日本国憲法第1章

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

日本国憲法 第1章は、天皇および国民主権について規定している章である。

構成[編集]

解説[編集]

この章は日本独特の章である。天皇を君主であると解釈したとして、このように君主について憲法で規定している国は日本以外にあまり見当たらない。立憲君主制の国として、イギリススウェーデンが挙げられるが、どちらの国も統一的な憲法典は存在していない。

本章は、天皇と題する章であり、当然天皇に関する事項が規定されているが、日本国憲法の基本原理の一つとしての国民主権について第1条に規定される点が重視されている。

関連条文[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


日本国憲法
全文 : 新字体(総務省・法令データ提供システム) | 原本(国立公文書館)
上諭 | 前文 | 第1章 天皇 1 2 3 4 5 6 7 8 | 第2章 戦争の放棄 9 | 第3章 国民の権利及び義務 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 | 第4章 国会 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 | 第5章 内閣 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 | 第6章 司法 76 77 78 79 80 81 82 | 第7章 財政 83 84 85 86 87 88 89 90 91 | 第8章 地方自治 92 93 94 95 | 第9章 改正 96 | 第10章 最高法規 97 98 99 | 第11章 補則 100 101 102 103
関連項目 : Category:日本国憲法 | Template:日本国憲法


このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は日本国憲法第1章にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。