打ち合せを受けた素人や番組スタッフ、および芸能人が使われる)を用意して演技させる手段が多い。このような人や物を用意する事は「仕込み」ともいわれ、ほぼ同義である。

用語の一般化[編集]

日本で「やらせ」が表面化したのは全国朝日放送(現・テレビ朝日)「アフタヌーンショー」(1985年10月8日放送)からである。これは、ディレクターが「何か面白いものをとりたい」と知り合いの暴走族に依頼して人を集め、仲間内でリンチをさせ、後日その模様を「激写! 中学生女番長! セックスリンチ全告白!」という企画で放送したものである。同番組は打ち切りとなり、全国朝日放送は放送免許の更新を拒絶されるのではという未曾有の危機に瀕する事となった(結局、「条件付き」という事で免許剥奪は免れた)。

このことにより「やらせ」があることは広く知られるようになったが、更に「やらせ」という言葉が一般化され定着したきっかけは、NHKスペシャルにて放送された「奥ヒマラヤ禁断の王国・ムスタン」である。同番組は高視聴率をマークし、評判も良かった。しかし朝日新聞が「やらせ疑惑」を報道して大きな社会問題となった。ここでは、ヒマラヤの気候の厳しさを過剰に表現した点、スタッフに高山病にかかった演技をさせた点、少年僧の馬が死んだ事にした点、流砂や落石を人為的におこした点が主に問題とされた。[2]引用エラー: <ref> タグに対応する </ref> タグが不足しています

  • VivaVivaV6」(2006年10月4日収録)にて、「東京Vシュラン2 ランキング予想バトル」のコーナーの罰ゲームで、腰越海岸のごみを清掃する際に、ジャニーズ事務所と関係者がごみをばら撒いていたことが発覚。製作側は一度腰越海岸全体のゴミを集め、それを撮影で映る範囲に蒔いた(新たにゴミを持ち込んだりはしていない)と釈明したが、映像的に面白いものを実体より優先し、視聴者に腰越海岸が実際より汚いと思わせたことは間違いない。
  • 発掘!あるある大事典II」(2007年1月7日放送)にて、納豆を食べてやせる効果を紹介したが、データが架空だった事が発覚。これにより、1月21日の放送を中止し、お詫びを5分間放送した。さらに花王がスポンサーから降板。この結果、番組は即座に打ち切りとなった。[3] さらに、「発掘!あるある大事典II」では他の複数回でも多数のやらせ・捏造が発覚しており、総務省からも調査・回答を求められているが、関西テレビ側は「調査不能」として回答を拒否している。
  • 笑っていいとも!」の素人参加コーナーでは、ほぼ慢性的に番組側が用意したプロの俳優・子役・芸人が出場している。(ただし、この問題に関しては「平日の12時台に生放送ということもあって集まりが悪い」、「インパクトがない」という理由から素人出場者を確保することができず、素人参加コーナーの存続だけでなく、生放送自体が難しくなる可能性も否定できない。そのため「コーナー存続のためには仕方がない」、「ならば素人参加のコーナーをやめればよい」と意見が分かれている。)また、テレフォンショッキングの「100人アンケート」でも、明らかに統計学的にあり得ないほどの高い確率で「1人」が成功しタモリストラップ獲得となっているが、やはりここでも慢性的にやらせが行われている。その手段は、スタッフによるトータライザー掲示板のデジタル数字操作(押したとされる客が名乗り出ない場合はこの手段によって行われている)、客の中に「誰が押しました?」と言われたら名乗り出る役としてエキストラなどを仕込んで置く(アンケートの質問内容に合致した人をあらかじめ入れて置く)など。それに、客が総じて押しボタンが見えないように手で隠している(事前にスタッフによって「ボタンを見えないようにして下さい」との指示があるともいう)ので、客みんなでやらせに加担しているようなものでもある。2005年1月に10人ほど連続で「100人中1人」が成功したことがあったが、これも全てはやらせだったため今では特に公表されていない。

2013年10月20日のほこたてで ラジコン対決の 結果変更したとして 打ち切りになった

テレビ朝日系列[編集]
  • テレビ朝日(以下略)「アフタヌーンショー」にて、ディレクターが知り合いの暴走族に依頼して仲間内でリンチをさせ、後日その模様を放送(1985年8月20日)。その後逮捕された女子中学生の供述からこのリンチがやらせであることが発覚し、ディレクターは暴行教唆により逮捕。「やらせ」が表面化した最初期の事例。
  • 素敵にドキュメント」の女性の性行動をテーマにした特集(1992年7月17日放送)で、一般人を装った無名のタレントに対するナンパ行為の演出を“ドキュメント”として収録。のちに発覚、番組は打ち切りとなった。
  • いきなり!黄金伝説。」の「いきなり汚宅訪問」コーナー(2002年9月4日放送)で日本に生息しないはずのルーセットオオコウモリが汚宅内に出現する場面があった。またテロップにはその後「自然に帰してあげました」と出た。このルーセットオオコウモリは、動物プロダクションから借用したものであった。
  • スーパーモーニング」(2002年11月4日放送)にて、レポーターから「今は警察がいて撮れないので、取り締まりが終わってから派手にやってくれ」といわれた男が暴走行為を行い、レポーターら3人が道路交通法違反(暴走行為幇助)で書類送検される。
テレビ東京系列[編集]
  • テレビ東京(以下略)「TXNニュースアイ」にて、中国人窃盗団の会社事務所への侵入から逃走・逮捕までの一部始終をスクープとして放送(2002年5月27日)。しかし、担当記者が事前に窃盗団の一人から犯行の情報を入手しており、警察へ連絡はしていたものの、実際に被害に遭った会社への連絡はしていなかった事が発覚。
  • TVチャンピオン」(2000年4月1日収録)にて、親子漢字王選手権で解答者の正解率が高く、製作者側の判断でわざと不正解にさせたため、放送中止となった。
  • 教えて!ウルトラ実験隊」にて、花粉症の治療法を紹介するコーナーで患者をでっち上げ、治療実験を実際に行ったかのように放送(2005年1月25日)。2月1日の番組内で謝罪。番組は即座に打ち切りとなった。
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け」にて、東京都内の男性を「うなずき屋」と称し、「相手の話にうなずくだけで料金は2時間で1万円」と伝えた(2005年6月14日)。これに対し男性が「悪徳業者と誤解された」と放送と人権等権利に関する委員会に抗議した。現金受け渡しのシーンはテレビ東京に依頼されたものと判明した。さらに、このシーンが人権侵害であったことも指摘された。

新聞[編集]

  • 1989年4月20日、大阪版を除いた朝日新聞夕刊の連載写真記事「写89」で地球環境の悪化を警鐘しようと、沖縄県のサンゴ礁を水中撮影した「サンゴ汚したK・Yってだれだ」と題した記事が掲載される。これは、海域としては日本初の自然環境保全地域指定のきっかけになったとされる世界一の大きさを誇るアザミサンゴ[4]にアルファベットのKとYが大きく彫りこまれている写真であった。しかし、現地のダイビング組合の調査により写真撮影した記者がわざと傷をつけた事が発覚。その後読者からの抗議が殺到し、記者の解雇処分はもちろん、編集局長の更迭、当時の社長の引責辞任などの波紋を呼んだ。
    朝日新聞は周辺のサンゴがやらせ以前から何者かに傷つけられていたのは事実だが、問題のサンゴは無傷で「傷がなかったサンゴにストロボの柄で刻んだ」という調査結果を発表した。[5]
  • 2005年4月15日産経新聞が「地球環境大賞」の授賞式で、“秋篠宮文仁親王が「お言葉」の中で「フジサンケイグループの主催」に言及”とする記事を掲載。のちに賞の自社主宰をアピールしたいが為の捏造と発覚(皇族が私企業の活動に公式に言及する事は絶対にあり得ない)、記事は削除された。
  • 2005年10月25日に産経新聞・大阪版夕刊に、“月を背景に飛ぶコウノトリ”の写真を掲載したが、これがコンピューター合成処理によるものだった。
    この記事を担当した同社大阪本社・写真報道局の男性記者は10月中旬から下旬にかけて兵庫県豊岡市にコウノトリの取材を行ったが、コウノトリの飛んでいる様子と別の日に撮影したを合成して新聞に掲載したところ、同僚は「できばえが見事」としたために合成であることを言い出せなかった。
    その後社内から「コウノトリと月の両方にピントが合っているのは不自然だ」として調査したところ、記者が合成処理したことを認め、虚偽の報道だったことを発表。同社は10月31日に記者に対する無期限謹慎処分、並びに夕刊の社告で訂正とお詫びの記事を掲載している。
  • 2005年10月22日埼玉新聞(朝刊専売)に掲載された杉戸町の町民運動会の記事が虚偽の記事だったことが判った。これは本来同年10月9日に開催する予定になっていたが、雨天のため中止となり順延もされていなかったが、これを20代(当時)の男性記者が「先日開催された」として掲載し、前年に開かれた運動会の写真や、住民の嘘のコメント記事を掲載。これを見た読者や杉戸町の関係者から指摘され、記者は「実際に開催されたかどうか確認せず、コメント付のほかの資料と混同した」と釈明した。編集局長を更迭、社長兼任編集主幹を解任、11月3日付けの朝刊での訂正記事を掲載。なお記者は退社届けを提出している。
  • 2007年1月31日付の山梨日日新聞(朝刊専売)に掲載された柳沢伯夫厚生労働大臣の発言問題を取り上げた社説西日本新聞神戸新聞に掲載された社説から盗用した記述が数カ所あったことが同年2月6日に判った。さらに、調査の結果、過去にも他の地方紙の社説からの盗用も発覚した。山梨日日新聞社は、この社説を執筆した論説委員長を懲戒解雇すると同時に、社長もこの事件の責任で辞任する事態となった。

行政[編集]

脚注[編集]

  1. 関西テレビがねつ造放送問題で謝罪日刊スポーツ 2007年1月21日
  2. 太平洋資源開発研究所ホームページ内アザミサンゴ発見
  3. 朝日新聞1989年5月20日朝刊3面 朝日新聞社

関連項目[編集]

  • 白い荒野 - ディズニーの動物ドキュメンタリー(?)。レミングをむりやり海に落とし、「レミングが増えすぎると大量自殺する」という都市伝説を発生させたインチキ映画。

テンプレート:columns

関連書籍[編集]

  • - ドキュメンタリー映像作家の著書。ドキュメンタリーを撮る側の主観があるかぎり、ドキュメンタリー映像は決して「客観的なもの」ではありえない。むしろ「撮ること」に確信犯的なものに傑作が多いと書かれている。

外部リンク[編集]

ポチは見た!~マスコミの嘘と裏~※サイトの内容はほぼフィクションです-->

田原監督と私 ドキュメンタリー<やらせ>論 - 1992年の事件をうけて、1993年にドキュメンタリー映画監督原一男が、かつてのTVドキュメンタリー作家である田原総一朗へインタビューを行った。「カメラを向けられた人は、どうしても演技をしてしまう」といった、ドキュメンタリー映像が本来的に「やらせ」的なものを内包してしまうことを語っている。