アイフル

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
この記事の内容には批判・批評的内容が含まれています。この投稿に参加した時点であなた自身に責任が及ぶ可能性もあります。この記事を編集・執筆する方は自らの責任を自覚した上で利用してください。詳しくは基本方針を参照してください。記事の執筆にはYourpediaへログインを推奨します。また削除要請はこちらをご覧ください。
アイフル株式会社
種類 株式会社
業種

アイフル株式会社日本消費者金融サラ金)業界で第3位の大手

貸金業登録番号近畿財務局長(8)第00218号。社団法人京都府貸金業協会会員番号は第476号。消費者金融連絡会加盟社。MasterCard発行会社社団法人日本経済団体連合会(経団連)会員。

クレジットカード信販)のライフ事業者金融(商工ローン)ビジネクストシティズ消費者金融ワイドティーシーエムパスキートライトなどを子会社に持つアイフルグループの中核企業(事業持株会社)でもある。

商号の由来は、英語Affection(愛情や優しさ)・Improvement(努力や進歩)・Faithfulness(忠実や信頼)・Unity(結束)・Liveliness(活気良い)のイニシャルを繋げたもの。

なお、住宅会社のアイフルホームテクノロジーとは何の関係も無い。“アイフル”の英語表記も異なる。ただし、アイフルとアイフルホームのロゴ書体は似ているので、注意を要する。

概要[編集]

独自のスコアリングシステムによる与信ノウハウを有しており、テレビCMで起用したチワワの効果もあり、増収増益を維持していた。

しかし、強引な営業活動や悪質な取り立てなどの違法行為が社会問題になり(クレサラ問題)、2005年4月16日に「アイフル被害対策全国会議(アイフル被害者の会)」が、被害者弁護士司法書士らにより結成された。また、2006年4月14日財務省近畿財務局長がアイフルに、全店舗の業務停止命令を出した。

これを受けて2006年4月から2ヵ月間のCM自粛を発表し、2002年から放送されてきた「チワワのCM」のシリーズが打ち切られた(後述)。

アイフルに関するトリビア[編集]

  • 後述の通り、営業活動の8割は消費者金融業の規制等及び業務の適正化等に関する法律あるいは利息制限法違反である。
  • 強引な営業活動を平気で行う、卑怯で情けない企業である。
  • かつて、「ゆとりのクレジット アイフル」などとCMで表示&アナウンスしていたが、借り入れにゆとりなど皆無であり、この表示は間違っている。
  • 「アイフル被害対策全国会議」は今のCMにも、クレームをつけている。
    • アイフル被害対策全国会議は子会社のライフもクレーム及び損害賠償・CM差し止め訴訟の対象としている。
  • 貸金業者の中では、もっとも取り立てが厳しい。
  • 後述のように、営業活動の8割は違法行為であることを、アイフル自体は深刻に受け止めていない。
  • 同社の株価は2006年1月には一時期1万円台まで上昇していたが、業務停止命令(後述)により大幅に下落し2007年1月には半分以下の4000円台、2008年1月には1000円台、2009年1月には300円台、2009年3月には100円を切る状況にまでなっていたが、2009年6月は300円台に回復している。
  • 消費者金融のCMでは唯一、チワワを起用していた。
  • 2007年4月からタレント・女優のうえむらちかがCMキャラクターである。(BGMはサクソフォーン四重奏)
  • 2006年6月から2007年3月の間行われた、「ストップ!借りすぎ」キャンペーン発足のきっかけを作った企業でもある。
  • 暴力団的な貸し借り、借り入れが多いため、「山口組」と非難されることも少なくない。
  • 会社自体にとって、不都合な情報を抹消しようとするズルイ企業でもある。
  • こち亀両津勘吉もアイフルと類似している。(悪徳商法などのテロ活動を平気で行えるため)
  • 一部からは、「テロリスト」と揶揄されている。
  • 武富士西アイフルといわれるように、暴力的な営業活動が問題視されている。
  • 動詞「アイフる」(1.人懐っこいため人に迷惑をかける、2.人に執拗なまでに懐く)の語源となった企業でもある。
  • 武富士以上に違法行為を行っているにも関わらず、まだその情報を流していない。
  • 2007年12月20日放送の日本テレビ「くちコミジョニー」に、チワワのCMに出演していたパパ役の清水章吾の娘が、この人の親が誰かを当てるコーナーで出演した。その際には、チワワのCMに関して「残念ながら大人の事情で流せません」と説明が入った。

グループ企業[編集]

  • クレジットカード信販・ローン
    • ライフ(アイフル 95.88%、2001年3月買収)
  • 不動産担保ローン、事業者ローン
  • 無担保ローン
    • トライト(アイフル 100%、2004年4月設立)
    • ワイド(アイフル 100%、2004年6月買収)
    • ティーシーエム(アイフル 100%、2005年2月買収)
    • ネットワンクラブ株式会社(アイフル 100%、2005年9月設立)
    • idクレジット株式会社(アイフル 100%、2005年9月設立)
    • パスキー(アイフル 100%、2005年3月買収)
  • 債権回収
    • アストライ債権回収(アイフル 86%・あおぞら銀行 14%、2001年11月設立)
  • ベンチャーキャピタル
    • ニュー・フロンティア・パートナーズ(アイフル 100%、2004年3月買収)

CM[編集]

1980年代は、女性2人がいて、そのうち1人がポケットからハートを出すと言うフィルムCMが放送されていた。1990年代になってからは、松本伊代を起用したり(キャッチは「生活じょーず、アイフル」)、関西だけのローカルコマーシャルで同社の自動契約機お自動さん」とともに知られるようになった(後に全国展開)。その後2000年代初期に辰田さやから出演の「アイフル・ユー」、続いて和田聰宏ら出演のCM、そして外資系広告代理店ビーコン・コミュニケーションズが制作したチワワくぅーちゃんを使ったテレビCMが有名となっていく(その際、和田聰宏らが出演していたCMの時からあったキャッチコピーが継承されている)。CMキャラクターは、女性アイドル安田美沙子と、俳優清水章吾を起用していた。

ちなみに2004年2005年3月まで、クレジット内の企業名は“eye-ful corporation”と表記されていたが、その後は会社の英語名“aiful corporation”が使用された。

一方、消費者金融大手であるアイフルのチワワなどを使ったテレビCMなどについて、2006年1月18日、「アイフル被害対策全国会議」が社団法人日本広告審査機構(JARO)に中止や適正化を求める苦情申し立てを行った。同会議は「CMでは実質年率が28.835%と表示しているが、これが利息制限法違反の無効金利であることを示しておらず、視聴者誤解を与える。また、小さくて可愛らしい愛玩動物であるチワワなどを使って現実と懸け離れたソフトなイメージの宣伝広告を行っている」という理由を示している。

全店の業務停止命令の処分を受け、2006年4月14日から、CMの放送などを自粛。これにより2002年8月15日から続いていたチワワが登場するシリーズのCMは打ち切られた。当初、2ヵ月の自粛と発表されたものの、長期にわたりCMは放送されなかった。2007年1月19日の放送分からCM及び提供クレジットが再開された。

キャッチコピー[編集]

キャッチコピーは「どうする?アイフル」。ジングル作曲川嶋可能

以前は和田聰宏らがCMに出演していた際に使われていたコピーだが、奇抜さからかあまり使われないまま、キャッチコピーだけ残しチワワのCMになった。

CMソング[編集]

  • Heartful Dream - 橋本一子
  • いつも心は - 橋本一子
  • 恋の技を決めてあなたを振り向かせる。 - ハナエリカ
  • 人間なのさ - ガガガSP
  • お地蔵サンバ - Satchomo(小林幸子)※お地蔵さんのCMソングとして制作。

提供番組[編集]

ほぼ全て過去

取り立てなどに関する問題[編集]

消費者金融大手であるアイフルの強引な営業活動や、厳しい取り立てなどが違法だと社会問題視され、2005年4月16日、「アイフル被害対策全国会議」が被害者弁護士司法書士を中心に結成され、同会議が金融庁に意見書を提出。金融庁財務省近畿財務局も6月頃からこの問題を調査していたが、2006年4月14日、およそ1900あるアイフル全店舗(無人店舗も含む)に対して業務停止命令を出した。業務停止の期間は、5月8日からで、特に違法とされた五稜郭支店(北海道函館市)・西日本管理センター3係(滋賀県草津市)・新居浜支店(愛媛県新居浜市)が6月1日までの25日間、諫早支店(長崎県諫早市)・コンタクトセンター福岡カウンセリングセンター九州福岡県福岡市)が5月27日までの20日間、残りの全店舗が5月10日までの3日間。

金融庁はこの命令について、「法令に基づき対処した」とコメントしている。アイフルは記者会見で「早期の信頼回復に努めたい」と、CM新聞雑誌広告や街頭でのポケットティッシュの配布などを2ヶ月間自粛する意向を示した。

一部の店だけに限らず全ての店舗が業務停止命令の対象となったのは、2005年11月25日事業者金融(商工ローン)最大手のSFCG商工ファンド)以来で、消費者金融大手では初である。

行き過ぎた成果主義[編集]

3~4の支店を1つのグループとして、グループにおける半年間の貸付・回収の成績を賞与に反映させており、会社が設定する目標を全てクリアするとハワイへの慰安旅行が社員にプレゼントされていた。逆に目標を達成出来ないと、連帯責任として支店全員の賞与が下げられる(最大で数十万円の開きがあった)ことからも、役職者によるパワハラまがいの怒声も日常茶飯事であった。
また行政処分の対象となったカウンセリングセンター・管理センターは回収額が自身の評価に直結する事からも、法律を無視した無理な回収を行わざるを得なかったと思われる。
社長自身も行政処分時の記者会見にて「行き過ぎた成果主義が原因である」と語っている。

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像はアイフルにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。