ケフカ・パラッツォ

提供: Yourpedia
ケフカから転送)
移動: 案内検索

注意以降に核心部分が記述されています。


ケフカ・パラッツォ(Cefca Palazzo)とはFF6のラスボスであり基地外である。別名、FF谷口一刀

概要[編集]

大魔導士 年齢:35歳 身長:167cm 体重:48kg 誕生日:11月19日 血液型:AB型
好きなもの:鏡 嫌いなもの:レオ将軍 趣味:人形遊び
帝国の魔導士。ガストラ直属の部下であり、将軍とほぼ同等の地位にある。シドの魔導研究における人工魔導士の最初期の「作品」であり、魔導の能力は非常に優れているが、副作用として精神を病んでしまった。精神が病んでいるためか口調は状況によって丁寧語であったり、乱暴なものであったり、幼児語であったりし、一人称も「私」、「俺」、「俺様」、「僕」、「ぼくちん」などと統一されていない。
「カス」が口癖で独占欲と支配欲が異常に強く、目的のためなら卑劣な手段をも厭わない。部下を道具としか見ていないため、レオ将軍とは違い部下からの信頼はゼロに等しく、和解の際は大半の兵士から非難を浴びている。魔大陸浮上後、ガストラ皇帝を殺し、三闘神を目覚めさせて世界を崩壊させる。その後世界中から集めた瓦礫で塔を建設し、その最上階に君臨する。本作のラストボス。SFCソフトとしては珍しく、笑う時だけだが声(音)が出る。また、シリアス路線の本シリーズのライバルキャラの中では、極めて異質なコメディセンスを持つ。
ただし、これらの原因はすべてシド・デル・ノルテ・マルケズにある。
北米版では名前の綴りが「Kefka」に変更されている。:影が薄くなりがちなFFシリーズの敵役の中では非常に強烈な存在感を放つキャラクターであり、単体でのフィギュア化もされている。
ちなみに新桃太郎伝説の敵役であるカルラは、その性格がケフカに似ていると言うファンも多い事で知られている。
ネタとしても人気である。詳しくはここを参照のこと。

関連項目[編集]