タイガー魔法瓶

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

本項目「タイガー魔法瓶」は、先編集権が主張されています「同意を得ないリバート」「記事の置き換え・白紙化」等の不正改竄は荒らしとみなされブロックされますので、ご注意ください。また、このテンプレートを剥す行為も荒らしとみなされますのでご注意下さい。どうしても自分の意に沿う編集をされたい場合は「タイガー魔法瓶 (2)」という様な感じでフォークを立てて下さい。

タイガー魔法瓶株式会社
種類 株式会社
業種

タイガー魔法瓶株式会社(タイガーまほうびん、英称:Tiger Corporation.)は、大阪府門真市速見町に本社を置く主に魔法瓶炊飯器家庭用電化製品の製造販売をおこなう会社である。

2005年から、新しいマスコットキャラクターとして、子供の「ティグ」(男の子)と「ティーラ」(女の子)を採用した(詳細)。

歴史[編集]

タイガー魔法瓶の創業者・菊池武範(1895~1975)は愛媛県三島村(その後三瓶町を経て現在は西予市)皆江の実業家に生まれたが、12歳の時に父・武揚の事業が破綻し、加えて父が脳溢血で倒れて闘病の身となったため、皆江小学校高等科を中退後、大阪のメリヤス工場に奉公に出たのち、仕事を転々として1918年内職として魔法瓶の製造販売業を始めた。

なお、印(タイガー)の由来は、父が年生まれであったことと、創業当時壊れやすいと思われていた魔法瓶のイメージを払拭するために付けられたものである。関東大震災の際にも、問屋にあった幾つかの魔法瓶の中で、虎印魔法瓶だけが1本も割れなかったとのことである。

沿革[編集]

  • 1923年:創業者・菊池武範が大阪市西区で「菊池製作所」を設立し、「虎印魔法瓶」の製造・販売を開始
  • 1936年:菊池製作所を合名会社に改組
  • 1943年:合名会社菊池製作所の事業を、業界の戦時統制により設立された「日本魔法瓶統制株式会社」に譲渡(1945年3月の大阪空襲で焼失、事業停止)。
  • 1946年:菊池製作所、大阪市東成区大今里で事業を再開。
  • 1949年:菊池製作所を、日新工業株式会社に改組。
  • 1953年:日新工業株式会社を、タイガー魔法瓶工業株式会社(英訳:Tiger Vacuum-Bottle Industry Co.,Ltd.)に商号変更
  • 1955年:大阪市城東区蒲生町に本社・工場を新築
  • 1963年:大阪府門真市速見町に本社・工場を移転
  • 1970年:販売部門を分離。九州以外はタイガー販売株式会社、九州はタイガー物産株式会社
  • 1983年:タイガー魔法瓶株式会社(英訳:Tiger Vacuum Bottle Co.,Ltd.)に商号変更、同時にCIも導入
  • 1991年:タイガー販売株式会社、タイガー物産株式会社を吸収合併
  • 1999年:タイガー販売株式会社を吸収合併
  • 2006年:業界で初めて、内鍋に土鍋を使用したIH炊飯ジャー「タイガー炊きたて 土鍋釜」発売

取り扱い製品[編集]

ほか多数

VE」(Vacuum Electricから)の商標権はライバルの象印マホービンと共有(登録商標日本第4713275号)している。

歴代CM出演者[編集]

スポンサー番組[編集]

テレビ[編集]

現在[編集]

過去[編集]

ラジオ[編集]

その他[編集]

  • Jユースカップ(2005年度 「Jユース・サハラカップ」として開催=サハラは携帯魔法瓶ブランド名)

労使関係を巡る裁判[編集]

派遣社員として約5年間勤務していた女性が、大阪労働局へ労使関係のことで相談、同局側が1年以上派遣社員として勤務を続けた場合正社員として正規雇用の義務がある旨タイガー魔法瓶側に是正指導したところ、女性は指導が行なわれた1週間後に契約解除を言い渡された。2007年2月2日、同社を相手取り正規雇用の義務の不履行・「偽装請負」を理由として大阪地裁に提訴[1] [2]した。原告の主張によれば職員証もロッカーの鍵も手元にあり、直属の社員と派遣会社が入場を拒否している状態だという[3]

著名な出身人物[編集]

  • 山野直子 - ガールズバンド「少年ナイフ」ギター・ボーカル
  • 中谷美智枝 - ガールズバンド「少年ナイフ」ベース・ボーカル

参考資料・脚注[編集]

  • タイガー魔法瓶70年のあゆみ(1993年発行、非売品、所蔵している公共図書館あり)
  • 「こども伝記まんが『アイディアに生きる』―6人の社長の創業物語」(久保田千太郎・今道英治著、小学館、1990年発行。小学校中・高学年向け)
※学年誌に連載された作品をまとめたもの。菊池武範以外には安藤百福日清食品)、江崎利一江崎グリコ)、早川徳次シャープ)、松下幸之助パナソニック)、佐藤安太タカラトミー)、御木本幸吉ミキモト)、小林一三阪急電鉄)、本田宗一郎ホンダ)、田宮義雄タミヤ)、伊藤雅俊イトーヨーカドー)、水野利八ミズノ)が掲載。
  1. 「偽装請負」訴え契約解除、元派遣社員がタイガー魔法瓶提訴 日本経済新聞社
  2. 「偽装請負で精神的苦痛」 タイガー魔法瓶を女性が提訴 asahi.com
  3. ハケンのたたかい タイガー魔法瓶を相手に裁判 この仕事が好きやからポイ捨ては許せない!しんぶん赤旗

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像はタイガー魔法瓶にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。