富山テレビ放送

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

富山テレビ放送株式会社(とやまテレビほうそう)は、富山県放送対象地域とする放送局である。略称はBBT。英名はTOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd.

概要[編集]

  • 開局当時の略称は基幹局のチャンネル番号(34ch)を用いたT34であった。現在の略称は"Best Being Toyama television"から来ている。(さらにその後、Best Being からBest Broadcastに変更)
  • 局キャラクターは"ビーちゃん"。BBT星B国B県T市出身の1994年1月1日生まれという設定。
  • かつて、BBT(当時はT34)の社屋横に、大きな電波塔があったが、現社屋増改築で6階の屋上に電波塔が設置されたため、役割を終えて取り壊された。開局からCI導入までは「T34(後に当時の後述するマークに変更) 富山テレビ」という赤いネオンサインが縦に取り付けられていた。
  • 富山テレビ」のロゴはCI導入時のロゴ(つまりは現行のもの)で3代目。初代は開局時から用いられた物で、2代目は現行のロゴより若干太めにデザインされている。県内に設置されている中継局の表札に用いられている「富山テレビ」のロゴの大半は2代目の物である。
  • CI導入まで太陽と山(立山かと思われる)をそれぞれ赤い円と緑色の扇形で表わしたマークが存在した。ちなみに、CI導入までのオープニング映像はBBT局舎(旧社屋)をバックにそれが画面中央から飛び出してくるものと初代ロゴで締めくくられていた。

沿革[編集]

ネットワークの移り変わり[編集]

主な番組[編集]

現在放送中の番組[編集]

過去に放送された番組[編集]

アナウンサー[編集]

男性[編集]

女性[編集]

かつて在籍したアナウンサー[編集]

その他

オープニング/クロージング ステーションID紹介[編集]

アナログ[編集]

開局1969年4月1日1989年10月頃(フィルム映像、ナレーションは無い。)
  • オープニング

立山からの日の出→雷鳥や雪融けなど、富山の春の風景→呉羽山から見た1969年当時の富山市街→旧局舎をバックにロゴマークと「富山テレビ」のロゴがズームアップ。

  • クロージング

交通安全などの啓発の静止画→富山市街の大通りの夜景→噴水(赤く見える噴水をバックに甲高いバイオリンの音が流れる)→T34の送信塔からコールサインがズームアップの後、映像出力などがテロップで表示→ブルーバックとなり「T34」のマークと親局のチャンネル、各中継局のチャンネルのテロップが表示。

1989年10月頃~CIロゴ変更直前1993年12月31日(VTR映像、ナレーションはオープニングのみある。)
  • オープニング

朝焼け(?)の背景に旧ロゴがズームアップ→旧ロゴの部分に雷鳥や雪解けなどの春の風景→海岸の空撮→羽ばたく鳥→2人の早朝ランニング風景→日の出のシーン→それを見つめる2人→走り去る2人を背景に、コールサインと「富山テレビ放送」のテロップ

  • クロージング

BGMは初代と共通であるが、映像は新規製作。

1994年1月1日2008年5月頃

CIロゴ変更と同時に使用開始されたため、BBTのロゴを前面に押し出したものである。

  • オープニング

ホワイトバックにBBTロゴのムーブメント→ロゴが右上に移動→立山の雪渓に差す朝日→雪解け水が流れる川→木漏れ日→青空をバックにロゴが中央にズームアップ→コールサイン、局名の表示とアナウンス

  • クロージング

城址大通りの夜景に月の合成映像(これをバックにコールサイン、局名の表示とアナウンス)→銀河系にBBTのロゴ入り宇宙船が向かうCG映像に映像/音声出力のテロップ→宇宙船が画面右上方向に飛んだ後中継局チャンネルのロールテロップ→テロップが流れ終わるころ3つの流星が手前に流れる→BBTロゴがムーブメントし銀河に吸い込まれる

デジタル[編集]

2006年10月1日?~2008年5月頃
  • オープニング

日の出→雨晴海岸に弁慶岩→ヤドカリ→水草→花畑→呉羽山から見る富山市街

  • クロージング

水面に水滴→桜→富山湾から見る立山連峰(画面下にコールサイン・局名表示)→虹がかかった黒部湖→夕日

アナログ/デジタル共通[編集]

2008年5月以降
  • オープニング

雨晴海岸と弁慶岩の向こうに立山連峰(おはようございますのテロップ)→日の出をクローズアップ→を局キャラクターのビーちゃんが神通川の堤防でジョギング(コールサインと局名のテロップ)→呉羽山から見る富山市街→富山テレビ本社送信塔→局舎

  • クロージング

局舎からビーちゃんが出てくる→夕日に染まる立山(コールサイン、局名テロップ)→ビーちゃんが神通川の堤防で散歩→川の対岸に夕日→それを見つめるビーちゃん→カモメ→歩き出すビーちゃん(おやすみなさいのテロップ)

    • アナログのみOP前のカラーバー時にデジタル放送移行の案内が表示される。また、カラーバーが新デザインになったことにより、デジタルでもOP前・ED後にカラーバーが表示されるようになった。

時刻出し[編集]

(月~金)放送開始~とくダネ終了まで、Youドキッ!たいむ放送中に表示。
(土)放送開始~めざましどようび終了まで表示。
(日)放送開始~報道2001終了まで表示。
  • 切り替え方は、アナログ:クロスカット、デジタル:フェードイン/フェードアウト(切り替え部分だけでなく時刻全体が1分毎に消えるタイプ)。
  • 天気ループは朝のみ、CM中、天気予報中および買物番組、とくダネを除く全ての時間に表示。
  • カスタムフォント表示は、めざましテレビめざましどようびの時のみ全放送局共通のものを使用する。
  • 時刻出しは、平日と土曜日、日曜日で表示する位置が違っている。これはめざましテレビなどのカスタムフォントに配慮したものと思われる。
  • マスター更新以前は、興和フォントを使用していた。

事件・事故[編集]

放送事故[編集]

BBTは富山県内の放送局でも放送事故の多い局である。

  • 報道特番が放送された時はマスター室が混乱するためかよく分からないが、フジテレビのスポットCMがそのまま放送されたりしていた。この頃はそのような放送事故を起こさないように報道特番の場合、マイクロ回線の本回線(スポットCMなどそのまま放送されている回線)を使わず別回線(CMなどは流れていないがスタジオの映像などが流れている)を使っていた。
  • 2004年10月27日に発生した新潟県中越地震での土砂崩れ現場からの子供救出を特番で放送した際にも放送事故を恐れて別回線を使い放送したために東京でスポットCMが流れている時間にBBTではこの特番を担当したフジテレビの山中秀樹アナ(ちなみに第1報は境鶴丸アナ)がスタッフと打ち合わせしているスタジオの様子がそのまま流れてしまい、視聴者から苦情が出た。
  • 2005年7月2日、前日からの大雨による増水で軽トラックが川に転落、立山町の男性が行方不明になった。同日昼のFNNスピークで現場からの生中継が行われたが、波多江良一アナのリポート中に音声や映像が乱れるなど混乱。最終的には「このあと富山からお伝えします」と言うスーパーの入ったローカル向けの映像を全国に向けて数秒ほど放送。そのまま映像は回復せず中継は打ち切られた。
  • 2006年11月11日に放送されたたけしの日本教育白書の20時54分頃のFNNレインボー発(BBTはOPを差し替え)が終了後天気予報を放送する予定が21時台に控えていた提供CM(NTT西日本のCM)を先に放送してしまい30秒CM終了後フジテレビのスポットCMを放送。その後に東京から天気予報を放送する。(通常は富山から天気予報を放送する予定だった)次のスポットCMは富山市内の夜景を放送。そして提供枠ではNTT東日本のCMが流れてしまった。(富山県はNTT西日本エリアの為前途に記述した理由で放送した)なお今回の放送事故は地上Dマスターに変わってから初めての事故である。

その他の出来事[編集]

  • 2007年1月20日に富山市内で行われたBBT主催のイベント「全国ラーメンまつりと日本海の味」の会場で、ユニセフへの募金を行った来場者を対象にしたキャンデーのつかみ取りコーナーで使用されたキャンデーが2006年12月31日賞味期限が切れていたことが当日夕方、参加者からの連絡で明らかになった。BBTがメーカーへ問い合わせた結果「健康には問題ない」との回答を得たが、参加者からは「不安だ」などの電話があったという。キャンデーは、約30名に約800個配布された。BBTでは、1月23日に、自社ニュース及びwebサイトで事実を公表、回収を呼びかけている。BBTwebの「お詫び」を見ると、1月29日現在、16名から連絡があり、382個を回収していると記載されている。

その他の関連会社[編集]

脚注[編集]

  1. 放送開始当初は、おそらく新潟総合テレビでも放送されていたが、1970年代にテレビ朝日(当時の日本教育テレビ)の時代劇の同時ネットによって打ち切り。現在は、「スマイルスタジアムNST」を放送中。
  2. 1981年9月までは、石川テレビでも放送されていたが、スポンサー(塩野義製薬)の事情により同年9月で打ち切られ、同年10月以降同番組は、放送されなくなった。現在は、「カフェ・ド・シネマ」、「チョナン・カン」を放送中。

その他の富山県の放送局[編集]

外部リンク[編集]

  • BBT WEB 富山テレビ放送公式サイト

このページは Wikipedia日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事は富山テレビ放送にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。 Yourpediaと同じく、WikipediaGFDLのライセンスで提供されています。 コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。