堀江しのぶ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ほりえ しのぶ
堀江 しのぶ
Shinobu Horie 01.jpg
プロフィール
別名
愛称
生没年月日 1965年8月18日
 - 1988年9月13日(-歳)
出身地 Flag of Japan.svg 日本愛知県西春日井郡西枇杷島町
(現:清須市[1][2]
血液型 A型
民族
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ()
身長 / 体重 162cm/ 48kg
スリーサイズ 89 - 59 - 90 cm
ブラのサイズ E
股下 cm
靴のサイズ cm
備考
活動
デビュー 1983年
ジャンル タレント女優歌手
モデル内容 水着
備考
他の活動
その他の記録
外部リンク
データベース FMDIMDb
モデル テンプレート カテゴリ

堀江 しのぶ(ほりえ しのぶ、1965年8月18日 - 1988年9月13日)は、日本女優タレント歌手。本名は堀部 しのぶ(ほりべ しのぶ)。愛知県西春日井郡西枇杷島町(現:清須市)出身[2]血液型A型

来歴・人物[編集]

市邨学園高蔵高等学校(現:名古屋経済大学高蔵高等学校)在学中[2]1983年昭和58年)、クラリオンガールコンテストで平凡パンチ・アイドル賞を受賞、黒澤プロモーション(のちのイエローキャブ)に所属する[1]。翌1984年4月25日には「ビキニ・バケーション/BOY」(キティレコード(現ユニバーサルミュージック)、作詞:売野雅勇、作曲:松田良)で歌手デビュー[1]。同楽曲は第10回日本テレビ音楽祭・新人賞部門にノミネートされている[3]

明るいキャラクターと健康的なプロポーションで人気アイドルとなり、ドラマやバラエティで活躍していた。巨乳ブームの先駆けでもあった[1]

1987年(昭和62年)頃、堀江は自ら「もう少し細くなりたい」とダイエットを試み始めていた。ところが1988年(昭和63年)の始め頃から腹痛や食欲不振などの体調不良を訴え、同年4月8日東京都内の病院に診察後、翌4月9日緊急入院した(当初の病名は「卵巣のう腫」と発表された)。しかし入院時には堀江は既にスキルス性胃癌が卵巣にまで転移した末期がんの状況で、さらに6Lもの腹水が溜まって癌性腹膜炎も併発しており、「余命2か月」との診断が下された。その後、一部週刊誌が堀江の重病説を報道していたものの、堀江が所属するイエローキャブの社長・野田義治や家族の意向もあり、堀江本人には本当の病名は最後まで告知されなかった。

堀江の病状は一旦回復し、1988年5月頃に地元の名古屋市南区中京病院へ転院。一時外出の許可が下り、母親と買い物に出るなどしていたが間もなく容体が悪化。1988年8月18日、堀江は23歳の誕生日を病室で迎えたものの、ベッドからも自力で起き上がれない状態だった。それから26日後の1988年9月13日午前4時28分、スキルス性胃癌のため死去[1][4]。戒名は「麗光貞忍大姉」[2]。また、堀江の生涯最期の言葉は「私、仕事がしたい…」だったという[2]。その言葉を聞いた野田は「しのぶ、仕事はたくさんあるからな。仕事、しような…」と優しく言ったが、堀江がそれに答えることはなかった[5]

エピソード[編集]

  • クラリオンガールコンテスト審査終了後、野田義治は堀部しのぶに名刺を差し出し「うちで仕事をしてみないか」と誘ったが、堀部は「この名刺には、労働大臣認可のマークがないので、お受けできません」と言った。野田は説明しながら「このコはしっかりしている」と思った[5]
  • 映画『』(1985年、東宝)への出演が決まったが、黒澤明の監督作品であり同作の撮影のため2年間ほかのスケジュールを入れられないことが判り、やむなく断念した[5]
  • 1986年(昭和61年)頃、テレビ番組『ビートたけしのスポーツ大将』の1コーナーとして後楽園球場で行われた野球のハーフタイムで歌を披露したことがある。
  • 幼少時より麻丘めぐみの大ファンで、堀江は麻丘に憧れて芸能界入りしたという[6]。麻丘とは1987年にTBS系ドラマ『すてきな三角関係 壁際族に花束を』で共演した。
  • 毎度おさわがせします』(TBS)で共演した板東英二や『ザ・テレビ演芸』(テレビ朝日)で共演した横山やすしからは、娘のようにかわいがられていた。
  • 堀江はどんな仕事でも嫌がらず積極的にこなし、ほとんどの女性タレントが生理時にはNGとしている水着グラビア撮影も対策を講じ積極的に撮影に臨んでいたという。水着グラビアのモデルとしての最後の仕事は平凡パンチのグラビアであった。
  • 堀江が息を引き取った時、野田は堀江の父親から殴られ、母親からなじられることを覚悟していたが、堀江の両親は深々と頭を下げ、「野田さん。長い間、ありがとうございました」と言われたので、野田はかえって切なさで胸が締めつけられた。堀江の両親に横山やすしから電話が入り「どうか気を落とさんようにしてください」と優しい声で言った。芸能関係者で一番早く電話をかけてきたのが横山だった[5]
  • 細川ふみえは芸能界に入る前、堀江しのぶの大ファンであり、堀江の訃報をテレビで知った時、声をあげて泣いた[5]
  • 堀江はスキャンダルには無縁であった。父親と母親も、娘は恋を知らぬまま逝ったと思っている[5]

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

クイズ番組[編集]

バラエティ[編集]

情報番組[編集]

歌番組[編集]

CM[編集]

音楽[編集]

シングル
  1. ビキニ・バケーション (1984.04.25) キティ
    (c/w) BOY
  2. 傷心 (1984.09.25) キティ
    (c/w) 渚のメモリー
  3. 地下鉄マドンナ (1985.04.21) 日本コロムビア
    (c/w) 唇に涙
  4. タンゴゲーム (1987.04.06) トーラス
    ※テレビドラマ『毎度おさわがせします』挿入歌
    (c/w) ペパーミントタイム
アルバム
  • これで少女にGood bye! (1985.6.21) 日本コロムビア
    • 地下鉄マドンナ/おとといおいでよ/四角い太陽/ヴァージンじゃない/爪を噛むほど泣いた/ヴィヴァルディを聞きながら/マニキュアを選んで/ニール サイモンに憧れて/ずるいわ TELEPHONE/唇に涙

書籍[編集]

写真集[編集]

  • もっと大胆に、もっとショキングに(1984年、講談社
  • あっ夢感(1986年、ワニブックス
  • 大胆素敵(1986年、リイド社)
  • SO SEXY(1986年、近代映画社
  • 20歳のわたしをあげる(1987年、講談社)
  • しのぶあい(1987年、近代映画社)
  • 穏やかな時(1988年、講談社)
  • AMENITY(1988年、大陸書房)
  • 堀江しのぶ―マドンナメイト写真集(マドンナ社、1986、ISBN 4576861255

演じた女優[編集]

小阪由佳
映画『巨乳をビジネスにした男』

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.87.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 サンデー毎日 1988年10月2日号 30 - 31頁
  3. 第10回「日本テレビ音楽祭・決定最終ノミネート(新人賞部門) 80年代アイドル☆ピンク・レディー☆昭和TVワンダーランド
  4. 「堀江しのぶさん、23歳の死」読売新聞1988年9月13日夕刊19面。
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 5.5 『巨乳をビジネスにした男 野田義治の流儀』大下英治 2008年 講談社 ISBN 9784062146586、59頁、13~14頁、24~27頁、60頁、129~130頁、64・113頁
  6. みうらじゅんの著書『みうじゃん』掲載の対談より。
  7. 『プリンツ21 みうらじゅん ひとり大宴会』プリンツ212000年2月、p.84

外部リンク[編集]