ラジオ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ラジオ英語: radioテンプレート:Audioとは、無線通信により音声を送受信する技術である。一般的にはラジオ放送(放送無線電話[1])やラジオ受信機の略称[1]の意味で使用される。radiotelegraphy無線電信)の短縮語を語源とする。レディオレイディオと呼称される場合もあり、古くはラヂオとも表記した[2]

概説[編集]

会話や音楽などの音声信号を、電波を使って送受信する。いくつかの方式があるが、最も歴史の長いのは振幅変調による中波放送で、基本的な方式は100年間も変わらず、現在でもラジオ放送の主流である。この方式および受信機は一般に「AM放送」「AMラジオ」と呼ばれる。また周波数変調による超短波ラジオ放送も広く普及しており、「FM放送」「FMラジオ」と呼ばれる。本項目でも特筆しない限り、この呼び方を用いる。

災害耐性[編集]

送信システムは比較的簡単な構造で、仮に地震などで放送局が破壊されても、肩に担げる程度の大きさの小型送信機から放送することも可能。これを活かし、大規模災害の発生時には臨時災害放送局が開設されることがある。一部のラジオ放送局ではこの特長を利用し、自分以外の局員が全員操作できない状態になっても、1人いれば、全てを遠隔操作して放送が続けられるようになっている。東日本大震災以降、開局が盛んとなっている。

ラジオ放送の種類[編集]

変調方式による分類[編集]

電波に音響情報を乗せて送るためには、高周波の電波を低周波の音響信号で変調(modulation)する必要がある。変調方式の違いにより幾つかのラジオ放送方式が存在する。

周波数による分類[編集]

放送に用いられる電波の周波数の違いにより分類することもできる。日本では、中波放送、短波放送、超短波放送の3種類の放送が、その他の国ではこれに加えて長波を用いる長波放送が行なわれている。 極超短波以上を用いる地上波放送は、どの国でも行われていない(電波の性質上不適当であるためとみられる)。

長波放送[編集]

振幅変調(AM)による放送。放送バンドの周波数は153 - 279kHz

ロシアヨーロッパなどの高緯度(北緯60度超の)地域で放送に利用される。これは送信機が簡単に製作でき、低出力で広大な地域に伝播させられるためである。

日本では、放送法電波法施行規則に長波放送の定義がなされず実施もされていないので、ロシア極東地域の放送が比較的良好に受信できるものの一部の受信愛好家以外に需要はなく、受信機も少ない。

中波放送[編集]

詳細は中波放送を参照

短波放送[編集]

詳細は短波放送を参照

超短波放送[編集]

詳細は超短波放送を参照

ラジオ受信機の種類[編集]

詳細は受信機も併せて参照されたし。

回路方式による分類[編集]

回路方式により、以下の種類に分類できる。

鉱石
受信したものを増幅せず、鉱石検波器ゲルマニウムダイオード等で直接検波し、クリスタル・イヤホン等で聴取する。
ストレート
受信した周波数のまま増幅・復調を行う。戦前はほとんどこのタイプ。戦後は電子回路を理解するための電子工作で製作する程度の利用のみ。正帰還を用いた再生検波も広く用いられた。
レフレックス
ラジオ搬送波と復調後の音声の周波数帯域が異なるのを利用し、検波前の高周波増幅と検波後の音声増幅を一つの増幅素子で兼ねる方式。増幅素子には真空管トランジスタ等を用いる。昔は高価だった増幅素子を節約するために考案された。原理的にはストレート、スーパーヘテロダイン共にレフレックス方式とする事が可能ではある。
スーパーヘテロダイン
受信した周波数を一定の周波数(中間周波数)に変換した上で増幅・復調を行う。戦中は規制されており、戦後に主流となる。
ダイレクトコンバージョン
受信した周波数に近い高周波を発生させ、直接、音声信号を取り出す。近年、技術革新により安定して高周波を作り出すことが容易となり、中間周波数に変換する部品が省け小型化できるメリットから携帯電話などに盛んに用いられるようになった。
デジタル信号処理(DSP)
受信した周波数を一定の周波数(中間周波数)に変換し増幅・復調をデジタル信号処理して再びアナログ信号に変換してから音声信号を取り出す。近年、ソフトウェアラジオなどに用いられている。

チューニング方式による分類[編集]

ファイル:Radio-with-Alarm clock.jpg
アナログチューニング式の2バンドラジオ(目覚まし機能付)

チューニング(tuning、同調、選局)方式による分類は以下の通りである。

アナログ
可変容量コンデンサ(バリコン)や可変インダクタンス(μ同調器)やバリキャップと可変抵抗、などで選局するもの。大まかに振られた目盛りを頼りに(「コリンズ」のように精密なものもあるが)選局する。昔からあるタイプ。
デジタル表示式アナログ
同調回路はアナログと同様であるが、デジタル表示の周波数カウンタが内蔵されたもの。デジタルのように周波数を数字で確認しながらの直感的な選局が可能だが、テンキーやメモリによる選局は出来ない。また、中間周波の周波数をカウントし定数を足して(または引いて)受信周波数として表示するものであるから、調整がズレていると正確ではない。PLLが安価になる以前に、高級機やBCLラジオなどで採用が見られたが、次に述べるデジタル式の普及によりほとんど見られなくなった。しかし近年、PLLは消費電力が多い、コストがPLLより安い、などの理由で、デジタルを謳っているがこの方式、というラジオが見られるようになってきている。
デジタル(PLLシンセサイザ
基準周波数を元に、一定ステップの周波数を合成して同調回路を構成するもの。高級機や、近年は薄型機にも多く使われる。民生機では1970年代後半頃から登場している。

形態による分類[編集]

厳密な線引きは必ずしもないが、形態によりおおよそ以下に分類できる。

大型
部屋などに置いて使う大型のもの。真空管時代は殆どこれに属する。
通信型(通信用)受信機
送信機と組にする無線設備としての性能を重視したもので、外観としてはチューニング・ダイアルが大きく操作しやすい、読みとりやすい周波数目盛りがあるかデジタル表示になっている、感度や選択度を可変できるつまみ類が付いている、電波型式を切り替えるスイッチがある、外部アンテナ端子があるなどの特徴がある。ただし必ずしもこれらすべてを満たしているとは限らず、また機能が豊富なものではよりたくさんのつまみ、スイッチ、接続端子を備えているものもある。
ファイル:TU-307 Sansui Radio tunar.JPG
コンポーネントオーディオとして製品化されたチューナーの一例。AM放送とFM放送に対応している。周波数を選択するためのダイヤルや、信号強度、同調の具合を示す計器などが付属している(SANSUI製 TU-307)。
チューナー
コンポーネントオーディオのコンポーネントのひとつ。ラジオの受信機能のみ。アンプを通してスピーカーを鳴らす。
ポータブル
VHSカセット - タバコの箱位の大きさ。乾電池で動作可能。真空管時代にも電池管という電池で動作するミニチュア管やサブミニチュア管を使い、数十ボルト程度の積層乾電池を用いたものがあったが、消費電力の少ないトランジスタの登場により電池管ラジオは急速に衰退し、代わってトランジスタラジオが急速に普及していった。
薄型
シャツの胸ポケットに入る程度のもの。スピーカーを内蔵していないイヤホン専用のものもある。

受信周波数による分類[編集]

1バンド
多くは中波(530〜1605kHz)AMのみ、またはFMのみの製品で、安価な携帯ラジオやライトバン・トラックなどの商用車のカーラジオに多い。その他、ラジオNIKKEI受信専用の短波ラジオも市販されている(受信周波数が固定されておりスイッチ切り替えだけで済む代わり、周辺の局を聴くことは出来ない)。
2バンド
中波+FMが多い。アナログチューニングの機器は76.0MHz〜108.0MHzまで受信できるものが主流(アナログ終了後の2011年7月以降はアナログチューニング式でも90MHzまでのラジオが増えてきたが2015年頃からFM補完中継局が整備されることににより108MHzまで受信できるものがまた出始めている)。FMステレオが受信できるものや、わずかではあるがFM・AMともにステレオで受信できるものがある。デジタルチューニングのうち、一部の携帯ラジオやラジカセなど90.0MHz以降が「テレビ(TV)1〜3チャンネル」のようにチャンネル(音声周波数)が決まっているものは海外では受信できない。なお、FM放送開始以前の1960年代前半(FM東海が動き出したのが1958年末、NHK-FMが動き出したのが1969年)までは中波+短波(3.9〜12MHz)が多かった。現在でも、中波+短波(ラジオNIKKEI受信用)のラジオは市販されている。
3バンド
かつては中波+FM+テレビの1〜12チャンネルの音声が受信できるものが多く市販され、中波+FM+短波(3.9〜12MHz)も市販されていた。現在は中波+FM+短波(ラジオNIKKEI受信用)のラジオが市販されているほか、2012年に入ってからは中波+FM+テレビUHF(ワンセグ)の音声が受信できるラジオも市販されている。
4バンド以上
ファイル:SONY ICF-SW77.jpg
マルチバンドラジオ
中波+FM+短波放送のバンド75〜13mの各バンド、あるいは(長波)中波・短波の150〜530kHz〜30000kHzを連続受信可能な、「ゼネラルカバレッジ」と呼ばれるもの。ラジオとしては日本ではソニーのみ。他にはソニーのICF-890V(生産終了)や、一部のラジカセなどで中波+FM+テレビVHF(1〜12チャンネル)+テレビUHF(13〜62)というタイプもあったが、1〜3チャンネルを除く(ハワイ及びアメリカ本土では88MHz〜108MHzまでが放送バンドである。超短波放送参照)VHFバンドとUHFバンドは2011年7月24日岩手宮城福島の各県は2012年3月31日)に地上デジタルテレビ放送への完全移行による地上アナログテレビ放送の終了で受信できなくなるため生産が打ち切られ、中波+FM+テレビVHFの1〜12チャンネルの音声が受信できる3バンドラジオや中波+FM+短波(ラジオNIKKEI受信用)+テレビVHFの4バンドラジオも同様の理由で生産が打ち切られた。

歴史[編集]