戸塚宏

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

この人物は虐待やいじめやパワハラや暴力を支持する日本の恥です!


戸塚 宏(とつか ひろし、1940年9月6日 - )は、日本の各種学校経営者。戸塚ヨットスクール校長・ヨットマン。元受刑者。愛知県出身だが、出生は朝鮮咸鏡北道清津市

名古屋市立菊里高校名古屋大学工学部機械工学科卒。在学中にヨットに出会う。

来歴[編集]

人物[編集]

収監前の記者会見では「出所後は私立小学校を開設したい」と抱負を述べていたが、出所後に静岡駅で支援者とともに会見した時には、ヨットスクールを続けていきたいと語った。

反戸塚ヨットスクールキャンペーンの先頭に立った『サンデー毎日』の毎日新聞社を猛烈に憎んでおり(逮捕を報じた号では手錠をかけられて護送される写真が表紙を飾ったこともあった)、同社の取材には一切応じない、との説もあったが、毎日新聞は出所直後の静岡市内での記者会見の内容(「体罰は教育だ」などの発言)をいち早く報じている(支援する会のウェブサイトには以前、取材拒否する旨の記載があった)。義家弘介と激しく対立する。

著書[編集]

関連項目[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は戸塚宏にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。