テンプレート:Harv

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
Test Template Info-Icon.svg このテンプレートの解説はテンプレート:Harv/docから呼び出されています[編集] [履歴]

Harvは、著者姓-発行年方式で略記された出典注の記載を支援するためのテンプレートです。括弧付きで出典注を記し、著者姓-発行年から同一記事内にあるidが一致する最初のCite系テンプレートへの内部リンクを生成します。「Harv」はHarvard citation(ハーバード方式による出典注)を意味します。

使い方[編集]

例えば、「佐藤某」さんの「2018年」の著書の「19-20頁」が出典の場合、出典注を付したい箇所に

これこれこうである{{Harv|佐藤|2018|pp=19-20}}。

のように記します。出力は、

これこれこうである(佐藤 2018    19-20)。

となります。この入力は、内部で、

これこれこうである([[#CITEREF佐藤2018|佐藤 2018 ]]19-20)。

と解釈されます。ここで、同じ記事の中にある「CITEREF佐藤2018」というidを持つアンカーへの内部リンクが生成されます。

内部リンクを完成させるには、同じ記事の中に、同じidを持つアンカーを作成します。アンカーの作成には、{{Cite book}}などのCite系テンプレートや{{Aya}}を用いることができます。この説明文の最後には、{{Aya}}を用いて、

*{{Aya|佐藤|year=2018}} 佐藤某『書題××』出版社、2018年

と記し、アンカーが作成してあるため、上でHarvテンプレートを使いて作成した内部リンクをクリックすると、このアンカーへジャンプします。Cite系のテンプレートを用いる場合には、著者姓(last)に「佐藤」、発行年(year)に「2018」と指定すると、同じように「CITEREF佐藤2018」というアンカーを生成することができます。

開発の意図[編集]

条件文を使わないという制約下で、WikipediaのHarvテンプレートと互換性をもつように作成しました。

条件文を使用しない(場合分けが難しい)という前提があるため、

  1. 句読点、カンマ、ピリオド、&、括弧は表示しません。ただし、句点ないしピリオドは、引数「ps」(追記事項)に記すことによって表示できます。
  2. 著者姓が4人まで指定できる点はWikipediaのテンプレートと同様ですが、4人のときに出力表示が省略されることはありません。
  3. 頁などの参照範囲を指定する引数「p=」「pp=」「loc=」の指定内容はいずれも出力表示されますが、数字の前の「p.」「pp.」は表示しません。「(佐藤 2018 pp.19-20)」「(佐藤 2018 19-20頁)」のように表示したい場合は、入力するときに「pp=pp.19-20」「pp=19-20頁」のように指定してください。

引数一覧[編集]

引数 意味 既定値 入力の要否
(1) 著者姓1 NULL 必要
(2) 発行年または著者姓2 NULL 必要
(3) NULLまたは発行年または著者姓3 NULL 可略
(4) NULLまたは発行年または著者姓4 NULL 可略
(5) NULLまたは発行年 NULL 可略
p 単一頁番号 NULL 可略
pp 複数頁番号 NULL 可略
loc(locationの略) 参照範囲(章、節など) NULL 可略
ps(postscriptの略) 追記事項 NULL 可略

入出力例[編集]

事例 入力 理想の出力(内部リンクは省略) 現状の出力(同)
著者1人、複数頁指定 {{Harv|佐藤|2018|pp=19-20}} (佐藤 2018, pp.19-20) (佐藤 2018 19-20)
同2人、同 {{Harv|佐藤|鈴木|2018|pp=19-20}} (佐藤 & 鈴木 2018, pp.19-20) (佐藤 鈴木 2018 19-20)
同3人、同 {{Harv|佐藤|鈴木|高橋|2018|pp=19-20}} (佐藤, 鈴木 & 高橋 2018, pp.19-20) (佐藤 鈴木 高橋 2018 19-20)
同4人、同 {{Harv|佐藤|鈴木|高橋|田中|2018|pp=19-20}} (佐藤 et al. 2018, pp.19-20) (佐藤 鈴木 高橋 田中 2018 19-20)
同5人、同(エラー) {{Harv|佐藤|鈴木|高橋|田中|伊藤|2018|pp=19-20}} (エラー表示) (佐藤 鈴木 高橋 田中 伊藤 19-20)
同0人、同(エラー) {{Harv|2018|pp=19-20}} (エラー表示) ([[#CITEREF2018{{{2}}}|2018 {{{2}}} ]] 19-20)
発行年指定なし(エラー) {{Harv|佐藤|pp=19-20}} (エラー表示) ([[#CITEREF佐藤{{{2}}}|佐藤 {{{2}}} ]] 19-20)
著者1人、単一頁指定 {{Harv|佐藤|2018|p=19}} (佐藤 2018, p.19) (佐藤 2018 19)
同、参照範囲指定 {{Harv|佐藤|2018|loc=第1章}} (佐藤 2018, 第1章) (佐藤 2018 第1章)
頁範囲指定なし {{Harv|佐藤|2018}} (佐藤 2018) (佐藤 2018 )
同、複数頁指定、句点あり {{Harv|佐藤|2018|pp=19-20|ps=.}} (佐藤 2018, pp.19-20) (佐藤 2018 19-20.)

他のHarv系テンプレートとの関係[編集]

Sfn[編集]

{{Sfn}}は、脚注に著者姓・発行年方式により典拠を略記する場合に用います。

  • 入力例:これこれこうである{{Sfn|佐藤|2018|pp=19-20}}。
  • 出力例:これこれこうである[1]

Harvnb[編集]

{{Harvnb}}は、Harvの括弧なし版、SfnのRefタグが付かない版です。括弧内に複数の出典を記したい場合などに用います。

  • 入力例:これこれこうである({{Harvnb|佐藤|2018|pp=19-20}}、{{Harvnb|鈴木|2017|pp=38-46}})。
  • 出力例:これこれこうである(佐藤 2018 19-20、鈴木 2017 38-46)。

Harvtxt[編集]

{{Harvtxt}}は、本文中で著者姓・発行年方式により典拠を略記する場合に用います。現状、複数の著者姓を指定しても1人しか表示しないという技術的な問題があります。

  • 入力例:{{Harvtxt|佐藤|2018|pp=19-20}}によると、これこれこうである。
  • 出力例:佐藤 (2018 19-20)によると、これこれこうである。

Refの入れ子の回避[編集]

脚注の中に本文を補足する文章を記し、その文章に出典注を付したいことはよくあると思いますが、脚注の中でSfnテンプレートを使おうとすると、SfnテンプレートはRefタグを生成するため、Refの入れ子(ネスト、nest)をして、脚注節の側で更にグルーピングを要することになり、記事の構造が複雑になってしまいます。

Refの入れ子の問題を回避するために、脚注の文章に出典注を付す場合には、Refタグを生成しないHarvテンプレート、HarvnbテンプレートおよびHarvtxtテンプレートを使いましょう。

  • 入力例:<ref>本文を補足すると、これこれこうである{{Harv|佐藤|2018|pp=19-20}}。</ref>
  • 出力例:[2]

脚注(例)[編集]

  1. 佐藤 2018 19-20
  2. 本文を補足すると、これこれこうである(佐藤 2018 19-20)。

参考文献(例)[編集]

  • 佐藤 (2018) 佐藤某『書題××』出版社、2018年