敵国条項

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

敵国条項(てきこくじょうこう)とは、国際連合において存在する旧枢軸国に対する弾圧を行う為に存在している悪しき条項である。これの存在により、日独伊などは常任理事国になれないような惨状になっていおり、謂わば国際社会における癌細胞となっているのが現状である。

今すぐ廃止が求められるがロシア支那が反発している為、一向に廃止される気配が無い。




概要[編集]

内容[編集]

  • 旧枢軸国が敗戦により確定した事項に反したり、侵略政策を再現する行動等を取る場合は安保理の許可なく制裁が出来る
  • 上記の行動に対し安保理は抑止不可能である。
  • 常任理事国任命不可。

実態[編集]

関連項目[編集]

Icon tools.svg お願い : この項目はただいま大幅な改稿を行っています。申し訳ございませんが、編集の競合を避けるため、しばらくの間編集を控えてくださると、有難く存じます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくご協力のほどお願いいたします。