パワーパフガールズ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

パワーパフガールズ(The Powerpuff Girls)』は、テレビ東京カートゥーン ネットワークで放映されたアメリカアニメーション作品。クレイグ・マクラッケン(Craig McCracken)原作・総監督。


注意以降に核心部分が記述されています。


概要[編集]

そもそもはマクラッケンが1992年に製作した「Whoopass Stew:A Sticky Situation」に登場する「Whoopass Girls」が原型である。改題後95年からショートアニメとして放映、その後一つのシリーズとして成立し、98年より正式放映が開始されたものである。DCコミックからコミック版も出版された。

アメリカでは1998年11月から30分番組として放映開始。日本では2001年1月10日-2001年12月23日にかけてテレビ東京にて放映(51話まで・総集編含む)。2001年10月5日よりカートゥーンネットワークでも放送開始。地上波での放送が終了した後も同じキャストで放送継続されている。ラインナップを一定期間毎に変更していくカートゥーンネットワークにおいて唯一、放送が中断されていない作品である。

当初はカートゥーンネットワークで日本初放映される予定で、独自の翻訳・キャストによる吹き替え収録が26話分まで進められていたが、諸事情で地上波放映が先になったためお蔵入りとなった。2003年9月22日9月23日の2日間にかけ、カートゥーンネットワークにて当時収録されたバージョンが『パワーパフガールズ・アンダーグラウンド』として放映された。

現在地上波では、TOKYO MXで放映している。また、携帯サイトはテレビ東京ブロードバンド株式会社にて運営されている。

中国では「飛天小女警」というタイトルの中国語吹き替え版が中国中央電視台で放送されていた。なお、ガールズの各メンバーの名前はブロッサムは花花、バブルスは泡泡、バターカップは毛毛という名称になっていた。

日本やアメリカ、中国のみならず世界で160ヶ国も放送され、子供たちを中心に大ブレイクし、現在、「トムとジェリー」と並んでカートゥーンネットワークの代表作として知られている。

ストーリー[編集]

1人の科学者、ユートニウム博士が、砂糖スパイスと素敵な物をいっぱい(Sugar, spice and everything nice. マザー・グースの一節に由来)混ぜて可愛い女の子を作る実験中に、間違えて「ケミカルX」を一緒に混ぜてしまった為、スーパーパワーを持った3人の幼稚園児が誕生してしまい、3人はタウンズビル[1]の街を守るスーパーヒロインとして悪と戦う。ストーリーは通常2話オムニバス形式(1話のみの場合もある)。

作風[編集]

大胆にデフォルメされたキャラクターを始め、ポップでレトロ・モダンなデザインが目を惹き、ストーリーも日本のロボットアニメ特撮を一部意識しているとみられるが、単なる勧善懲悪でなく、一見可愛らしい絵柄と裏腹なややグロテスクな描写や、既存のスーパーヒーローや名作映画等のパロディ、話によっては正義の味方のはずのガールズが図らずも破壊活動や悪事をしてしまうオチなど、不条理ブラックユーモアをも含む内容が作品独自の持ち味となっている。

キャラクター[編集]

パワーパフガールズ[編集]

ブロッサム(Blossom) 
- 麻生かほ里(アンダーグラウンド(以下、UG)版 - 笠井律子、英 - キャシー・キャバディーニ)
パワーパフガールズのリーダーで、ガールズの指令塔を果たす。服と目の色はピンク。オレンジ色のポニーテールにいリボンをつけていて、髪の毛を大事にしている。しかしバブルスとバターカップに髪の毛を切られ、ものすごく悲しんだ事がある。比較的冷静で頭脳明晰、数学が得意だが、プライドが高く、まじめで融通が利かない面もある。得意技はの息(1度は全部使ってしまったが、その後再び使えるようになった)。中国語を練習中である(『博士を止めて!』の回で初めて披露したが、博士曰く「意味がハッキリ分からない」)。の花がパッと開いたように喋り始めたので「ブロッサム」と名づけられた。
バブルス(Bubbles)
声 - 南里侑香(UG版 - 間宮くるみ/英 - タラ・ストロング
服と目の色は水色金髪を二つに分けて結んでいる。スペイン語をはじめ多くの言語を操り、動物とも会話ができる。お絵描きが大好き。無邪気で泣き虫、甘えん坊。素直すぎる性格故に敵に騙されたりトラブルを起こしたりすることも。タコぬいぐるみオクティ(「オクトパス」からきた名前)を大事にしている。レオナルド・ディカプリオのファンであり、ガールズに映画出演の話が来た際には「レオ様」とつぶやき、会うことを楽しみにしていた。がパチンと弾けたように笑いだしたので「バブルス」と名づけられた。
バターカップ(Buttercup) 
声 - 池田有希子(UG版 - 三浦智子/英 - エリザベス・デイリー)
服と目の色は黄緑。ショートボブの黒髪。男勝りで負けん気が強く、タフで短気でケンカっ早い。しょっちゅうバブルスをからかう。お風呂が大嫌い。Bが頭文字につく他の2人に合わせて「バターカップ」(キンポウゲの意)と名づけられた(buttercupには他に「元気な女の子」という意味も含まれている)。

タウンズヴィル市民[編集]

ユートニウム博士(Professor Utonium)[2] 
声 - 安崎求(UG版 - 中田雅之/英 - トム・ケイン)
パワーパフガールズを作った博士で、3人の父親代わり。3人をきちんと育てつつ、様々な発明品を作るが、どこか抜けているところがある。ミス・ベラムとキーン先生は小学生時代の同級生である。独身。
市長(Mayor)
声 - 石住昭彦(UG版 - 鈴木勝美/英 - トム・ケニー
名前の通りタウンズヴィルの市政を司る立場にあるが、ほとんど遊び暮らしており、実務は秘書のミス・ベラムに任せきり。性格は子供っぽく陽気。キュウリピクルスが大好物。パワーパフガールズをいつも頼りにしていて、事件が起こると直通のホットラインでガールズを呼ぶ。経・緯度の知識でガールズを救ったことも。
ミス・ベラム(Ms. Sara Bellum) 
声 - 高乃麗(UG版:佐藤ゆうこ/英:ジェニファー・マーティン)
常に市長のお供をする知的で見事なスタイルの秘書。本名はサラ・ベラム。市長よりはるかに背が高く、いつも顔は画面からはみ出している。頭部が映し出される場合でも、彼女自身の髪の毛やそのほかの障害物によって隠され、一度も素顔は現れない。市長以外のキャラクターも顔を見たことがないらしい。名前の由来はcerebellum小脳)。
キーン先生(Ms. Keane)
声 - 込山順子(UG版 - 佐藤ゆうこ/英 - ケイス・スシー→ジェニファー・へイル)
ガールズの通うポーキー・オークス幼稚園の先生。みんなから慕われているやさしい女性だが、怒ると怖い(特に顔が)。
トーキング・ドッグ(または『しゃべる犬』)(The Talking Dog)
声 - 小堺一機(UG版 - 山崎たくみ/英 - トム・ケイン)
なぜか人間の言葉を話すことができる不思議な犬だがしゃべりすぎるのが欠点。車の運転も出来るなど、手が器用である。ある事件の証言を聞きだすために一時ガールズの家で保護されていた。

悪者[編集]

モジョ・ジョジョ'(Mojo Jojo)
声 - 石井康嗣(UG版 - 中田雅之/英 - ロジャー・L・ジャクソン)
パワーパフガールズ最大の敵であるチンパンジー。ケミカルXを浴びて知能が発達し、帽子の下は巨大化した脳ミソがむき出し。かつてはユートニウム博士のペットである普通のチンパンジーで「ジョジョ」と呼ばれていた。ガールズ誕生後「博士がガールズに興味を持ったため、家出して敵になった」と本人は言っているが、実際は元々いたずら好きで、ある日、博士の邪魔をしていた時にケミカルXの貯蔵してあった瓶が割れ、パワーパフガールズが誕生した。その後、家から追い出され、復讐を果たすためにモジョ・ジョジョを名乗るようになった。火山の上の展望台を住処にし、打倒ガールズと世界征服の為の兵器を開発したり様々な悪事に勤しむ。独特の回りくどいしゃべり方をする(本人は「自分は率直にものを言う」と主張)。発明だけでなく、料理の手際もかなりのものだが、手際だけで味はマズい。怒ると目が真っ赤になり、続いて顔中が赤く染まり、野生のチンパンジーに戻ったかのような鳴き声を上げて物に当たる。趣味は船の模型作り。元ネタは宇宙猿人ゴリと思われる。ただしヘルメットデザインはザ・カゲスターから。
カレ(Him)[3] 
声 - 園岡新太郎(UG版 - 鈴木勝美/英 - トム・ケイン)
ハイヒールのロングブーツを履いて両手はザリガニのハサミのような形状をした、赤い肌のスレンダーな悪魔。普段は裏声のオネエ口調だが、キレると汚い言葉をしゃべる。体型を維持するためにエアロビをしている。心理攻撃や催眠術を得意とする。他の悪者達にも一目置かれる存在で、本名は口にするのも恐ろしいので、彼(カレ)と呼ばれている。ガールズがタイムスリップした50年後では街を支配し、得意の心理攻撃でガールズを窮地に陥れた。本人曰く「同じ悪さはしない主義」。タウンズヴィルのどこかでレストランを経営しているが、味は大した事が無く値段も高め。
ファジー・ラムキンズ(Fuzzy Lumpkins)
声 - 松山鷹志(UG版 - 山崎たくみ/英 - ジム・カミングス
なまり言葉で山奥に住み、自分の縄張りに入られる事と自分の持ち物に触れられる事を極度に嫌う癇癪持ち。バンジョーが趣味。ひょんなことからタウンズヴィル市長に就任したことがある。全身ピンクの毛むくじゃらで触覚を持つ謎の生物だが、同種の仲間がいる。
プリンセス(Princess Morbucks)
声 - 岩坪理江西村ちなみ(UG版 - 荒井静香/英 - ジェニファー・へイル)
ガールズの幼稚園の同級生で家は大金持ち。甘やかされていて、かなりのワガママ。ガールズの一員になりたがり、拒まれて逆恨みしている。金にあかせて強力な武器兵器を身につけたり、モジョを買収したりしてガールズを倒そうとするが、その度に返り討ちにあって逮捕される。泣き虫だが、懲りたり反省はしない。
セデューサ(Sedusa)
声:日下由美(UG版 - 佐藤ゆうこ/英 - ジェニファー・へイル)
髪の毛を自在に操る女悪党。変装が得意で、ミス・グッドレディーと名乗って博士を誘惑したり、ミス・ベラムになりすまし市長を誘惑したりした。ベラムの事件ではガールズとミス・ベラムに髪を切られて刑務所に入れられた。名前の由来はギリシャ神話の怪物メデューサとseduce(誘惑する、そそのかす)。
ギャングリーン・ギャング(The Gangreen Gang) 
緑色の体をした、5人組の不良少年集団。一時的に特殊能力を身につけたり、セデューサを「女王様」と崇め悪事を手伝った事がある。ガールズにいたずら電話をして、被害にあったモジョ、ファジー、カレにボコボコにやられた事もある。赤塚不二夫風のルックスが特徴。GangreenはGangrene(壊疽)とGreenから。
エース(Ace)
声 - 園岡新太郎(UG版 - 鈴木勝美/英 - ジェフ・ベネット
ギャングリーン・ギャングのリーダー。サングラスをかけた長髪の男。バターカップの初恋の相手。
リトル・アートロ(Little Arturo)
声 - 高乃麗(UG版 - 岡田貴之/英 - トム・ケニー)
小柄な体型を活かし、狭い場所に入ったり、素早い動きを得意とする。
ビッグ・ビリー(Big Billy)
声 - 西凛太朗(UG版 - 中田雅之/英 - ジェフ・ベネット)
のんびりしていて、怪力を得意とする巨漢。実は一つ目。ガールズに命を救われ、恩返しに手伝いをした事も。
スネーク(Snake)
声 - 佐藤晴男(UG版 - 山本尚弘/英 - トム・ケニー)
蛇のような風貌で「~ッス」が口癖。帽子を被っている。
グラバー(Grubber)
声 - 西原純(英 - ジェフ・ベネット)
声マネや変身が得意。普段は唾を噴きつけるような音を発するのみでしゃべらない。眼球が飛び出しているゾンビ風の男。
アメーバ・ボーイズ(The Amoeba Boys)
立派な犯罪者になろうと頑張るアメーバの3人組だが、いつも失敗ばかりで犯罪者になることができない。しかし病原菌をふりまいたり分裂したりと、本人らが意図せずにすごい悪事を働くこともある。
ボス(Bossman)
声 - 松山鷹志(UG版 - 山崎たくみ/英 - チャック・マッキャン)
ジュニア(Jr.)
声 - 園岡新太郎(UG版 - 岡田貴之/英 - チャック・マッキャン)
スキニー(Skinny)
声 - 佐藤晴男(UG版 - 山本尚弘/英 - チャック・マッキャン)
ラウディラフボーイズ(The Rowdyruff Boys)
モジョがガールズに対抗するために刑務所の独房の中で作った男の子たち。囚人の脇毛・カタツムリ・犬の尻尾(ガールズ同様マザー・グースの一節に由来)に、ケミカルXの代わりにトイレの汚水を混ぜて作った。戦闘能力はガールズを凌ぐが、ガールズのキス攻撃(ミス・ベラム曰く「男の子の弱点」)によって倒され、元の材料に戻る。後にカレの魔力によってパワーアップして復活(初登場時と若干デザインが異なる)。復活させる際、カレがボーイズの弱点がキスであると気付き、逆にキスをすると巨大化するという細工をした。しかし恥ずかしい目に逢う、爆笑するなど力を抜くと巨大化が解けるという新たな弱点が出来てしまい、それをガールズに見抜れ、豆の様なサイズに縮められてカレに抹消された。その後も何度か登場している。
ブリック(Brick) 
声 - 丹宗立峰(英:ロブ・ポールソン)
ラウディラフボーイズのリーダー。服と瞳の色は。ブロッサムに似ている。赤い帽子をかぶる。性格はいばり屋。
ブーマー(Boomer)
声 - 栗津貴嗣(英 - ロブ・ポールソン)
ラウディラフボーイズの1人。服と瞳の色は。バブルスに似ている。性格はマイペース。他の二人には、それがのろまに映るらしい。バブルスが彼に変装してなりすましたことがあった。
ブッチ(Butch)
声 - 松澤重雄(英 - ロジャー・L・ジャクソン)
ラウディラフボーイズの1人。服と瞳の色は。バターカップに似ている。性格は粗暴。
ブギーマン(The Boogie Man) 
声 - 山形ユキオ(英 - ケビン・マイケル・リチャードソン
闇の魔物達の親分。日の光に弱いので普段は地下で暮らしていたが、地上を支配する機会を窺っていた。地上に出て来るときにミラーボールという技で太陽を隠した。妖怪ブギーマンが元ネタ。
ローチ・コーチ(Roach Coach) 
声 - 不明(英:ロジャー・L・ジャクソン)
薄汚いパンツ一丁の男。たくさんのゴキブリを操り街を支配しようとした。その正体は人間ではなく、一匹のゴキブリが操るロボットであった。
メイジャーマン(Major Man) 
声 - 忍野タケル(英 - ジェフ・ベネット)
偽ヒーローとしてタウンズヴィルにやってきた。ガールズの人気を奪うことにより、精神的苦痛を与えた。最終的にガールズに騙され、自作自演だと白状した。
アブラカダーヴァ(Abracadaver) 
声 - 松山鷹志(英 - フランク・ウェルカー
魔術を使うゾンビ。生前は人気マジシャンのアル・ルージョン(Al Lusion)であったが、ある少女(ブロッサム似)がきっかけとなり恥を晒しながら事故死する。そのためゾンビとなって甦り復讐を果たそうとする。名前の由来はAbracadabraとCadaver(死体)。
眠りの精(Sandman)
声 - 佐山陽規(英 - グレッグ・イーグルス)
夜になった時に世界中の人々を眠らせるのが仕事であるが、自分は眠れないため、世界中の人間たちを永久に眠らせようとする。ガールズに悪夢を見せられ、その後は寝るのが嫌になる。
ミスターマイン(Mr. Mime)
声 - 丹宗立峰(英 - トム・ケニー)
元の姿はピエロのレインボウ(Rainbow the Clown)。漂白剤を浴びて体が白黒になる。街を白黒にすることにより、人間を再起不能にしようとするが、ガールズにお仕置きされる。
レニー・バクスター(Lenny Baxter)
声 - 西凛太朗(英 - トム・ケニー)
パワーパフガールズオタクの男。ガールズのグッズを収集していたが、やがてそれがエスカレートして本物のガールズを自分のものにしようとし、ガールズを誘拐した。しかし博士に説教されて思い直し、ガールズを解放する。コレクションの箱や袋を開けると精神に強い苦痛がはしる。
パッチーズ(Patches)
マイク少年に空想上の友達として近寄る。ガールズが同じく空想の世界でつくったラビットガールに倒される。
キティー(Kitty) 
声 - 渋谷哲平(英 - マーク・ハミル
一見普通のネコだが、言葉を話し催眠術を使う。ユートニウム博士を操り、ネコが支配する世界を作ろうとした。
ファム・ファタル(Femme Fatale)
声 - 甲斐田ゆき(英 - グレイ・デライル
フェミニストの女怪盗。女性参政権獲得に活動したスーザン・アンソニーが刻印された1ドルコインばかりを盗む。女性差別を主張し、ガールズを口車に乗せるが…。
マスクスカラ(Mask Skara)
声- 雨蘭咲木子(英 - フィリス・ディラー)
元々は化粧品会社の女社長だったが、流行の変化により化粧品の売上げが低迷、会社が倒産して悪の怪人となった。巨大な化粧道具を武器にし、タウンズヴィル中に派手なメイクをする。化粧にちなんだダジャレをよく使う。名前の元ネタは化粧品のマスカラから。

その他[編集]

ナレーター(Narrator) 
声 - 小堺一機(UG版 - 山崎たくみ/英 - アーニィ・アンダーソン→トム・ケニー)
「ここはおなじみタウンズヴィル!」「今日もみーんな救われた、サンキュー、パワーパフガールズ!」が決まり文句。時々本編の中に干渉し、登場人物から叩かれたり、モジョに監禁されてナレーターの座を奪われた事もあった事から、ただのナレーターではない事が窺える。
ブレット(Bullet the Squirrel)
ケミカルXで、ガールズと同様のスーパーパワーを持ったリス。ガールズに目がそっくり。ガールズと別れて森の平和を守っているが、タウンズヴィルがリスの大群に襲われた事を知り駆けつけた事があった。
バニー(Bunny)
声 - 不明(英:クリスティーン・カヴァナー)
ガールズが街を救う手伝いをしてくれる妹を作り出そうと、自分たちで「お砂糖」と「スパイス」と「素敵なものいっぱい」、そしてケミカルXを使って誕生させた。服と目の色はで髪は色。しかし材料に人工甘味料など不純物が多かったため、可愛くないというより醜悪な巨体で頭も非常に悪く善悪の区別がつかず、街を救うどころかメチャクチャにしてしまう。その後、囚人達に囲まれたガールズを何とか助け出すものの、最後には爆発して消えてしまい、元の材料に戻ってしまった。
ダイナモ(Dynamo = Dynamic Nanotechtronic Monobot)
ユートニウム博士がガールズの身を心配する余り作った、ガールズ3人が搭乗する戦闘用巨大ロボット。全身からミサイルを一斉発射出来るが目標には命中せず、完全防御形態になれるが周りの破壊に利用されてしまう。そのため戦闘後は辺り一面が火の海になってしまう。ちなみに頭部にあるリボンはハサミになるが、意外と脆い。市長が乗って遊んだが為にタウンズヴィルを破壊したことがあるが、その時は何故かミサイル等がガールズに命中した。
エルマー (Elmer Sglue)
ガールズの幼稚園の同級生で、を食べていたため皆からいじめられる。放射能汚染されたハエを誤って食べて巨大化してしまう。ガールズとの戦いで元に戻り、クラスの皆に謝罪を求めていた。水木しげる風のルックスが特徴。
グローリー少佐(Major Glory) 
声 - 遊佐浩二(英 -ロブ・ポールセン)
デクスターズラボ』にも登場したアメリカ的ヒーロー。ガールズを小馬鹿にし、男のヒーロー(バルヘーレン他『デクスターズラボ』に登場していたキャラなど)を多数従え侵略してきた宇宙人と戦ったが呆気なく惨敗した。
フレッド
怪獣だがガールズの友達。いいように活躍するメイジャーマンを騙すためにガールズに協力し、町で暴れまわった。
  1. オーストラリアクイーンズランド州にあるタウンズビルと街の名称が同名であるが、直接関係は無い。
  2. 原語版では「professor(教授)」。
  3. UG版では、奴(ヤツ)と呼ばれている。

テーマ曲[編集]

下記はテレビ東京版のみ。映像も本編の内容を使用したオリジナル。東京MXでもこの曲が使用されている。

他にもCD化されていない「Work Soul Out!!」(P.P.S.)がある。

カートゥーンネットワーク版は海外版と同様の映像+吹き替えクレジットで、EDに「The Power Puff Girls」。
「Cream Puff Shuffle」「WIN, LOSE or DRAW」「Work Soul Out!!」は同局の音楽コーナー「Cartoon Tunes」で流れる事がある。

挿入歌[編集]

  • 「LOVE MAKES THE WORLD GO ROUND」(邦題は「愛が世界を動かすの」)(ブロッサム・バブルス・バターカップ)『色がなくなっちゃった』挿入歌(パイロット版は歌詞が異なる)

日本語版制作スタッフ[編集]

テレビ東京放送分[編集]

  • 演出:松岡裕紀
  • 翻訳:瀬谷玲子
  • 調整:山田均、高橋美由紀
  • 音響制作:神南スタジオ
  • 編集:杉山淳
  • 編集スタジオ:NOVA
  • プロデューサー:岩田牧子(テレビ東京)、松下洋子
  • 制作:テレビ東京、NAS、カートゥーン ネットワーク

カートゥーン ネットワーク追加分[編集]

  • 演出:安藤直子
  • 翻訳:瀬谷玲子
  • 録音/調整:宮元宏
  • 制作担当:小野寺徹、丸田耕太郎(東北新社)
  • エグゼクティブ・プロデューサー:松下健司(カートゥーン・ネットワーク)
  • プロデューサー:伊藤文子→末次信二(カートゥーン・ネットワーク)
  • 制作:カートゥーン・ネットワーク、東北新社

備考[編集]

  • テレビ東京放送時の第8話Bパート『市長さんの一日』で、数分間映像が暗転するシーン(音声のみ)があるが、テレビ東京では視聴者に混乱を招く恐れがあるので、字幕などのテロップ処理がなされた。
  • 2002年、ガールズ誕生直後のプロローグ的ストーリーを描いた劇場版『パワーパフガールズ・ザ・ムービー』を公開。
  • 2002年、環境省「リ・スタイル」のマスコットキャラクターに起用された。
  • キャラクターデザインが若い女性を中心に受け、2007年現在日本ではキャラクターグッズが多数発売されている。
  • 2007年まで、ジョイフルでドリンクサービス券やキッズメニューの玩具などでキャラクターが採用されていた(現在は別のキャラクターを使用)。
  • 携帯公式サイトでは隠されたカード形式の画像をコレクションしたり、カードを使ったゲームを楽しめるPPGカードコレクションや、定番の待受画像、Flashアニメ、カレンダー、デコメ、キャンペーンイベントなど、今では数少ないパワーパフガールズのコンテンツを楽しんだり入手できる。
  • 2005年4月に東映アニメーションアニプレックス、カートゥーンネットワークの3社が『出ましたっ!パワパフガールズZ』の共同製作を発表した。パワーパフガールズの設定をベースに日本で作られ、2006年7月から2007年6月までテレビ東京系列で放送された。輸出も行われている。
  • 2007年に「水野キングダム♥パワーパフガールズ」として、吉本興業の番組『水野キングダム』とのコラボレーションが実現した(ブロッサムは一言であるが関西弁を披露している)。余談だが、東京MXテレビは『水野キングダム』も放映している。作品に登場したボツキャラは、視聴者の投稿で選ばれたものである。感謝のプレゼントとして、ケンドーコバヤシの抱き枕(こちらも視聴者の投稿)がパワーパフガールズに送られたが、ガールズからは『可愛くない』などと、不満の声が多かった。番組のアニメーションパートは他の番組の編成で空白が出た時の尺埋め番組として放送されている(アニメーションの後には水野キングダムのCMが放送されている)。
  • 東京MXテレビは当初金曜日の放映がなかったが、2007年4月からは金曜日にも放映されるようになった。全話放送し終えても、次からは再び1話から放送されている(地上波では非常に珍しいパターン)。同年10月からは放送時間が午後に移動される。
  • 主なストーリーが展開される都市「タウンズビル」であるが、オーストラリアクイーンズランド州には、同名の「タウンズビル」という都市が実在する。

未公開作品[編集]

  • See Me, Feel Me, Gnomey
    この作品は最初から最後まで全て歌いっぱなしのロックオペラ風作品。日本、アメリカでは未放送(カナダでは放送されたらしい)。当初は放送予定があったが、突然取り消しの通知があった(ソース自体は一応来ていたらしい)。タイトルはThe Whoのロックオペラ「See me, feel me」から。

脚注[編集]


外部リンク[編集]

映像関連サイト

日本国内のグッズメーカー

日本国内地上波放送時の前後番組[編集]

テレビ東京系 水曜18:30枠
前番組パワーパフガールズ
(2001年1月 - 2001年6月)
次番組
トランスフォーマー カーロボットシャーマンキング
テレビ東京系 日曜7:00枠
前番組パワーパフガールズ
(2001年7月 - 2001年12月)
次番組
トムとジェリーとゆかいな仲間勇気のメダル
TOKYO MX 月曜~木曜8:30帯枠
前番組パワーパフガールズ
(2007年1月 - 9月)
次番組
三つ目がとおるハクション大魔王
TOKYO MX 金曜8:30帯枠
前番組パワーパフガールズ
(2007年4月 - 9月)
次番組
ディズニータイムハクション大魔王
TOKYO MX 月曜~木曜15:30帯枠
前番組パワーパフガールズ
(2007年10月 -)
次番組
TOKYO MX NEWS

このページは Wikipedia日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事はパワーパフガールズにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。 Yourpediaと同じく、WikipediaGFDLのライセンスで提供されています。 コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。