小瀬新太郎

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

小瀬 新太郎(おぜ しんたろう)は、幕末から明治初期の尾張藩士。早くから徳川慶勝に近侍し、文久2年(1862)に慶勝が復権した後、国政に参与した。明治維新の後、1875年に尾張徳川家の家令となった。

経歴[編集]

幕末[編集]

安政5年(1858)7月に名古屋藩主・徳川慶勝幕府によって幽閉されたとき、小瀬は江戸にいて、目付を勤めていたが、辞職して名古屋ヘ帰った[1]

文久2年(1862)9月、徳川慶勝が復権すると、小瀬は小納戸頭取となり、弟で当主の小瀬玄同を扶けて働いた[1]

同3年(1863)正月、玄同に従い、上京[2]

同年2月、将軍が上洛し、玄同が江戸の留守を預ることになったため、玄同に従って江戸へ行く。このとき、外国償金の事について、老中たちが玄同に事を決定させようとし、小瀬は近松矩弘と共に諫めたが、聞き入れられず、退任して名古屋ヘ帰った。[3]

暫くしてから、玄同に召喚され、再び江戸へ。同年5月、玄同に従い上京。その途中で玄同が病に罹ったため、上京を中止し、名古屋に留った。[3]

元治元年(1864)、側用人となる[3]

明治維新後[編集]

1875年(明治8)11月、徳川慶勝の家令となる[4][5]

明治某年、病死[3]

家族[編集]

評価[編集]

  • 中村 (1910 37)は、小瀬は、性格は謹厚温雅で、早くから勤王の志を抱き、文久年間に藩主の近侍に撰ばれ、兄弟でも協力しあった。その後、藩政に参与すると、田宮如雲と共に力を尽して知事の藩主・徳川義宜および慶勝を輔翼し、国政に勤めた。その功績は少なくない、と評価している。[3]

付録[編集]

関連文献[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]