二宮和也

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
にのみや かずなり
二宮 和也
[[ファイル:ファイル:あzzz.png.jpg|0|]]
本名 二宮 和也
(にのみや かずなり)
別名 ニノ
生年月日 6月17日
没年月日 月日
出生地 日本の旗 日本 東京都葛飾区
死没地
国籍
民族
身長
血液型 A
職業
ジャンル 男性アイドル
活動期間 1996年 -
活動内容
配偶者
家族
公式サイト
主な作品
硫黄島からの手紙
受賞
備考
アイドルグループ、のメンバー
テンプレート

二宮 和也(にのみや かずなり、1983年6月17日 - )は、日本男性アイドルグループ、のメンバー。 愛称はニノ。 名前の読みは「かずや」ではなく「かずなり」である。

東京都葛飾区出身。 立志舎高等学校卒業。 ジャニーズ事務所所属。

概要[編集]

中学2年生のとき(1996年)にジャニーズ事務所に入所。 1990年代後半、ジャニーズJr.の人気絶頂期を支えた一人。 1999年、嵐のメンバーに選ばれ16歳でCDデビュー。デビュー当初から演技力が優れていたためドラマ出演などが多かった。頭の回転も速いので、メンバー内では鋭い突っ込み役として欠かせない存在となっている。

個人では主にテレビドラマ映画などで活躍。テレビドラマでは17歳の役が多く「永遠の17歳」と呼ばれることもある。

身長は168cm、体重は49kg(2005年7月)。血液型はA型で、ふたご座

参加ユニット[編集]

特徴[編集]

  • 小柄で華奢、昭和の匂いを感じさせる純日本風な顔立ちが特徴。
  • 左利き。矯正したため、字を書くのとギターを弾くのは右手。箸は左手で使う。ジャニーズJr時代、先輩のコンサートのバックを務めた際にアクシデントで左手を複雑骨折。その後遺症で握力が弱い。
  • 指が短く、丸っこい子供のような手をしている。その反動で、手の美しい女性が好み。メンバー(特に大野、櫻井)には「ハンバーグみたいで可愛い手をしている」と気に入られているようであるが、本人としてはコンプレックスに思っている模様。
  • 背中に入れた定規を折ったことがある程の酷い猫背で、矯正を強要されたこともあるが治らなかった(母親が猫背矯正ベルトを買ってきたが、結局使わなかったらしい)。しかし、後に演出家の蜷川幸雄から「背中に哀愁があっていい」と言われ、初めて自分の猫背を褒められたと喜んだ、というエピソードも。
  • 外見的には細身でひ弱そうな印象を受けるが、運動能力自体はかなり高い。野球やバック転・バック宙などのアクロバットををはじめスポーツ全般が得意。ただし持久力・筋力はあまりなく、パワー系の種目では力を発揮できない。ジャニーズ運動会2002年度MVP、2003年度優秀選手賞受賞。
  • メンバーの大野智と「大宮SK」というグループ内ユニットを組んでいる。
  • メンバーの中では最もドラマ・映画への出演が目立ち、近年は俳優としての評価も高い。その容貌から、実年齢よりもかなり若い役柄(高校生など)が多く、「永遠の17歳」と呼ばれることも。
  • 本人によると「台本は大抵、一度読んだら覚えてしまう」そうで、実際にもドラマや映画の収録現場で彼が台本を開いている姿をほとんど見たことがないと、多数の共演者や関係者が語っている。『嵐の宿題くん』(2006年11月7日)にて、鈴木紗理奈が自慢げにそう語っているのに対して「あぁ、俺もそう!」と何度も相槌を打っていた。
  • 船酔いをしやすい体質。ハワイでのデビュー会見の際のクルーザー、『嵐の技ありっ!』での屋形船、『まごまご嵐』のボート部企画や鳥人間企画、『実験SP』での紙の船など、いずれも船酔いをしてしまい身動きができなくなった。

人物[編集]

  • 性格的にはどこか冷めた所があり、頭の回転も速いので、メンバー内では鋭い突っ込み役。
  • 極端なインドア派で孤独を好む反面、心を許した人間には人懐こく寂しがりやな一面も見せる。子供っぽさと大人びたところを両方持ち合わせており、皮肉屋で、テレビや雑誌のインタビューでは滅多に本音を語ろうとしない。真顔で相手を煙に巻いてしまうことも多い。
  • 下町育ちで言葉遣いや話し方がやや荒っぽく、仲の良い人間にはストレートな物言いをするため、生意気な印象を受ける人も多いが、実際は礼儀をわきまえた好青年である。
  • 「初めて会った時からすぐにくっついてくる。そこが今でも変わらない」とメンバーの大野。大野にとって「ペットみたいでカワイイ」らしい。他のメンバーやファンからも「豆柴犬に似ている」と言われている。また同じ嵐のメンバーである相葉雅紀には、スヌーピーに似ていると言われた。
  • ある雑誌で2005年度、2006年度「ひとりぼっちが好きそうなアイドル」No.1を受賞し、記者から「おめでとうございます、ぶっちぎりですよ!」と言われた。(本人談)
  • HEY!HEY!HEY!』では「一番メンバーを裏切りそう」と評された。実際、原宿でカツアゲされていた相葉に対し、完璧に他人の振りをし通した、と面白おかしく語っていた。
  • 「僕は完璧なけちです」「先輩には必ず奢ってもらう」「だから後輩とは出会いません」(本人談)。また、第一に財布を出したことがなく、先輩には奢ってもらうスタンスで飯にのぞみ、帰りのタクシー代までせびるときもある(松本談)。それを評してダウンタウン松本に「お前はホステスか!」と言われた。
  • 極端な省エネ主義である。それもあって、無用な争いや出費はしない主義である。
  • 映画監督堤幸彦は『理由なき反抗』のパンフレットにて「現在日本の俳優の中で最も信頼のできる俳優さんと言えます」と絶賛。
  • クリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』(2006年12月9日、日本公開)(原題:LETTERS FROM IWO JIMA)にてジャニーズアイドルで初めてハリウッドデビューを果たす。2006年3月13日にアメリカロサンゼルスにてクランクイン。その演技は米ロサンゼルス・タイムズ紙などで絶賛された。
  • アニメ映画『鉄コン筋クリート』で初の声優に挑戦、監督の意向でそれが50カ国に放映される事になった。思わぬ快挙に、当時の報道陣も「ハリウッドに続きアニメ声優としても世界制覇か」などと記している。ちなみに、原作は本人が10年くらい愛読している物で、本人曰く「漫画を読んで泣いた本はこれが初めて」らしい。
  • メンバーの相葉と松本とはJr.時代からの長い付き合いである。とくに相葉とは入所当初から仲が良いとされる。Jr.時代には、ふたりでB.A.D.(Beautiful American Dreams)というユニットを組んでいた。また地味なふたりということから、Jr.内で「地味ーズジュニア」と呼ばれていたこともある。ファンからはふたりをまとめて「にのあいコンビ」と呼ばれている。
  • 嵐結成の秘話として、ハワイへ行くことが決まった際に相葉がおらず「いつも一緒に居るのに、なんで相葉を呼んでないの!」と社長に怒られた経験がある。(本人談)
  • ちなみに、嵐結成後、社長が二宮を見ながら「相葉!相葉!」と呼び、自分じゃないからと無視していたところ「なんで返事しないの!」と怒られ、「俺、二宮だもん」と答えると「あ、そう」と気まずそうにされたことがある。(本人談)
  • 今現在は、「嵐が大好き」と至るところで憚ることなく口にするくらいの嵐マニア。
  • 花より男子のオファーがメンバーの松本より先に来たが、蹴ってしまい、松本に回ったため嵐の中を回っていると思っていたと雑誌で面白おかしく語っていた。勿論これはネタであり、二宮に花より男子のオファーが来たという事実はない。また、「Love so sweet」通常版のシークレットトークでもおもしろおかしく語っていた。
  • 2006年1月、ドラマ『少しは、恩返しができたかな』の役作りのため、【アイドルの命】とも言われる髪をスキンヘッドにした。
  • メンバーは、スキンヘッド姿を初めて見た時、周りを囲んでカメラで撮影していたらしい。その様子は櫻井曰く「ちょっとした記者会見」だったそうだ。(櫻井ラジオ談)
  • ドラマ中行われたメンバーロケの際は、自分で剃れない箇所(後頭部)をメンバーが剃って番組に出るという流れになっていたらしい(櫻井ラジオ談)
  • テレビデビューは、MステのKinKi Kids「フレンズ」のバック。また、そのとき考えていたことは「タモリだっ!」とのこと。
  • 病気の役のオファーが多いため体を鍛えたことが無い。本人曰く「間違ったイメージを提供しないため」とのこと。(ラジオ談)
  • 母親の若いころにとても似ているらしく、『Dの嵐』の打ち上げの時に、メンバー(櫻井・大野)に画像を送ったとのこと。
  • 芸能界における交友関係は、非常に幅広い。そのジャンルは、俳優やミュージシャンなど多岐に渡っている。勝村政信竹中直人勝地涼郭智博小栗旬高橋克実加瀬亮東幹久亀梨和也横山裕ロードオブメジャーの北川賢一、大竹しのぶ鈴木杏蒼井優水川あさみなどがいる。
  • 2006年11月の韓国公演で韓国のファンに「11歳に見える」と言われた。(『ゲームニッキ』より)
  • 「嵐がいれば友達はいらない」と言うほど嵐のメンバーを信頼している。
  • メンバーの中でも、とにかくリーダー大野と仲がよく2人スキンシップのとりかたが異常なぐらいで気持ち悪いらしい(松本談

イスに座ろうとすると二宮の手があるらしい(大野談)

  • 以前、ザ!情報ツウで公開するビデオを櫻井が撮っていたとき、櫻井の布団の中で大野と抱き合って寝ていた。
  • 実家は車のワイパーの先の方の型を作っている工場らしい(本人談)
  • 父は日本料理の先生(まごまご嵐談)
  • 『硫黄島からの手紙』のオーデションを受けるまでクリント・イーストウッドの存在を知らなかったらしい(本人談)また、元々西郷の役のオーディションを受けたのでは無く西郷のお友達役のオーディションを受けていたのに西郷役に選ばれてしまい、台本をロスに行くまでスタッフから「渡せない」と言われ最初はドッキリだと思い込んでいた(本人談)
  • 小倉智昭に、自然な感じと言われている。これは演技や性格について評したものである。たとえば小倉へのベルリン土産でクリント・イーストウッド監督のサインをパンフレットに書いて渡したが、中にはこっそりと自分のサインと御礼のメッセージまで書いていたりと、やることも自然(HEY!HEY!HEY!にて)。
  • 本格的な曲作りのための機械を持っているらしい(本人談)

2016年のアカデミー受賞した 2016年7月7日にFRIDAYされた事判明した

趣味・趣向[編集]

  • 好きな食べ物は「安いもの」。最も知られている好物はもんじゃ焼きお好み焼きなどの粉モノ。また子供の好きなメニューに好物が多く、ハンバーグ、ミルクパン、クリームソーダなどを挙げている。
  • 嫌いな食べ物は「高いもの」。メンバーと焼肉を食べに行き、特上カルビを食べた際、帰宅後、嘔吐してしまったらしい。そのため「俺には高級すぎる」と感じ、それ以来、特上カルビ等の高いものが食べられなくなってしまった。また、嫌いな食材はしいたけ八宝菜牛乳生クリームなど。貝類も苦手で食べると必ずおなかをこわす。
  • 女の子に作ってもらえて嬉しい料理は餃子だとか。(『まごまご嵐』:本人談)
  • 作詞作曲(宅録)」「野球」「物語を書く」「フィギュアスマーフ等)収集」が趣味。特に作曲に至っては、プロが使うような機械を子供のころから使いこなすほど本格的である。
  • 弾ける楽器はギターベースピアノドラムブルースハープなど多岐に渡る。
  • 着る物にもこだわらないらしい。逆に、一度気に入った物は、ずっと着ている為、無頓着だとメンバーたちに思われている。本人曰く、「舞台以外は自分の好きなもの着ていたい。物の価値は値段ではなくどれだけ惚れ込んだか」とのこと。本人のマニア度もうかがわせる発言である。
  • 携帯の待ち受け写真を「大野智の幼い頃の写真」「相葉雅紀がシンクで入浴している写真」にしていたことがある。

ゲーム好き[編集]

  • ゲームが非常に大好きで常にゲーム機を持ち歩いている。2004年の夏のコンサートに太鼓の達人を持ってきたことをメンバーに暴露された。松本いわく「マジうるせぇ」らしい。
  • 2006年に発売されたゲームのハード3機種はすべて発売後すぐに購入。「これのおかげで家から出ないから、この先3~4年は友達が出来ない」と言っている。
  • 「We can make it!」のプロモーションビデオの撮影の時、メンバーの4人が真剣にチェックをしているに関わらず、1人でゲームをやっていたらしい。しかし、それは真剣に話を聞いてると自分の意見が生まれてきてしまうからだという。
  • アジアツアーの楽屋でもゲームをやっていたが、メンバーの櫻井がTRFの曲をコンボで聞いているため、ヘッドホンをしてゲームをしていた。
  • 小学生の頃、ファミコンのソフトを作ったことがあるとか。また、合わせてアキバ系男女2名に共通していた生徒会役員・部長なども経験していることから自らのことを「正直アキバ系だった」と言っている。(Dの嵐「アキバ系の法則」より)

2016年2月19日のパズドライベントに登場した

ペット[編集]

  • 柴犬のハルと、フレンチブルドッグのブー(ただし、姉が飼っているためなついてはいない。月1ペースで会う)、ハルは「マイガール」の発売日に息を引き取った(松本の17歳の誕生日に贈った5匹のうち、1匹だけを二宮の21歳の誕生日に貰い受けた)。

作詞・作曲[編集]

二宮自身が作詞作曲、もしくは作詞or作曲を手がけた曲(年代順)

  • カセットテープ
  • 僕が幸せでいれる場所
  • 生涯何があっても愛する人へ
  • リグレス・オブ・プログレス(KinKi Kids堂本剛との共作曲)
  • スキューンバズーカ 他(大宮SKへ楽曲提供)
  • 松本クンの唄(同メンバー松本20歳の誕生日を祝う際制作)
  • もういない…ない(詞はラジオにて公募)
  • 痕跡(「かこ」と読む。コンサート、ラジオで本人談)
  • スケッチ(櫻井翔との共作)
  • はちゃめちゃテンガロン(大宮SKへ楽曲提供)
  • ファイトソング(作曲。作詞は嵐)
  • 楽園(ラジオにて公開。ファイトソングのデモ曲。)
  •  虹 (作詞のみ)
  •  GREEN (作曲のみ、作詞は櫻井翔)
  •  Gimmick Game (作詞・作曲・編曲)
  •  大宮SKOSHI (大宮SKへ楽曲提供、作詞・作曲)
  •  愛ちゃんの唄 (24時間テレビにて、作曲のみ)
  •  5×10 (嵐として作詞、ラップ詞は櫻井翔)

出演[編集]

グループでの活動については、嵐 (ジャニーズ)を参照

テレビドラマ[編集]

1998年

1999年

第1話「case1:射手座のO型BOY」に出演
第8回「ここだったか」に出演(主演)

2000年

2001年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2010年 フリーター家買う。(フジテレビ。)2015年12月末に再放送された 2014年 弱くて勝てます(日本テレビ) 2015年 オリエンタル(フジテレビ)2014年9月15日の目覚ましで明らかになった 赤めだか(TBS)立川春役。12月28日。2015年1月22日のYahoo!で明らかなった。10月9日のワイドショーでメイキング放送された

映画[編集]

暗殺教室。(2015年及び2016年。コロ役。 暗殺教室2。死神役。2015年9月7日のジャンプで明らかになった 母と暮らして。(2015年12月12日)2014年12月17日に発表され当日のエブリ及び翌日のワイドショーで放送された。2015年11月23日のワイドショーでイベント放送された

舞台[編集]

バラエティ番組[編集]

  • ABOAB血液型性格診断のウソ・ホント!本当の自分&相性探し来年こそは開運SP (1994年12月28日、TBS)
  • 情熱大陸 (2007年5月6日、TBS)

笑い点(2014年4月5日。日本テレビ) 2014年4月11日の日本テレビのワイドショー及び翌日のズーム 夜更かし(2014年4月14日。日本テレビ) PON(不定期、日本テレビ)。2014年6月20日はトークゲスト 有吉(2014年4月28日。日本テレビ) 2014年5月1日の超報道とエブリと翌日のワイドショーヤンクミおじいちゃん放送 ズーム(2014年6月21日。日本テレビ) シュウイチ(2014年12月21日。2015年1月4日。VTR。日本テレビ) 2014年12月22日の日本テレビワイドショー 目覚まし(2015年1月9日。12月9日。12日。2016年2月23日。3月21日。26日。フジテレビ)最後の芸能とじゃんけんに登場した。オリエンタルと暗殺の宣伝した ビビッド。(2015年9月15日。12月28日。TBS. ) ワイスク。(2015年12月7日。テレビ朝日。) 夜会。(2015年12月17日。TBS. )ヤフーにバースデーの事乗っていた ブランチ。(2015年12月26日。2016年3月26日。TBS. ) あさちゃん。(2015年12月28日。TBS. ) 特種。(2015年12月30日。フジテレビ。) みんなの報道。(2016年2月22日。フジテレビ。) 暗殺教室特番。(2016年3月19日。フジテレビ。。) ホンマ。(2016年7月20日。フジテレビ。)ヤフー乗っていた ジャニーズJr.期

ラジオ[編集]

ジャニーズJr.期

CM[編集]

任天堂、(2009年から) サロン(2014年)4月17日のワイドショーで放送された ポッキー。2014年8月25日の昼帯で放送された ジャニーズJr.期

イベント[編集]

ジャニーズ事務所内の野球チーム「J2000」として参加

ジャニーズJr.期

書籍[編集]

  • 二宮和也写真集 青の炎 (2003年3月、角川書店
  • 青の炎」シナリオブック メイキングPHOTO付 (2003年3月、角川書店)

ジャンプ。(2015年3月23日)インタビュー掲載 読売新聞。(2015年12月27日。)

関連項目[編集]


テンプレート:嵐 テンプレート:B.A.D.