ダイハツ工業

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ダイハツ工業株式会社
種類 株式会社
業種

ダイハツ工業株式会社ダイハツこうぎょう, Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーの一つである。本社は大阪府池田市。ブランド名・社名の由来は、証券取引市場において、東京と大阪にそれぞれ存在した「発動機製造」を「トーハツ(東京)」「ダイハツ(大阪)」と略称したことから。現在のコーポレーションスローガンは「Innovation For Tomorrow」(創業100周年を迎えた2007年3月1日より使用)。

概要[編集]

歴史[編集]

大阪高等工業学校の研究者を中心に創立された。 軽自動車を主に生産している会社で、日本で最も歴史の長い量産車メーカーである。特に軽自動車では、トップメーカーであるスズキとの激しいシェア争いを展開している。2006年はスズキが軽自動車減産(普通車増産)の戦略をとり、2007年からその方向性を明確にした事で、1973年から2006年まで34年連続トップのスズキを抜いて初めて首位に立った。

1960年代までは、オート三輪(CO型、CM型、ミゼット)でマツダとともに市場を二分していた。

オート三輪の時代はエンブレムに「大阪城」のイラストを模したものを使用していた。現在の「D」を模したマークは1960年代後半に登場し現在まで使用され続けている。

過去には、国鉄気動車向けにV型8気筒90psディーゼルエンジンを動力源にした冷房電源発電用「4VK形」ディーゼル発電機を供給していたり、シャレードで当時世界最小排気量の乗用ディーゼルエンジンを開発したりするなど、ディーゼルエンジン技術にも長けている(鉄道車輌用ディーゼルエンジンや中~大型船舶用ディーゼルエンジンは系列の「ダイハツディーゼル」で製造)。

ダイハツ車専門のカスタマイズブランドとしてD-SPORTが存在する(SPKという会社の1部門で、ダイハツ工業と直接関係は無い)。 地元であるJR新大阪駅の在来線コンコースには常設のダイハツ車の展示スペースがあり、新型モデルが時折入れ替わりをしながら一台展示されている。(ちなみに、マツダも地元広島県のJR広島駅のコンコースに常設の展示スペースがある)

現在はトヨタ自動車連結子会社であり、会長に前トヨタ自動車副社長の白水宏典が就任するなど、トヨタ色が強くなっている。ちなみにトヨタ自動車とは1967年から業務提携を行っている。

社団法人全国軽自動車協会連合会の発表した2006年度(2006年4月から2007年3月までの一年間)軽四輪車新車販売台数速報[1]によれば、総台数で616,206台を記録し、スズキの605,486台を上回り、軽自動車の販売台数で首位に踊り出た。前述のように、今後、スズキが軽自動車事業の縮小・登録車(小型車)への転換を計画していることや、当社がトヨタの子会社であり、基本的に登録車の生産・販売はトヨタが担当することから、自社で生産・販売する商品としては軽自動車に特化した経営をせざるを得ないため、今後も軽自動車トップメーカーとして君臨するものと考えられる。

親会社のトヨタ自動車と同様テレビCMには芸能人が多く出演する傾向がある。

海外事業[編集]

1989年には当時小型車市場が拡張の傾向にあったアメリカ市場への参入を試みたが、知名度が低く、ディーラー網の整備にてこずった事などから売れ行きが伸びなかった為、数年で撤退した。また、2006年3月にはやはり不振を極めていたオーストラリア市場からの撤退を、2007年11月にはベトナムの現地合弁会社ベトインド・ダイハツ(ビンダコ)の清算および同国市場からの撤退を発表している。

マレーシアでは1993年に現地資本との合弁で同国第二の国産車メーカープロドゥアを設立。2006年には第一の国産車メーカープロトンを抜いてマレーシア市場最大手に踊り出た。

また、中華人民共和国ではこれまでシャレードなどダイハツの車種が現地生産されていたものの、ダイハツブランドでの販売は行われていなかったが、2007年からセニアを皮切りに同国市場でもダイハツブランドの展開を開始した。

沿革[編集]

  • 1907年、大阪市で「發動機製造株式會社」を創立。
  • 1930年三輪自動車を発売する。
  • 1951年、現社名の「ダイハツ工業株式会社」へ改称した。
  • 1967年トヨタ自動車と業務提携。
  • 1998年、トヨタ自動車がダイハツ工業株の過半数を取得し同社の連結子会社となる。
  • 2007年、それまで30年以上軽自動車販売台数首位に居座っていたスズキを抜き、軽自動車トップに躍り出る。
  • 2007年、3月1日に創業100周年を迎えたのを機にコーポレーションスローガンを「Innovation For Tomorrow」に変更。

生産拠点[編集]

  • 車両組立工場
    • 本社(池田)工場第2地区(大阪府池田市
      • ミラ、ムーヴ、コペン、ブーン・トヨタパッソ、クー・トヨタbB、デルタ
    • 滋賀(竜王)工場第2地区(滋賀県蒲生郡竜王町
      • ムーヴ、ムーヴラテ、タント、ミラジーノ、ソニカ
    • 京都工場(京都府乙訓郡大山崎町
      • テリオスキッド、エッセ、トヨタサクシード、トヨタプロボックス、トヨタシエンタ、トヨタポルテ
    • ダイハツ九州大分(中津)工場(大分県中津市
      • 第一工場
        • ビーゴ・トヨタラッシュ、ミラ、アトレー、ハイゼットカーゴ、ハイゼットトラック
      • 第二工場
        • ミラ
    • トヨタ自動車堤工場(愛知県豊田市
      • アルティス

車種一覧[編集]

現行生産車種[編集]

車種 初登場年 現行型 備考
発表 マイナーチェンジ
セダン
ALTIS アルティス 2000年 2006年2月1日 トヨタ・カムリOEMフラッグシップモデル
SUV/クロスオーバーSUV
BE-GO ビーゴ 2006年 2006年1月17日 テリオス後継、トヨタではラッシュとして販売
ハッチバック/2BOX
COO クー 2006年 2006年5月8日 YRV後継、トヨタではbB(2代目)として販売
BOON ブーン 2004年 2004年6月7日 2006年12月25日 ストーリア後継、トヨタではパッソとして販売
BOON CUSTOM ブーンカスタム 2004年 2004年12月13日 2006年12月25日 エアロパーツ装着
BOON X4 ブーンX4 2006年 2006年3月10日 ストーリアX4後継、936ccターボ
軽自動車
ATRAI WAGON アトレーワゴン 1999年 2005年5月9日 2007年9月3日
ESSE エッセ 2005年 2005年12月19日 同社の軽乗用車としてのエントリーモデル
ESSE CUSTOM エッセカスタム 2006年 2006年12月25日 エアロパーツ装着
COPEN コペン 2002年 2002年6月19日 2007年9月10日
SONICA ソニカ 2006年 2006年6月19日 MAX後継
TANTO タント 2003年 2007年12月19日(2代目)
TANTO CUSTOM タントカスタム 2005年 2007年12月19日(2代目) エアロパーツ装着
TERIOS KID テリオスキッド 1998年 1998年10月6日 2006年8月23日
MIRA ミラ 1980年 2006年12月16日(7代目) 乗用モデルは1989年発売
MIRA CUSTOM ミラカスタム 2006年 2006年12月16日 エアロパーツ装着、ミラアヴィ後継
MIRA GINO ミラジーノ 1999年 2004年11月29日(2代目)
MOVE ムーヴ 1995年 2006年10月5日(4代目)
MOVE CUSTOM ムーヴカスタム 1997年 2006年10月5日(4代目) エアロパーツ装着
MOVE LATTE ムーヴラテ 2004年 2004年8月23日 2007年6月4日
MOVE LATTE COOL ムーヴラテクール 2005年 2005年6月3日 2007年6月4日 エアロパーツ装着
MOVE CONTE ムーヴコンテ 2008年 2008年8月25日 -
MOVE CONTE CUSTOM ムーヴコンテカスタム 2008年 2008年8月25日 - エアロパーツ装着
商用車
HIJET ハイゼットカーゴ 1960年 2004年12月20日 2007年12月10日
HIJET ハイゼットトラック 1960年 1999年1月6日 2007年12月10日
MIRA ミラバン 1980年 2007年12月10日(7代目)

メーカーより今後発売が公表されている車種[編集]

海外専売車種[編集]

トヨタからの委託生産車種[編集]

トヨタへの委託生産車種[編集]

過去の生産車種[編集]

過去のトヨタからの委託生産車種[編集]

プロドゥア生産種類(ダイハツで生産されている車とほぼ姉妹車)[編集]

  • ルサ(ダイハツ・ゼブラのバッジ違いの姉妹車)
  • クンバラ(テリオスと姉妹車)
  • クナリ(2代目ムーヴと姉妹車)
  • クリサ(5代目ミラと姉妹車)
  • マイヴィ(ブーンと姉妹車)
  • ビバ(6代目ミラ、ミラアヴィと姉妹車、プロドゥア・クリサの後継車。)

コーポレーションスローガン[編集]

  • 「ワールドミニで未来を創る」
  • 「We Do Compact」(2004年頃までCM中に表示されてた)
  • 「テーマは、品質。」
  • それ、ダイハツがやります
  • 「ひとりひとりを楽しくする品質。Goodが、ギュッと。」(~2002年)
  • 「ワンダフルスモール」(2003年~2007年)
  • 「Innovation for Tomorrow」。(2007年3月1日~)

関連項目[編集]

企業など[編集]

モータースポーツ[編集]

テレビ・ラジオの提供番組[編集]

※最近では親会社のトヨタ自動車と共に共同でスポンサーになることが多い。

テレビ[編集]

現在[編集]

※トヨタ自動車提供のテレビドラマにも稀にダイハツの軽自動車が登場する事もたびたび見受けられる。(「鉄板少女アカネ!!」や「ランチの女王」、「花より男子2」、「歌姫」、「エジソンの母」など)
関東ローカルの番組も含めて、主要5系列の中で中部日本放送・毎日放送・TBS系列、テレビ愛知・テレビ大阪・テレビ東京系列が現在ではレギュラーのスポンサーを持っていないのは極めて意外である。

過去[編集]

ラジオ[編集]

すべて過去に提供した番組

その他[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
LAWSON
COUNTDOWN JAPAN
スポンサー
第3代
次代:
Vodafone

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像はダイハツ工業にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。