キャラクター

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

この記事から呼び出されている「テンプレート:Otheruses」は、正しく表示されないため無効化されました。

キャラクターは、小説漫画映画アニメコンピューターゲームなどのフィクションに登場する人物や動物など、あるいはそれら登場人物の性格や性質のこと。

人間動物のような生物や、生物を模したロボットに限らず、さまざまな道具、時には生物の器官元素、さらには感情自然国家など、ありとあらゆる概念は擬人化とデフォルメを介することでキャラクター化されうる。略してキャラとも言われる。

フィクションを語る文脈で用いられる「キャラクター」という語の意味合いが、現実の人間に対して用いられることもある。一例として、似た性質を持つ人物が社会集団に複数いる状態をキャラがかぶると表現することがある。

登場人物としてのキャラクター[編集]

通常は物語を構成するために位置づけされる登場人物のことを指し、物語に関与しない群集や通行人などがキャラクターと呼ばれることは少ない。キャラクターには必要に応じて外見的特徴や内面的特徴(具体的には体格、服装、職業、経歴、特技、欠点、口癖など)が設定される。

広く大衆性を獲得した場合、そのキャラクターは帰属する集団の一般的イメージを再定義する。シャーロック・ホームズなどのいわゆる名探偵から連想される探偵像は、現実の探偵とは乖離したキャラクター像となる。また、実在した人物を題材にして優れた作品が作られた場合も、実際とはかけ離れた人物像が広く認識される。宮本武蔵の一般的イメージは、吉川英治の著作による影響を色濃く受けている。

また、企業などの放送コマーシャルやポスター媒体の広告モデルとして起用されるタレント・俳優・モデルらのことを「(商品名・または企業名)イメージキャラクター」として紹介される事例も多い。

種としてのキャラクター[編集]

単一の登場人物(生物)ではなく、作品に登場する架空の生物種そのものがキャラクターとして扱われる場合がある。これらは登場人物としてのキャラクターとは異なる性質を持つ。

キャラクターとなる架空の生物には複数の個体が存在するため、外見的あるいは内面的な性質には様々な個性を持つものが許容される。よって、唯一無二の存在と比較するとキャラクターイメージの形成が難しい反面、各人の持つイメージも壊しにくく、スピンオフ作品やキャラクターグッズにおける多様な展開が容易である。

キャラクター商法[編集]

優れたキャラクターは高い商業的価値を持つ。ぬいぐるみなどの玩具や、キャラクターの印刷された文房具などによって、キャラクターの出自である作品以上の売上がもたらされることも稀ではない。商業的に極端な成功を収めたキャラクターは、背景の物語を失って視覚的側面のみが一人歩きすることもある。

また、肉体的な実体を持たないキャラクターの場合、人気が衰えない限り寿命がなく、スキャンダルもなく、家族、友人などと称して新しいキャラクターを作りだす事も可能であり、企業のイメージアップや販促に有効な手段であるので、キャラクターの作成に力を入れている企業、団体も多い。

そのほか、公共交通機関を運営する会社に於いても、会社の所有する乗り物でキャラクターを作ったり、擬人化された動物等に会社の制服を着せる等して、それを、関係施設や切符などにプリントしたりして、イメージアップを進めていたりする。福岡市交通局(福岡市地下鉄)の場合、『ちかまるくん』、京阪電鉄の場合は、『おけいはん』と呼ばれるイメージキャラクターが存在する。

ミッキーマウスは商業的に最も成功したキャラクターのひとつであり、多くのキャラクター商品が販売されている。ゲームの隠しキャラクターだったうみにんのように出自の作品の知名度は大して無かったものの、商品化によって人気を獲得する例もある。また、ハローキティバービーのように商品であることを目的としたキャラクターも多く考案されていて、それらの中には元々背景となる物語が存在しない物もある。

対象[編集]

日本では従来、キャラクター商法の対象は子供たちであったが、東京ディズニーランドのオープン以降は大人たちへと拡大的に広げられていった。これには、漫画・アニメで育った世代が大人になり、キャラクターに抵抗をもたない世代が増えたことも大きく影響している。

例えば銀行で既存キャラクターを統一的に使用し、預金者に対しグッズをプレゼントしたりキャッシュカード通帳に描く事でそのキャラクターのファンに顧客になってもらおうとする方法は広く取られている。又、近年の萌えブームに便乗しておたく層をターゲットとした萌え絵を利用する商法も増えつつある。

批判[編集]

なお、キャラクター商法に対する批判も存在し、以下に代表的な物を記す。

  • 子供をターゲットとした商売は搾取的である
  • キャラクターが描かれていない同等の商品と比べて高い
  • 見た目第一で中身が薄かったり出来が悪い場合がある
  • 人気に左右されやすい。飽きが来る(ブームが終わると不良在庫を抱え、消費者に買われた物がまだ使えても処分される)
  • キャラクターが付いていると言う理由だけで購買意欲に繋がるが、これでは「○○が必要だから買う」という本来の図式から見て本末転倒である

勿論これらは全てに当てはまる訳ではない。

市場規模・実態[編集]

キャラクター・データバンクの調べによると、2005年の日本のキャラクターの小売市場は推定で1兆6100億円で、1999年の2兆700億円をピークに減少傾向にある。

バンダイキャラクター研究所が2000年に行った調査によると、小学生から60歳代までの日本人のうち、何らかのキャラクター商品を所有している人の割合は83.9%に達する。

また、全国の消費者を対象に行われた「商品キャラクターの有無アンケート」では下記のような結果が出ている。

  • かわいい(かっこいい)キャラクターが書いてある商品を選ぶ 約51%(208人)
  • シンプルなパッケージを選ぶ 約25%(103人)
  • 気分次第 約24%(98人)

 (サンプル数409人 2007年度調査分)

マスコット・キャラクターなど[編集]

団体、商品、催事などの認知度を高める手段としてもキャラクターはよく用いられる。

関連項目[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像はキャラクターにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。