新左翼 (日本)

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

日本の新左翼(しんさよく)とは、日本での「新左翼」と呼ばれる政治思想や政治運動、政治勢力のこと。

1960年代以降に欧米などの先進国と同様に、日本でも従来の日本共産党日本社会党などを「既成左翼」と呼んで批判し、より急進的な革命や暴力革命を掲げて、直接行動や実力闘争を重視した運動を展開した諸勢力が、特に大学生などを中心に台頭した。特に安保闘争ベトナム反戦運動などに大きな影響を与えたが、70年安保以降は内部の内ゲバや爆弾闘争などのテロリズムもあり、影響力は低下した。

「新左翼」とは総称であり、多数の党派や支持者を含み、その定義や範囲は立場によっても変化する。反政府、反帝国主義、反共産党スターリン主義批判などの基本路線では一致していたが、イデオロギー的にはアナキズムマルクス主義レーニン主義トロツキズム毛沢東主義)、構造改革派などの幅をもつ。

概要[編集]

日本においては、ヨシフ・スターリンが創設したコミンテルン(第三インターナショナル)日本支部の系譜であった日本共産党による方針や、同党の二段階革命論及び一国社会主義論日本社会党平和革命論を拒否し、独自の社会主義運動を追求すると主張した。

コミンテルン系譜の共産党を、スターリン主義として批判する立場に立っているタイプは、「一国社会主義」を掲げるヨシフ・スターリンと敵対し、「世界革命」を主張したレフ・トロツキー(トロツキズム)の復権や、「真のマルクス・レーニン主義」あるいは「反スターリン主義」を思想的旗印にする(主に革命的共産主義者同盟系各派、あるいは共産主義者同盟系各派)。また、スターリン主義発生のルーツをレーニン主義にまで遡って批判する解放派は、「前衛党指導主義」を批判し、「大衆の自然発生性」を評価した「ローザ・ルクセンブルク主義」を掲げている。新左翼は、理想主義的ラジカリズムを掲げ、社会党・共産党の「議会革命」方針に「暴力革命」を対置・強調した。

新左翼の運動は、世界的に「ステューデント・パワー」が高揚した1968年を頂点に一定の大衆的支持を得たが、70年代に入り支持が離れていくにつれて、爆弾闘争などのテロリズムと激しい左翼運動内部の抗争(いわゆる内ゲバ)を繰り広げていくことになる。

また、共産主義が持つ「独裁主義体制」を批判し、共産主義的新左翼の側からは「反共的極左」と呼ばれる無政府主義アナキズム)が存在し、共産主義者と抗争を繰り返した。彼らは、カール・マルクスと敵対したミハイル・バクーニンの影響を受けている。

日本の新左翼の歴史[編集]

前史[編集]

スターリン批判とハンガリー動乱[編集]

1956年ソ連共産党第20回大会において、全ソ労評議長としてスターリンに仕えたニキータ・フルシチョフ党第1書記が、スターリンの独裁・個人崇拝・粛清を暴露し(スターリン批判)、国際共産主義運動の玉座から引き摺り下ろした。日本共産党をはじめとする西側の各共産党指導部は、この批判に対して無反応であった。しかし、各国共産党内のとりわけ青年・学生部分は重大事と受け止め、1956年のハンガリー動乱の衝撃によって、急進的な学生を中心にコミンテルン直流の共産党からの訣別が加速されることになった。日本でも、黒田寛一太田竜らが、それまで在籍した共産党から訣別して、1957年日本トロツキスト連盟(58年に革命的共産主義者同盟に改組)を結成した。しかし、トロツキスト連盟組織内部において、トロツキズムを受容し国際組織第四インターナショナルに加盟することを主張するグループ(太田竜、西京司ら)と、「トロツキズムを乗り越えた新しい体系=反スターリン主義による前衛党建設」を主張するグループ(黒田寛一、本多延嘉革命的共産主義者同盟全国委員会派)に分裂していく。

1960年代[編集]

ブントと1960年安保闘争[編集]

一方、同時期である1955年に日本共産党は第6回全国協議会(六全協)を開催し、中国革命に影響を受けた「農村から都市を包囲する」式の武装闘争路線を正式に放棄した。これに不満を持つ学生党員は、1958年共産主義者同盟(ブント)を結成し、「暴力革命」路線を掲げた。

1959年岸信介内閣が日米安全保障条約の永続化を目指すと、普段は政治と接点のない一般国民の間からも激しい反発の声が上がった。日本社会党・日本共産党が、突出した闘争で支持者が離れることを恐れて請願デモしか行わない中、共産主義者同盟(ブント)に結集した全日本学生自治会総連合は、国会突入などの実力行使で一部の国民から喝采を浴びた(60年安保闘争)。「闘わない既成左翼、闘う新左翼」とは、この頃新左翼の側から発生した表現である。

安保闘争は連日数十万人のデモが国会を包囲する未曾有の高揚を示したが、日米安全保障条約は成立。一方で岸内閣は総辞職する。共産主義者同盟(ブント)は「条約成立を阻止できなかった以上、運動は敗北であった」と総括し、四分五裂の分裂を開始することになる。

革共同全国委の分裂と革労協の形成[編集]

1963年革命的共産主義者同盟(革共同)の第3次分裂が起こり、いわゆる中核派革マル派が成立する。また、1965年には、日本社会党の青年組織である社会主義青年同盟の武装闘争派が公然たる分派として「解放派」を名乗り、1969年革命的労働者協会(社会党社青同解放派)(革労協)を結成した。

中核派と革労協が、大衆運動および実力行使を重視するのに対し、革マル派は組織形成と理論・党建設を重視するなど、路線が対極をなしていた。革マル派は「他党派の解体が自派の拡大、ひいては革命運動の前進につながる」といった論理で他党派の活動家を襲撃し、それに対して他党派も報復したため、次第に「内ゲバ」が激しくなった。

全共闘運動[編集]

日米安全保障条約は、10年ごとに更新されることになっており、1970年の更新が迫っていた時期に更新を阻止すべく、あるいは学生管理に抗議し(学園闘争)、あるいは1972年に迫った沖縄返還を問題視して、新左翼諸党派は、全学共闘会議(全共闘)に介入していく。全共闘はアナキストに近いノンセクト・ラジカル(急進的無党派)色の強い運動だったが、運動に党派の力学が介入し、それに応じて党派の主導権争いが激しくなった。

1970年代[編集]

アナキストの新展開[編集]

アナキストは戦後は日本アナキスト連盟が存在したが、広報以外にさしたる活動もしておらず、個々の活動家やグループが各地に活動組織を形成していた。結社的、サークル的傾向の関東・東京のアナキストに対して、より活動的だったのは関西のアナキストであった。アナキストに多い小結社志向を越えて、1969年に黒色ブントと呼ばれた統一組織としてのアナキスト革命連合 (ARF) を結成し、対権力や対マルクス派新左翼諸派の中でも、精力的な組織的活動を展開した。

ブントの分裂[編集]

1970年、日米安全保障条約は自動更新され、学園闘争も当局側が勝利し、一般学生は急速に運動から離れて行った。学生運動においても、中軸的存在である共産主義者同盟(ブント)が、革命戦争路線の赤軍派を最左翼に、それと正反対の叛旗派情況派(後の遠方派)を最右翼とし、戦旗派(荒派)、烽火派、その他(神奈川県左派、南部地区委員会の合同による蜂起派(連合戦旗派)等)へと分裂し、四分五裂状態となる。

内ゲバ、連合赤軍、爆弾闘争[編集]

1972年以降、中核派革労協革マル派の内ゲバが約100人の死者を出すまでに激しくなった。また、赤軍派の流れをくむ連合赤軍がの12人もの仲間を「粛清」の名の下に殺す山岳ベース事件を起こし、最後にはあさま山荘事件を起こす。そのため一般学生の運動離れが決定的となる。地下に潜った一部の黒ヘルの過激グループは、東アジア反日武装戦線を結成し、爆弾闘争を計画、一部を実行し多数の死傷者をだした(三菱重工爆破事件など)。爆破計画の多くは、構成員の逮捕などにより、未遂に終わった。

その後[編集]

学生自治の伝統のある大学では、1990年代半ばまで新左翼が一定の影響力を残したが、近年では大学側が攻勢に出て排除される場合が多い。「自治会」側が大学側の攻勢にほとんど対抗しえていないのは、「内ゲバ」をこととする新左翼諸党派による大学の暴力支配(他党派の活動家やノンセクト活動家などを暴力的に排除することが日常的に行われていた)や新左翼自身のテロや殺人を行ってきた「負の歴史」によって、一般学生の支持を失っていることが最大の原因と思われる。

1990年代に入り、ソ連などの「社会主義国家」群崩壊によって、その内部事情が明らかになるにつれ、組織・運動から離れていった者も少なくない。21世紀に入ってからは高齢化という問題も浮上した。新左翼諸派はさらなる孤立化を防ぎ、若手の獲得のため非合法活動を控え、ソフトな合法活動に力を入れているのが最近のすう勢である。若手獲得・組織拡大の具体的方法には、セクト色を隠し労働組合や市民運動を通しての組織拡大、地方議会への進出、青年組織を再建しその拡大に重点を置くといった方法がある。中核派が、同派と関係のある「つくる会の教科書採択に反対する杉並親の会」を通して、2005年に反対運動を繰り広げたことや、2004年に開催された「11.7全国労働者総決起集会」で、過去最高の約2,350人を動員した(平成17年 警察白書より)ことなどはその代表例と言える。また、革マル派はセクト色を隠し、同派系の団体を通しての反戦運動・反基地運動に取り組んだり、同派と関係のない他団体が主催する集会に参加したりしている。

地方議員を抱えている党派は中核派、日本労働党緑の党(三橋派)、市民の党(旧「MPD・平和と民主運動」「大衆党」「平和:市民」)、日本共産党 (左派)(「人民の星」派)、旧共産主義労働者党など。旧社会主義労働者党や旧マルクス主義青年同盟も国政選挙や知事選挙に出馬したが、当選者を出すには至らなかった。現在では新左翼各派は独自の候補者を出馬させることは少なく、社民党などの既成左翼の候補者を支援することが多い。(ただし、日本共産党を支持することは滅多にない)

なお、新左翼が使用する基本的外国語は、ドイツ語だった。例、パルタイ、ブント、ケルン、ゲヴァルトetc。これはマルクスとエンゲルスがドイツ語を使用し、またマルクスと関係の深い哲学がヘーゲルをはじめ、ドイツ観念論ヘーゲル左派などドイツ系の哲学であり、原書がドイツ語だったことによる。英語の使用頻度が高くなるのは、日本赤軍など海外で活動するグループの登場以降である。新左翼における文法語学から、実用語学への転換ともいわれる。

新左翼からの転向[編集]

左翼から右翼へ転向する者は古今東西に存在するが、日本の新左翼にも共産主義を放棄して、新保守派へ転向する者が存在する(マルクス主義青年同盟民主統一同盟など)。新左翼運動から環境主義運動へ軸足を移す者も多い、いわゆる赤から緑へと言う傾向である。共産主義者同盟ブント)の戦旗日向派は市民団体ブントへと改称し共産主義を放棄しNGOを名乗っている。

また、一部はオカルト界にも進出し、オウム真理教を台頭させる土壌作りを果たすことにもなった。(詳細については日本原住民論反日亡国論を参照)

主な新左翼党派[編集]

1960年代は5流13派、それ以降は無数の党派が生まれた。 5流とは、革共同系、共産同系、社青同革労協)系、構改派系(ソ連派も含まれる)、中国派系。

革共同系[編集]

共産同系[編集]

社青同(革労協)系[編集]

構改派系[編集]

中国派系[編集]

アナ革連(ARF)系[編集]

出典[編集]

  • 高沢皓司・高木正幸・倉田計成 『新左翼二十年史-叛乱の軌跡』 新泉社、1981年8月
  • 高木正幸 『新左翼三十年史-年表・系図・索引付』 土曜美術社、1988年11月
  • 立花隆 『中核VS革マル(上・下)』 談社〈講談社文庫〉、1983年
  • 警察庁 「平成17年の警備情勢を顧みて―回顧と展望-」『焦点』272号、2006年
  • 警察庁 「平成16年の警備情勢を顧みて―回顧と展望-」『焦点』270号、2005年
  • 警察庁 「警備警察50年-警備警察50年 ~現行警察法施行50周年記念特集号~」『焦点』269号、2004年
  • 警察庁 『昭和63年警察白書―「テロ、ゲリラ」の根絶を目指して』 1988年

関連項目[編集]