ドラゴンクエストシリーズ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ドラゴンクエスト(Dragon Quest)とは、スクウェア・エニックスの、壮大なゲームシリーズ。

概要[編集]

スクウェア・エニックスはファイナルファンタジーなどのビッグタイトルで知られる屈指のゲームソフトメーカー。

主な有名な開発者は堀井雄二である。

経緯[編集]

家庭用ゲーム機では初ともいえる本格的ロールプレイングゲームである。ファミリーコンピューター用ソフトの今作は、容量等の問題によるファミリーコンピューター用RPGソフトの作成への懐疑的なイメージを覆した、革命的な作品であった。

前作のヒットを受けての次作がこのソフトである。前作は主人公1人だけで冒険をするというシステムであったのに比べ、今作はパーティーシステムを採用。最大で3人のキャラクターがまとまって行動するようになった。これも家庭用ゲーム機のRPGにおいて初めてのことであり、かなり革命的である。他にもラスボスがベホマを使用するなど、悪い意味で革命的でもある、があまりにも革命的すぎたのかそのまま闇に葬られた。また船も登場し、世界が格段と広がった。

社会現象を巻き起こすまでの人気を博し、発売日前日には販売店の前に徹夜の行列ができ(ビックカメラ池袋東口店では一万人規模)、学校を無断欠席する児童や生徒、ドラクエ狩りとよばれる買えなかった少年による恐喝や窃盗など、社会問題にまで発展した。対策として、エニックスはIV以降の作品は土日祝日に発売することとなる。システムとしては、転職システムを採用。主人公以外のキャラクターを別の職業へ変更することが可能になった。当時RPGではあまりメジャーでなかったシステムであるため、やはり革命的であるといえよう。また、フリーパーティシステムを採用。仲間キャラクターの名前・職業・性別を自由に選び、パーティを自由に編成することができ、ユーザーは一種のキャラクターメイキングを楽しむことができるようになった。2015年1月13日の当たる図書館で堀井雄二がエンディングの話した。アリーナがナレーションした。FCの映像使用された。2016年にこの作品がショーになった。ゲーム駅伝でタイムアタック開催された

シナリオが全5章のオムニバス形式の今作は、各章ごとにストーリーとして独立し、操作するキャラクターも変わるというまるで映画を見ているかのような臨場感溢れる革命的な作品である。また、AI戦闘システムを採用。主人公を除く味方キャラクターたちは、指定された作戦に従って自動で動くこととなる。このAIはとても優秀で、仲間キャラクターはモンスターの弱点を的確につき、最大限に有効的な方法で戦う。特にクリフトに至っては、瀕死の仲間を目の前にしてボスモンスターにザラキを連発するなど、我々が考えもつかないような合理的な行動で我々を力強くサポートしてくれる。 余談であるが某パソコン勉強ゲームにデスピサロのそっくりさんが出ている。

親子3代に渡る壮大なストーリーで人気の今作。主人公の父親、パパスが死ぬ間際に発したセリフ、「ぬわーーっ!!」はあまりにも有名である。これまでのドラゴンクエストでの常識であった「主人公=勇者」の設定を覆し、敵であるはずのモンスターも仲間にしてしまったりと、やはり革命的な作品で、一度ラストボスを倒してエンディングを見てからでないと入ることができない隠しダンジョン、またその最深部に待ち構える隠しボスも初登場。数多くのゲーム雑誌で話題となった。

今作には2つの大きなワールドマップが存在し、一方がパラレルワールドとなっているのだが、この2つのマップを頻繁に行き来しながらストーリーが進行。これまでにないくらいシナリオが複雑なものとなっている。また、モンスターが行動時にアニメーションするようになった。

プレイステーション用ソフトの今作では、ポリゴンを採用した見下ろし式3Dマップとなり、よりリアルな世界を体験できるようになった。また、石版システムを採用。ゲームを始めた最初は主人公の住む世界には島1つしかなく、他の陸地はすべて封印されている。しかし「ふしぎな石版」なるものを使って過去の時代へ行き、その各時代でのイベントを全てクリアすると、それぞれ対応した島が復活し、現代に蘇るというものである。しかしこの石版システムは自由度の高いものかと思いきや、ふたを開けるとほぼ一本道であり、また複雑な場所やイベントをこなさないと集まらない場合があるため、集めるのがめんどくさいという声が出た。2016年5月25日の9係の冒頭でタイムマスターパクった。余談であるが翌日に主人公がガンに侵された事判明した。日本テレビ以外のワイドショーで放送された

何といってもこの作品の最大の特徴は、移動中や戦闘中のシーンがすべて完全な3Dによって表現されていることである。作画の鳥山明の原画・アニメのイメージが忠実に再現され、ユーザーはまるで本当に冒険をしているかのような錯覚に陥る。売り上げもすさまじく、360万本以上の出荷を達成。これは日本でのプレイステーション2史上最多である。システムとしては、スキルマスターシステムやテンションシステムを採用。スキルポイントが溜まれば呪文や特技を覚える、テンションを溜めれば攻撃が強くなるというシステム。3DSでリメイクされた


他にもモンスターズシリーズ、トルネコの大冒険シリーズ、スライムもりもりシリーズなど、外伝も多数発売。


PS3Wiiなどの次世代ゲーム機器と呼ばれる据え置き機が多数発売された2006年。ドラゴンクエストのメインシリーズ、IXがどちらの機器で発売されるかで勝ち残るハードが決まると言われ、スクウェア・エニックスの動向が注目されていたのであるが・・・

2006年12月12日、スクウェアエニックスが「ドラゴンクエスト」生誕20周年記念 新作発表会を開催。果たしてドラゴンクエストIXはWiiとPS3、どちらで発売されるのかと期待されていたが、DSで発売することが決定し、多くの人を驚愕させた。

関連項目[編集]

ジバニャン。妖怪ウォッチの登場人物。おはすたでよくジェイムと共演している 奪う。同じく妖怪ウォッチの登場人物。ヘルムードと声同じ エンティ。ポケモン。黒田官兵衛でアクトと共演した。余談であるがアリーナも2月5日にゲスト出演した hitomi。キッドサマー。ジュディ。ポケモンの登場人物。2014年にアクトと対決した。11月29日も対決した 赤マント。ぬーベーの登場人物。改編の火曜日に良くアリーナと対決している 美樹。同じくぬーベーの登場人物。2014年11月18日の混乱劇場でアリーナと共演した 海砂。デスノートの登場人物。エイプリルフールでアクトと共演した ムラサキ。ヨシヒコの登場人物。土曜日にアリーナと対決している 仏。ヨシヒコの登場人物。弁護士でアクトと共演した オルトカ。同じくヨシヒコの登場人物。2014年12月21日にアクトと対決した アンパンマン。同上 電王。2014年12月3日にアクトと対決した 女乱馬。乱馬の登場人物。2014年12月17日にアリーナと対決した 美樹。半沢直樹の登場人物。2014年にアクトと対決した 見城則子。幸福の王子の登場人物。2014年12月26日の混乱劇場でアリーナと共演した 友達。20世紀の登場人物。2015年1月21日とにアクトと対決した 例岩松。デスノートの登場人物。同上。28日と2月16日も対決した 杉下右京。相棒の登場人物。2015年1月21日と2月4日と11日にアクトと対決した ヤドキング。ポケモン。2015年1月22日にアクトと対決した ヤンクミ。ごくせんの登場人物。2015年2月11日にアクトと対決した エルサ。アナ雪の登場人物。同上

Uncy このページはアンサイクロペディアの記事・ドラゴンクエストを利用しています。阿呆な執筆者のリストは履歴をご覧ください。