ウィキペディア自警団

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ウィキペディア自警団(ウィキペディアじけいだん)とはウィキペディア日本語版を編集する人物の中で設立された電子自警団である。独自のルールを敷き自由な執筆を排除、物事の底辺にいたるまで情報源を要求し、それが叶わない場合や自分達が荒らしだと看做した記述は即削除するといった行動を繰り返す集団である。

特にウィキホリックと呼ぶ一団がこの自警団に所属している。ただし彼ら自身は自らを一執筆者に過ぎないと明言しており、横の派閥というものを否定している。

しかしその実体は彼ら独自のルールによってなりたっているため、自らの派閥=自警団に組み込まれないとみなした一般ユーザーは執筆者としての権限を一方的にはく奪。IPアドレスの違法追跡やウィキペディアからの追放・迫害・つるし上げ・炎上・出典タグ貼り付け・削除・記事隠し・・など、ありとあらゆる手段でもってリンチをおこなう。ただし、これらの行為はすべて法的に違法である。

一部掲示板で“自警”の蔑称を以って呼ばれる。

概要[編集]

ウィキペディアはあらゆるユーザーからの情報によって日々成長している。しかし、その中には悪質な物もしくは情報不確ながらその中に真実性のある内容などが含まれており、ウィキペディア創設者は情報の昇華・及び真実性の密度を高める為に全てのユーザーに対して自由な執筆を保障することで情報の精度を増している。しかしいつ頃からか定かではないが、一部のウィキペディアユーザーの間で「全ての書き込む情報は全て100%の正確さを求める」という理念をもつユーザーが登場。基本ルールを忠実に守ること(原理主義)を信念に、あいまいな情報を一切カット。書き込まれる情報には全て加筆者に対して出典元を明らかにする事を要求、それ以外・不可能な場合は独自研究として削除するという活動を開始する。

ウィキペディア自警団の誕生である。

Yourpedia においては、とくに日本語版における彼らを紹介しているが、類似性の見られるユーザーは海外でも問題になっている。たとえば、 "Wikipedia administrators Abuse"(administrators は admins でもOK) や "I Hate Wikipedia administrators (admins)"、"I hate speed deleters" とググれば相当な検索結果が出てくる。また、少し有名な事例だと、例えば「Acta Pauli」というブログを執筆していた学術著者たちが、わずか14歳の管理者によってネット上でのハラスメントを受けていたことも判明している。ちなみに、英語版におけるウィキペディアの執筆者の最年少記録としてよくネット上に挙がるのが、発見当時で7歳。余談だが、案の定ウィキア(国内外問わず)やピクシブ百科事典でも同様の問題が起こっており(後者は一部を除きだいぶマイルドだが)、ウィキペディアから避難してきたがそこでも飛び火を経験するという場合もあり得る。とくにウィキアの場合は自分の会話履歴を簡単に削除できるため、自身に都合の悪い内容を簡単に隠蔽できることも拍車をかけている。

ウィキペディア自警団の排除過多[編集]

ウィキペディア自警団の活動は、結果としてウィキペディア全てのページにおいて「本に書かれている文章を複製する」以外の情報を記載することを禁止している。

また“ブロックされたユーザーのソックパペットの疑いのある匿名IP”が記載した部分は、出典があろうが実在の事件であろうが容赦なく削除し、しかもそれは荒らしに問われない。

イベントなどで開発者がコメントした内容についてはCD・DVD・ブルーレイディスクなど、映像・音源として公式に市販されたものでないかぎり独自研究として取り扱い、情報源としての明記をしても真実性がないと評価する。これは彼らからしてみれば一般編集者が「自分の知らない作品に対して執筆をする」という暴挙に出た為である。その他、ファンの間では有名な逸話でも情報を知らないユーザーから見たら理解不能である情報は独自研究の部類もしくは作品を知らないユーザーが見たら混乱するという理由により、本来載せていいはずの情報を排除。ニコニコ動画やYouTubeには、過去に放送されたテレビ番組の動画映像やラジオ番組の音源がアップされていることがよくある。しかし、自警団やその一派および下部構成員が直接投稿する場合は出典として認めるのに敵対しているユーザーが投稿した場合は「動画サイトの映像・音源は出典として認められない」といって削除する。また、記事の削除のみならず、投稿自体を無かったことにするなどの悪質な削除方法も多々行われてる。

「だれが褒めた」云々の記述を繰り返さない、些末ヒロインの色、共演の多さについて削除、独自の研究中川素州については当該記事に書く蜂須賀祐一 記録)と、様々なジャンルでの情報を消している。

これによりウィキペディア自警団員が「知っている」以外のページ(主に目立つのはアニメなどのサブカルチャー)は全て検閲が入り、逸話・イベントでのセリフなど本来なら記載していてもおかしくないデータをとにかく削除。

出典のない情報は事実であろうが何であろうが書くことができません」と彼らは述べてる。しかし出典のない情報というのを集めるのが本来の目的である為、しかも事実であるとわかっていながら書き込まないとしている為、ただ本に書いてある文面が書いてある以外の価値がないというページが増えている。

ウィキペディアには時に自警団が知らない事が記事として書き込まれる。相手が専門知識を持たない為議論がなりたたないのだが、大抵は討論者vs自警団による大多数の圧力によって「討論する内容が最初から存在しない」=相手の主張は独自研究であるとして最初から取り扱う気がなく、自警団の主張のみを採用という状態が多い(これは実際に起きた事であるが、討論をしているという最中において「討論の期日当日に相手の投稿ブロックを行い、討論の最終決定に参加できなくなる」という状況を作り出した。しかも相手は今まで一度も討論に参加していない人物がブロックしている)。

自警団は全知全能であるので自警団が知らないことは全て嘘、自警団が知らないことを書き込む方こそが悪いというのが彼らの主張である(例:警察不祥事防衛不祥事)。更には自分達の存在が露見するのを恐れて、ウィキペディア日本語版における該当項目から記述を削除・「要検証」テンプレートを貼付するに至った(詳しくは履歴を参照)。

ウィキペディア自警団による追放と迫害[編集]

いわゆる「魔女狩り」である。本来ならば、このような活動は荒らしとして排除される行為である。しかしウィキペディア自警団員は複数の人物ネットワークまたは1人による自作自演をおこなっているため、ユーザー登録上では圧倒的に味方が多い。また、ウィキメディア財団に寄付してる事もあって管理者に庇護されている。

その為、1人のユーザーが違反をした場合、ウィキペディア内の基本ルールを逆手に取り投稿ブロック処置を下しユーザーが反論(書き込み)が出来ない間に投稿ブロック・コメント依頼などにより相手を罵詈雑言で埋め尽くし、人海戦術でもって相手を追い詰める。その内容は様々だが、改善の余地があるとお情けを貰ったユーザーは熟読期間として取り扱われる。

時には有期ブロックが明けたばっかりのユーザーに目を付け相手が少々軌道を逸脱しただけで対話を呼び掛ける事無く、いきなりブロック依頼する場合もあり相手の編集姿勢改善への努力・対話拒否の有無を熟慮せずに字面だけを見てブロック賛成票を投ずる場合もある。

現在ウィキペディアでは【ウィキペディア電子自警団】によってウィキペディアの有利と見なされたユーザー(ウィキメディア財団に寄付してる)以外は迫害と追放の対象となっている。その多くが個人で執筆を行っている者(ウィキメディア財団に寄付してない)であり、多勢に無勢の状況では投稿ブロックによって執筆を停止させられる。仮に投稿ブロック期間がきれたとしてもその場合は強制的に自警団に対する従属を余儀なくされ、これをよしとしないユーザーは自らが培った投稿履歴を捨ててウィキペディア執筆から引退もしくは新たな名前でもって活動を開始する事を強いられるか他のウィキサイトへの移住を余儀なくされる。又、この場合、ユーザーが今まで執筆した内容は全て自警団の管理下に入ることとなり事実上の自警団による勝手で横暴な編集を黙認してしまう事となる。

以前はWikipedia:自警団という項目でもって自警団の行動を規制しようとした試みとその団体も存在したが項目立ち上げの当人とその同意者を討論前に排除・投稿ブロックと人海戦術を駆使した結果、不必要な項目として排除された。

現在、ウィキペディア自警団に対する処置方法は皆無といってよく、結果としてのウィキペディア衰退とユーザー離反が続いている。

そもそも、ウィキペディアは方針そのものが間違っている。そして、自警団は機械的な思想の持ち主であり、人間の感情を一切持たない。故に人間の感情を以って編集をする通常のユーザーとは所謂「水と油」の関係であるため、絶対に解かり合うことはできない。

投稿ブロックによる最大の問題[編集]

現在のパソコンは1台に対して複数のユーザーが共同で使用する物が主流である(家族内使用など)。よほどITに造詣が深くなければ、家族の個人用パソコンをネットワーク化する事は不可能に近い。

その為、IPブロックを行うと対象となるユーザー以外の無関係のユーザー(対象者が息子の場合、父親と母親)のIPもブロックされ書き込みが停止される。またIP追跡と情報の公表を行うことで多くの人物にIPアドレスが判明され、ネット上でのストーカー行為が発生する。

新たな犯行[編集]

本来、公式ホームページに記載されている内容は出典として認められるはずである。なぜなら公式ホームページに記事が記載されているということはその当該ページの主がそのホームページを管理しているわけであり、その当事者が自らその当該内容を肯定していると解釈されるからである。しかし、最近の自警団は本来なら出典と認められるはずである公式ホームページ内の内容を記載すると「露骨な宣伝記事」という因縁をつけて削除するという新たな手口で犯行を繰り返しているのである。本来、出典というのは証拠のことを指す。公式ホームページに記載されているのであれば、それは当該内容に対して当事者が「の場で正に認めている」わけであるので記事は証拠となり、出典として成立するはずである。その証拠たる当該記事は公式ホームページに記載があるものが最も信頼できるものであるにも関わらず、「露骨な宣伝記事」としてあくまでも排除しようとする。しかし、「露骨な宣伝記事」というのなら、ウィキペディア内に存在するすべての記事は「露骨な宣伝記事」や「独自研究」に該当することになる。よって、これらの行動は因縁以外のなにものでもないのである。

自警団の団員(問題ユーザー)[編集]

最も問題があるとよく知られているユーザーは、以下のとおり。

一般の問題ユーザー
管理者・元管理者

関連項目[編集]

以下のリンクも参照してください。