ピーエーワークス

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

株式会社ピーエーワークス (: P.A.WORKS Co.,Ltd.) は、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本企業。P.A.は「Progressive Animation」の略である。

概要・沿革[編集]

2000年11月10日堀川憲司ビィートレインの取締役・制作プロデューサーを経て富山県東砺波郡城端町[1]越中動画本舗株式会社を設立。2002年1月1日株式会社ピーエーワークスに商号変更した。設立の経緯は、堀川が家族との約束から富山へ戻る際、地元に制作会社を探しても見つからず、自らスタジオを立ち上げたのだという[2]

設立時、行政側から社屋として廃病院を改築した建物の斡旋[3]ケーブルテレビを利用としたブロードバンド環境整備などの支援を受けている。また、社員寮を整備して社員の福利厚生の向上に取り組んでいる。

富山本社には作画およびCG制作部門があり、演出・制作は東京事務所(東京P-10スタジオ。東京都小平市一橋学園駅地区)に置かれている。テレビゲームのムービーパートの制作のほか、テレビシリーズではビィートレイン、プロダクション・アイジー制作作品のグロス請けを主とし、2008年の『true tears』が初の元請制作となった。大都市圏以外の地方に本拠地を置きながら、アニメーションの元請制作を手がける能力を持っている数少ない企業である。

コンピューターゲームメーカーであるレベルファイブと取引があり、同社のパブリッシャー参入作品である『レイトン教授と不思議な町』の劇中アニメの制作を担当した。以降も、続編のアニメパートや、当社としては初の長編アニメ映画も手がける。

2016年10月頃より所属アニメーターが自身のTwitterにおいて、支払明細書を掲げた上で同社の雇用条件や賃金に対して、内部告発する事件が発生。

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

制作元請[編集]

いずれも地元・富山県内の民間テレビ局でも放送されている。

初のPAW制作。富山では1クール遅れ
東京進出、富山初の期間内週遅れ放映
チューリップテレビ進出、同時に富山での同時期放送達成、3大都市圏以外(福岡)に初進出、放送エリアも18都府県と一番広かった。
富山のみの放送
富山全民放局コンプリート、石川に初進出
富山が全国最速放送を実現、関西U局初進出、テレ東系初進出
日本一のアニメ局、テレビ愛知に初進出

グロス請け[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

関連人物[編集]

アニメーター[編集]

演出家[編集]

事件・不祥事[編集]

所属アニメーターによる内部告発[編集]

2016年10月頃より所属アニメーターが自身のTwitterにおいて、支払明細書を掲げた上で同社の雇用条件や賃金に対して、批判的なツイートを連発。この人物が公開した給与のうち、もっとも高額だったのは2016年10月支払分の6万7569円だった[9]。それらが注目されて、ネット上の各所に情報が拡散される事態となった。本人は自分と同じような不幸な新人を増やさないためにこのような行動に踏み切ったとツイートしている。事態を重く見た同社は11月4日にHP上にて声明を発表し、騒動によって関係者に迷惑をかけたことを謝罪した[10]。尚、同アニメーターは既に退職しており、自身のTwitterも削除されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]