南原清隆

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

南原 清隆(なんばら きよたか、1965年2月13日 - )は、日本お笑いタレントで、香川県高松市出身。お笑いコンビウッチャンナンチャン」のひとり。愛称は「ナンチャン」。相方は「ウッチャン」こと内村光良。ボケとツッコミはケースバイケース。マセキ芸能社所属。水瓶座。AB型。身長174.6cm。

人物[編集]

横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校)の演劇科9期卒。1985年、同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。その際に講師を務めていた内海桂子好江を師匠に持つ。『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)出演をきっかけに人気を獲得。以後、1990年代のお笑い界をリードした「お笑い第三世代」の一翼として現在も活躍中。

色々な事に興味を持つ好奇心旺盛な性格。テレビ番組の企画では言い出しっぺのせいか周囲からリーダーを任される事が多いが、極度の「あがり症」で本番前は水を何度も飲んだり、よく嘔吐(えず)いたりする。

あまり滑舌が良くなく、仲間内から「カミカミ星人」と揶揄されることが多い。しかしひとりの仕事の時は何故か噛まない。また、屋外でのロケーションを行うと、何故かとんでもないハプニングに合うことが多い。その際のリアクションの面白さはお笑い芸人屈指(『ウンナンの気分は上々。』等でよく見られる)。かつての番組でもこれをネタにした「カミカミマン」というキャラクターを演じていた(「ウリナリ」1997.2.7放送より)。

相方の内村も憧れるきれいな手の持ち主。

出演した番組で様々な企画に挑戦。歌手ユニットの一員として、「ブラックビスケッツ(黒色餅乾 Heisebinggan)」(1997年1月~99年)、「南々見組」(1999年~2000年)、「ブランニュービスケッツ」(2000年)、「メモリーキャッツ」(2001年)、「はっぱ隊」(2001年)の一員としてCDを発売。また個人では、番組を通じて4級船舶免許ライセンスや日本アマチュアダンス協会(JADA)1級(ライセンスではない)、弓道初段などを取得。

高校時代は落語研究会に所属(当時の芸名は「想呂家はなぢ」)していたこともあり、落語に造詣が深い。「なんばらくご」と称し独演会を行った経験も持つ。また『ざこば・鶴瓶らくごのご』(朝日放送)の特別番組で「時うどん」を披露した。また2006年には狂言にも挑戦するなど、伝統芸能の分野で活動の幅を広げている。

2003年・2004年・2006年開催の「M-1グランプリ」では、お笑い第三世代代表として決勝戦審査員を務めた。

芸能界屈指のプロレスファンとしても有名。格闘技バラエティ『リングの魂』で司会を務めたほか、『全日本プロレス中継』にも数度ゲスト出演した。またかつてクイズ番組『カルトQ』のプロレスの回に回答者として出場したことがある。「一生プロレスファンでいよう」と思ったきっかけは、1976年に行われた「アントニオ猪木VSウィレム・ルスカ戦」での、ルスカが怒り狂って柔道着を脱ぎ捨てた姿に感銘を受けてから、と語っている。

また、近年は本業のバラエティ番組出演のほか、最近はスポーツキャスター、記者としても活躍。朝日新聞特別特派員を皮切りに記者活動もしており、2004年にはテレビ朝日アテネ五輪特別記者も担当した。

好物は讃岐うどん四国新聞ではコラムを書いていたほど。

またカニが苦手。番組の中で、何度かその克服に挑戦するも未だ果たされていない(1998.10.16 ウリナリ「南原カニを克服!」等)。一説には幼少期のトラウマが原因といわれている。しかし頬骨の出張った顔がカニに似ていると言われ、大河ドラマ『義経』の伊勢三郎役でも「カニ」のあだ名が付いている(『笑う犬』の大喜利コーナーで「鏡の中の自分に一言」というお題が出た時、「(顔を洗い鏡を見て)……あ、カニだ!」という回答をしている)。

不思議とジャンケンが強い。『ウンナンの気分は上々。』(TBS)では萩本欽一西川きよし吉川晃司と熱いジャンケン対決を繰り広げた。

草野球をやっており、『NANDA!?』では千葉ロッテマリーンズ小宮山悟投手の指導を受け、3ヶ月で97km/hの球速が112km/hにアップした。

時折モノマネを披露し、沖田浩之加山雄三などをレパートリーに持つ。自身の番組で『101回目のプロポーズ』のパロディドラマを演じた際に披露した浅野温子のモノマネは好評を博した。最近では自身のラジオ番組『ウンナンタイム』で中尾彬のモノマネをたびたび披露しており、『クイズ!日本語王』で中尾彬がゲスト出演した際に、「日本語は大丈夫かい?」と彼の口調を真似て競演(?)を果たした。

1993年に結婚(ジャドーズの「I Love You ~ あなたは宝物 ~」は南原へのウェディングソングとして捧げられた)。2005年3月6日に念願の男児が誕生し父親となった。

以前はタバコを吸っていたが、1998年頃にやめている(同年、HEY!HEY!HEY!ブラビとして出演の際、ダウンタウン松本に「タバコはやめたんです」と言い、松本は「あ、そうなん!?」と驚いていた)。

出演作品[編集]

以下は南原単独出演のもの。コンビとしての出演作品はウッチャンナンチャンの項を参照。

現在の出演番組・作品[編集]

テレビ・ラジオ[編集]

舞台・ライブ・イベント・映画[編集]

CM[編集]

過去の出演番組・作品[編集]

バラエティ[編集]

ほか

ドラマ[編集]

映画[編集]

舞台・ライブ・イベント[編集]

1996年

  • PIN 第1章(東京)

1997年

  • PIN 第2章(東京)
  • PIN 第3章(東京)

1998年

  • PIN 第4章(東京)

2003年

  • 研究発表会 2003 夏「なんばらくご」(東京)

2004年

2005年

2006年

2007年

  • 花だより三人会 「木久蔵きくおとナンチャンです」
  • 熱海五郎一座 狼少女伝説「TOH!」(三宅裕司演出、東京)
  • 大銀座落語祭 「ナンチャンの落語会~芝浜~」
  • 現代狂言2(東京・愛知・福岡・大阪・香川・島根) 

音楽活動[編集]

番組の企画でCDをいくつか発売している。

書籍[編集]

  • ナンチャンの何がでっきょんな (四国新聞、2005年)
  • 本←NANDA! (NANDA!?制作委員会著、宝島社、2004年)
  • GET SPORTS AC mook (栗山英樹と共著、アスキー・コミュニケーションズ、2003年)
  • 今、ここに生きる人々 (日刊スポーツ出版社、2002年)
  • 南原清隆のリングの魂 (光文社、2002年)

ものまねレパートリー[編集]

相方の内村が得意とする武田鉄矢のものまねは、実は南原が学生時代によくやっていたのをさらにまねたもの。

連載[編集]

  • 隔週土曜日『四国新聞』土曜ワイド“ナンチャンの何がでっきょんな” 2002年4月~2005年3月

外部リンク[編集]

テンプレート:ウッチャンナンチャン

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は南原清隆にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。