ライフ (漫画)

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ライフ2002年から2009年にかけて、すえのぶけいこによって連載された制作による漫画。および、それを原作としてメディアミックスで製作される作品群。 原作ですら内容に触れられないほど極悪犯罪推奨漫画もどきであるなのに、 血迷ったテレビドラマ版(笑)でさらに馬鹿なことをしています(詳細は後述)。単行本はなんと20巻もあり、しぶとく現存。

       | ○ |         r‐‐、
      _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君!
     (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  
     |ヽ   ~~⌒γ ⌒ ) r'⌒ `!´ `⌒) よく頭のおかしいライターや脚本家気取りのバカが
    │ ヽー―'^ー-'  ( ⌒γ ⌒~~ / 「誰もやらなかった事に挑戦する」とほざくが
    │  〉    |│  |`ー^ー― r' |  大抵それは「先人が思いついたけどあえてやらなかった」ことだ。
    │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  王道が何故面白いか理解できない人間に面白い話は作れないぞ!
    |  irー-、 ー ,} |    /     i
    | /   `X´ ヽ    /   入  |

概要[編集]

罪無き人間をズタズタに陵辱した場面や「どんなに心を殺された被害者でも簡単に立ち直れる」「被害者が立ち向かっていけばそれで解決する」「加害者を恨むのは石頭のすることだ」「レイプぐらいで生きた屍とか建物に放火されただけで焼死だなんて大袈裟だ」などという愚劣倫理を垂れ流したうえで正義に唾を吐き、罪無き犯罪被害者を愚弄し、犯罪加害者を扇動して悪事を推奨ならびに美化した漫画のような糞。

悪魔の心を持った極悪人の共感によってヒット作品に名を連ねるという状況になり、ついにはなんと2006年[1]度(第30回)講談社漫画賞少女部門受賞した。

この作品を支持しているのは主に中高生世代であるが、この世代は2006年に「ジェントルハートプロジェクト」というNPO法人が行ったアンケートに於いて、罪無き生徒へのいじめに対する罪の意識が無いということがはっきりしている。

そもそも、支持者は「描写に迫力ある」「力強くてかっこいい」「壮絶さがまたいい」などとそんなことばかり言っているのである。

果たしてこの作品のファンは自分自身かあるいは自分の愛する人間を犯罪で死に追いやられても犯人を許す自信があるのかどうか見てみたいものだ…。ってか、簡単に許すんだろうなあ

また、実際に自分の傍に第2の加藤智大高見素直造田博野田憲太郎おかやまりゅうせい泊優稀みたいな奴が出てきてもそういう時だけ「怖い!」とか「助けてくれ!」とか言わないでもらいたいものだ…。

ドラマ化[編集]

更に、2007年には「2006年のいじめ自殺問題を視聴率稼ぎの道具にしてやれ」「社会的問題だなんて興味本位に扱ってりゃいいだろう」「自殺者にだけ説教してりゃそれでよかろう」と言わぬばかりにドラマ化もされ、これまた同問題に好奇心しか抱いていない悪事美化・罪無き人間愚弄・被害感情蔑視に魅了されたキチガイどもによって高視聴率をマーク[2]、ヒットドラマとして名を挙げられるという状況になった…。

PTAをはじめ罪無き生徒へのいじめを心から嘆いた人々は番組HPやBPOなどで猛反発したが、支持者らは自分らの邪悪に満ちた魂胆および結局は罪無き人間に対するいじめ増加および被害者および正義人に対する愚弄に拍車をかけたという実態を棚に上げ、「現状への警鐘だ[3]だなんてすっとぼけたことをほざくわ、「どういう意味で支持されているのか解れ」などと逆切れをぶちかますわ、もう押尾学顔負けのメチャクチャさである

そして、支持者らは都合の良い時だけこのドラマに出てくる悪事の数々を「最低な行為だ!」「酷すぎる!」と嘆く素振りを見せるという三文芝居もぶちかましていた。

YOMIURI ONLINE エンタメ(読売新聞2007年9月5日)では番組HPに中高生世代から「勇気もらった」「自分の間違いに気付き、反省した」などという意見が寄せられたということになっているが前者は加害者による狂言で、後者もまた「この作品のファンに悪意は無い」と必死にアピールする為の出任せであるということはもはや言うまでもない。そもそもこのドラマのファンが「面白い」とか「迫力あって力強くてかっこいい」とかそんなことばかり言っていることやこのドラマによって被害者が更に傷ついて怒っているということを知っている人に言わせたら、この記事がライフ信者美化を狙った捏造だということ及び上記の意見が狂言であるということは一目瞭然である。

このドラマで加害者役に選ばれた福田沙紀木嶋佳苗尹麗娜顔負けの鬼畜ケダモノ女[4]、また細田よしひこ森田直樹および厚地重宏に匹敵するキチガイレイプ野郎のイメージを植え付けられるはめになってしまった。前者の福田は製作発表レポートでも「あれは酷すぎて耐えられない、立ち向かうと返って…」とも発言していた。だが、その一方でとあるインタビューに於いて「無論、私はいじめは許さない」と発言しておきながら同時に「いじめる側といじめられる側の双方に原因がある」とも発言していた。あと、後者の細田も「被害者を徹底的に蹂躙するシーンを撮った後、ボクシングで気晴らしを始めるまで一週間ほど眠れなかった」と発言している。その後、細田は追跡中のハンター達の元締めになった。

末永遥も加害者役に選ばれたことで「『轟轟戦隊ボウケンジャー』のヒロインのイメージをメチャクチャにされた!」とのブーイングが殺到したが、当の本人は雑誌のインタビューに於いて「それだけ目立っていたという証拠」「ここまでやれてよかった」「ポジティブに考えたい」などという無責任な発言を飛ばしている[5]

そして被害者役だった北乃きいもまた、インタビューに於いて結局はブレイクのきっかけとしか考えていない態度を示していた。

2007年度日本PTA全国協議会・「親が子供に見せたくない番組」第8位にランクインされ、再放送もされていないのは良識人にとって救いである。…と思ったのも束の間、このドラマの支持者は結局は良識人や犯罪被害者の感情を逆なでしてやれと言わぬばかりに「再放送してほしい」などとほざいてやがるのが現状である。一生、精神病院に入ってろや。それとも長谷川穂積にボコボコのメタメタのギタギタにぶちのめされて来るか?

このドラマでの役がきっかけで「福田沙紀とかが嫌いになった」と言う視聴者も出てきたが、それははっきり言ってまずい。何故なら世間及び局側は上記の末永のようなことを言って正当化するからである。

放映中及びその前後に起きた事件との関係[編集]

ドラマ放映中に北海道函館市酷いことをしていた相手に対するゲーム感覚での集団暴行殺人事件が起きており、この作品の影響なのがバレバレである。しかし、どういうわけかどんなに双方を酷いと言う者でさえ、この事件とライフを結び付けようとしない。

ただ、2ちゃんねるでは「函館いじめ殺人の犯人が『ライフ見てました』って一言いえば 放送中止になったのに」と妙にポジティブ志向なことを言っている人物がいた[1]ドラマ関係者及び視聴者が如何に軽薄かってことも知らねえで…。また、別の2ちゃんねらーは「真似も何も現実の方が酷いんだぜ」と言うばかりで、事件とライフとの因果関係を認めようとしなかった。

放映直前にも栃木県北部の中学校で女子生徒の体操着をまくって携帯で撮って34人もの同級生にばら撒くという事件が起きており、ライフ信者は尚更恩恵を与えられた気分に浸っていたと言えよう。

その他外部での扱い[編集]

Wikipediaではこの蛆虫及びその信者どもの魂胆が正当化されており、真実を暴露しようものなら超バ管理者ども(その典型がBadboyGakupon[6])によって揉み消されてしまう…。

アンサイクロペディア2ちゃんねるでも一部、この作品のファンの魂胆が暴露されているが、アンサイクロペディアが「嘘八百辞典」とされている以上は同サイトでこういう記述をしても殆ど本気にされず、ただのユーモアとかとしか見てもらえないのが現状である。なお、アンサイクロペディアに於ける当該記述は「アンサイクロペディアでの暴露は効果が無い」と判断した執筆者本人によって削除された。また、2ちゃんねるに於いても同サイトがあまりにも様々な魂胆の人物がゴチャゴチャして存在している場所である以上、どの言い分まで心のこもった正論とみなして良いのか悩まざるを得ないのが実態である。

その他[編集]

  • この作品は中高生の間で「被害者に勇気を与えた作品」と崇められているが、一番希望を与えられたのは加害者であるということは言うまでもない
  • ノンフィクション作家藤井誠二は普段は犯罪被害者遺族の気持ちを人一倍理解し、加害者への刑罰の厳罰化にも大賛成でありながら、この作品について語る際、加害者を放任してやれと言わぬばかりに被害者および自殺者にばかり説教をたれていた
  • もしこの作品のファンが裁判員になったら、もう罪無き被害者は全く報われず、2次被害を食らわされる一方である…。
  • 教育評論家・「尾木ママ」こと尾木直樹はドラマ版について「公共電波である以上、描写には気をつけろ」と言及していたが、言うまでもなく制作サイドや視聴者には伝わっていないのが現状である。

脚注[編集]

  1. この年はモロにいじめ自殺問題が多発した年である。
  2. 平均だと小癪にも前作「LAIR GAME」をも上回ってやがるのである。
  3. その警鐘を鳴らしたい相手ってのも加害者じゃなくて自殺者なんだろうよ、どうせ。
  4. しかも、芸能関係者は福田のドラマ出演の話が絡むと、この役のことばかりハマリ役だとかほざくので、様々な番組で福田を見てきたファンにとったら余計、腸が煮えくり返ることであろう。
  5. 『東映ヒロインMAX』Vol.6、辰巳出版、2008年、199頁
  6. こいつはこの作品と上記の函館の件との因果関係をも否定した。

関連項目[編集]

杉下右京。相棒の人物。タップであゆみと共演した

外部リンク[編集]