樋田昌志

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

樋田昌志(とよだ まさし)とは、マルチビジネス事業家・宗教ビジネス家である。


概要[編集]

マルチビジネス事業家

宗教ビジネス家

死体盗撮マニア

YouTuber

事業展開[編集]

株式会社アザレ長野中北本舗(化粧品対面販売業)

サイバーオペレーション株式会社(チラシ・DVD等販売)

株式会社雄國舎(峯國舎)

思想・宗教[編集]

日蓮正宗長野県妙相寺(折伏推進委員長)

生い立ち[編集]

  • 1959(昭和34)年10月16日、長野県に生を受ける。
  • 中学時代から長野県上諏訪町から長野県長野市に移住した。

長野県上諏訪町出身。長野高校、多摩美術大学卒業。

八王子日蓮正宗法忍寺にて日蓮正宗・創価学会に入信。

  • 元々は多摩美術大学の学生で、画家を志していた美大生であった。

(樋田昌志が描いた絵画はtoyoda.tvホームページ内で閲覧することができる。)


  • 1981(昭和56)年ごろ、福生で創価学会組織につかずに、独自に折伏活動を活発に展開している不思議な老人・峯岸純に出会い衝撃を受けたと本人が述懐している。


  • その後峯岸老人の死去と共に長野に帰郷。当人は創価学会組織に違和感を感じつつ、つかず離れずの状態が続く。


  • 1990(平成2)年春、池田大作の同時放送を聞き激しく疑問に思う。平成2年暮れの日蓮正宗と創価学会の宗創勃発によって、長野県長野市の日蓮正宗・妙相寺に通う。


  • 1991(平成3)年11月、日蓮正宗から創価学会へ解散勧告が出されると同時に脱会し、日蓮正宗・妙相寺法華講員になる。

活動[編集]


toyoda.tvでは、もっぱら折伏配布用チラシと動画をDVDとして焼いたものを販売しており日蓮正宗を利用した宗教ビジネスがメインである。



日蓮正宗の信仰は比類なき信心と評される程の強信者である一方、日蓮正宗を食い物とした樋田昌志のビジネスモデルは各方面から多くの批判の声があがっている。

樋田昌志の趣味・特技は、多摩美術大学で学んだ絵画テクニック、音楽バンドの結成、スキー、空手、登山等の経験がある。


[kaza:na]

2000年代中頃、古澤正信とデュオを結成し、kaza:naという音楽ユニット名で活動。月に一度、FMぜんこうじでパーソナリティーを勤めたこともあった。


Kaza:na メンバー紹介

樋田昌志: 外見は硬派だが、意外に繊細な曲を書く。Guitar歴は長く安定した演奏がliveでは魅力。他にPiano、base、keyboard、Arrangeなどをこなす。


古澤正信 なかなかのいい男。心地いいRhythmでのGuitarstrokeが持ち味。ひろみGoのそっくり物まねが上手い。


出演情報: 毎月第一土曜日お昼12時〜 FMぜんこうじ 表参道パワーステーションにレギュラー出演していた。


kaza:naの楽曲は、着うたサービス開始時の5000曲に選ばれた事がある。



[toyoda.tv立ち上げ以降の活動]


YouTubeに動画をアップして以降、その切れ味鋭い絶倫の弁舌で創価学会員をはじめとした他宗教信徒を法論で破り続けるなど破竹の快進撃を続けていた。


しかし2011年7月に東京都中野区で行なわれた中野法論で、創価学会員に敗北を喫してしまうにとどまらず、自分勝手な言い訳をし醜態をさらしている。


その後、2013年に大阪府羽曳野市議選に「河内のターザン」の異名を持つ元公明党現職市議、新岡武志氏を擁立、選挙戦を指揮し支援するも新岡氏は最下位で落選してしまった。


その際、当時の妙相寺住職・石岡雄哲と信徒十数名を伴い羽曳野市にある応神天皇陵に塔婆を持参して市議選勝利を祈念している。


この件は日蓮正宗宗門からも非常に問題視されており日蓮正宗宗門内からも批判的な声があがっている。 創価学会・顕正会からは格好の日蓮正宗への攻撃材料となっている。


また、この直後、前妙相寺住職・石岡雄哲氏が逝去しており一部の妙相寺関係者からは、その死因について再度検証する必要があるのではないかとの声もあがっている。



[事業]

本業は長野県長野市三輪二丁目の株式会社アザレ長野中北本舗代表取締役社長。

所在地は長野県長野市三輪二丁目

4階建ての自社ビルを所有している。


代表取締役社長を勤める傍ら(社長業は1年のうちマルチ商法の商流上位に君臨するため2%ほどしかやっていないとの本人の談話あり)、日本全国を回り折伏勧誘や対面対論に精を出す。


なお、株式会社アザレ長野中北本舗の従業員の2/3は、日蓮正宗法華講員であり、樋田昌志の全国行脚を応援しているとの事。


株式会社アザレ長野中北本舗立ち上げ前、勤めていた会社に分裂騒動があり、9割の社員が別派閥に加担するなか樋田は1割の派閥につき、会社の分裂騒動を収め、会社を建て直した。9割の派閥に加担した社員は瓦解した結果、会社を去っていった。


株式会社アザレ長野中北本舗立ち上げ時、銀行員を説得し、多額の融資を銀行から取り付けた。樋田は融資をきちんと返したとのこと。 なお、樋田の融資を担当した銀行員はその後本店に栄転したとの事。


株式会社アザレ中北本舗自社ビルと同じ所在地にある、toyoda.tvの頒布DVDや折伏用のポスティングビラを扱うサイバーオペレーション株式会社という会社の代表取締役も樋田昌志が務めている。役員は妻や息子、娘が務めるファミリーカンパニーである。


他にも、株式会社雄國舎(雄國舎の「雄」は石岡雄哲元妙相寺住職(故人)にちなむ)という樋田自身が代表取締役で、妻や息子、娘が役員を務める会社も東京都新宿区若松町に存在する。



[都内拠点]

雄國舎の所在地である新宿区若松町のマンションの一室は「峯國舎」(峯國舎の「峯」は樋田の折伏親であり折伏の師匠、峯岸純(故人)から取った)の名で、妙相寺全国信徒の集会場・首都圏折伏の拠点として使われている。 この拠点には日如倪下の御本尊が安置されている祠より大きな占有スペースに「峰」という書がかかげられており、これは樋田昌志が所属していた創価学会への執着を捨てきれていない象徴的な負の遺品との見解を示す樋田サークル員も多い。


新宿区若松町の峯國舎には仏壇はなく、部屋の隅のコーナー部分に、観葉植物のすぐ隣に簡素で小さなお厨子に御本尊が祀ってあるだけである。


この拠点には開眼供養をされていないいわゆるニセ本尊が複数体あり、新興宗教団体が模刻したペンダント型の本尊が置いてあった事を多くの妙相寺信徒が目撃している。


[信仰スタイル]

樋田昌志の信仰スタイルは折伏限定のスタイルで、YouTube画像を大量にばら蒔き、懸かってきた獲物を獲得するフィッシングスタイル。折伏のみならず長時間の唱題行や発音の正しい勤行、塔婆供養も自ら率先して行っている。

妙相寺全国信徒にも同様に強く斡旋され、樋田昌志が経営するサイバーオペレーションから販売されるチラシ配りも半ば強要され、チラシを大量に買いすぎて経済苦に陥る講員が続出している。


本人の発言によると「育成はしない」と断言しており、これにより折伏した相手を仏縁から絶ち切ることなり、下付した御本尊を不敬する結果となってしまい結果、法主日如上人の指南に相反した独自のスタイルを確立している。


塔婆供養は大石寺第4世日道上人から第66世日達上人までの遷化した全ての歴代法主の塔婆供養を毎年行なっている。 (日蓮・日興・日目の大石寺三祖は別格として扱い塔婆供養は出来ない。) そのため、樋田は莫大な功徳と加護の恩恵を受けていると言っているものの、もっぱら魔の通力(魔から受ける溺愛からくる利益)と所見する意見が強い。


商売を目的とした宗教利用を行うため、教学の研鑽にも余念がなく、教学研鑽の為の資料・書籍は総額200~300万円ほど購入しているとのこと。このため日蓮と日蓮仏法の知識は日蓮正宗内外で比肩する者のないほどの碩学を誇ると、樋田昌志自身は慢心を起こしている。 日蓮仏法の講釈において日蓮正宗自体はこのように在家が驕り高ぶることを強く戒めている。

樋田は勧誘した全国のtoyoda.tv会員(妙相寺所属で、妙相寺全国信徒という扱いとなる)を束ね、最盛期はその数全国で延べ1500人以上であった。


しかし樋田の起こした応神天皇陵へ不法侵入し塔婆供養を行う、法主日如上人の指南に逆らいつづけ樋田が経営するサイバーオペレーションから発売されている自称弘教チラシを1年以上の長期に渡り販売を行うなど一信徒としては考えられないような行動をとったため、この相次ぐ不祥事の真相を知った信徒は樋田の元から去り、その数は300名以上ともいわれている。


樋田昌志は妙相寺全国支部の全国地区長・首都圏グループ長を兼任していたが、法主日如上人より禁止の通達がありながらサイバーオペレーションよりそのチラシの販売をやめなかった為、2017年10月中旬頃、樋田昌志本人のから妙相寺全国区の信徒へ対し「今後、全国の企画からは一切手を引く」と言及。


樋田昌志自身、講員に対して「俺の事を戸田先生の生まれ変わりだと言う者がいる」などと吹聴しており「カリスマ性や信心の強さは、日蓮正宗創価学会時代の二代目会長・戸田城聖の再来とも、戸田城聖を遥かに凌ぐカリスマ」と自画自賛をするなど、自己顕示、いわゆるブランディング対策をしている。


樋田昌志は妙相寺信徒の老齢の女性の死に顔や何も関係のない老人の臨終の際のリアルイラストを「臨終の相」と称しYouTubeにアップして、倫理的に問題があると多方面から非難を受けたことがある。


樋田昌志は病院に務める知り合いから、死期が近い患者の亡くなる前、亡くなった後(臨終の相)の画像写真を撮影を頼み(患者の身内に無断で)、画像データを送ってもらい自身のパソコンに臨終の相(死相写真)の画像コレクションをしている。座談会などで「これが臨終の相ですよ」と得意げに全国信徒に見せている。 これに留まらず、同様のご遺体の動画をYouTubeにて公開。同一の宗教団体のみならず、広い層の人達から「樋田動画一掃するべき」などの強い非難の声があがっている。


また元講員の死に対し異様な興奮を示しその死に様を語る際に興奮し大笑いしながら誇張して語る現場を複数の講員が目撃している。


街頭での創価学会・顕正会弾劾のビラ配りには顔をださず、もっぱら日蓮大聖人の御書解説や座談会などを定期的に開催。マルチ商法で培った敏腕で席上において毎回彼の運営するサイバーオペレーション社から販売されているチラシを斡旋している。


僧籍のない一在家が他の在家信徒に講義するという、日蓮正宗の信仰上あるまじき事例で他支部からも疑問の声があがっている。


樋田昌志は各地を全国行脚するものの、その際飲食代を講員に負担させたり、お足代として講員たちが用意した金銭を何食わぬ顔で受けとるなどしていると複数の証言あり。


樋田は過激な折伏推進派で、一度は石岡住職の前の住職に叱責を受け、樋田率いる折伏グループも解体させられた。 石岡住職着任後、始めは危険視とおり、樋田も改心のポーズをとり卓越した洗脳術により石岡住職を手中におさめた。


樋田昌志が痛烈卑怯極まりない罵倒をあびせた乱暴な創価学会員にひどく殴られた翌日に折伏に行こうとして石岡住職が泣いて止めることがあったりと、石岡住職は炎のような無鉄砲な行為を行う樋田昌志をかばい続け、二人三脚で妙相寺の再建を図ったが石岡住職の体力は日に日に減衰の道を辿った。


樋田はYouTubeでの雄弁ぶりで弁舌の徒・論客と思われがちだが、実はインターネットの文章対論もかなりの文才を発揮する。


書き込みをするたびに自宅で唱題し、「粉砕してやる!」との情念を込めて書いた文章で、文章対論を挑んで来た創価学会員たちを何度も撃退している。


樋田曰く「相手が全く書き込みしなくなったらこちらの勝利」と、小学生の口喧嘩のような樋田昌志の幼稚性が認められる。


元創価学会員の日蓮個人信仰者「考える人」と文章対論になり、揚げ足をとる「考える人」を樋田が追い詰め、「考える人」が降参したそぶりを見せ、勝利を収めた。


また、真如苑大律師とのインターネットでの公開文章対論では、真如苑大律師の矛盾を立て続けに鋭く突き、真如苑大律師が敗北宣言と謝罪文を出すほど文章でやりこめ、真如苑大律師との文章対論に完全勝利を収めた。


潔く負けを認めた真如苑大律師の態度に感服した樋田は、そのあまりの潔さに嗚咽したという。


しかし、樋田は妙相寺全国メンバーには「折伏は現場で足を動かして行うべき」とのポリシーからインターネットでの文章対論は推奨していない。 樋田の経営するサイバーオペレーションのチラシの売り上げ減少を未然に防ぐための対策とも言われている。


[狂言癖] 彼自信の出筆によると以下のような狂言文が輩出されいている。

「1000億ドル(12兆円)の弁舌と形容される神がかり的な絶倫のトーキングセンス。」


「ディベートと論議の歴史を改革したと言われる革新的なディベートロジック。」


「超高性能電子頭脳(スーパーコンピューター)と言われる頭の回転の速さと、IQ600・偏差値150と形容される冴えわたる頭脳。その頭脳は日本が誇るスーパーコンピューター"京"の数千兆器分に相当する」


「スーパーマリオに似た圧倒的な華のあるスター性とカリスマ性。東京オリンピックのプレゼンテーションは安倍総理ではなく俺がつとめるべきだった。」


「そして樋田昌志の誘いを断る女は存在しない、女は皆樋田昌志のような男に抱かれたい願望があると言われるほどに大人の男の色気とフェロモン漂う美壮年にして大物のオーラ溢れる風貌。」

「日蓮正宗を抜けて芸能界・政治界に進出しても確実に成功を遂げ、その興業収入はエルビス・プレスリーの数億倍になる。」

「樋田昌志は1000億ドルの絶倫の弁舌や電子頭脳のような聡明さと言った能力・容姿・魅力を兼ね備えたスーパースターとして、2020年の東京オリンピックのスペシャルコメンテーターとして東京オリンピックを盛り上げ大ブレイクさせようとの熱望の声があがるほどであった。」

などと常人では考え付かない自己顕示欲を持ち、 虚言をすることに全く罪悪感を感じないことも特徴としてあげられる

[YouTube人気]

2010年代初頭からYouTubeやインターネット上で人気が上がり始めた、創価学会員や顕正会員の組織運営に失望しきっていた多数のYouTubeリスナーたちに大きな、影響を受けてきた。


かつてはYouTubeファンたちの間から、


「絶倫の弁舌」と評されるずば抜けた喋りの技術


「究極の知謀」と形容される怜悧で聡明な頭脳


「比類なき信心」といわれる強固で揺るぎない信心


「破格の教学力」と呼ばれる日蓮仏法を極める碩学ぶり


などと呼ばれて、多くのファンから絶賛を受け、人間性や能力の評価が非常に高かった。


樋田昌志の人間離れした活動能力と圧倒的な存在感は、多数のYouTubeファンたちから


「YouTube動画界のカリスマ」


「千年に一度の天才」


「日蓮正宗の軍師」


「日蓮仏法の超人」


「折伏の魔術師」


「全国折伏の覇王」


などと呼ばれ多大なリスペクトを受けていた。


そのため、多くの日蓮正宗に入信していないYouTubeファンたちからは、樋田昌志は


「日蓮正宗の代表的信徒」


「日蓮正宗の事実上の筆頭信徒」


「日蓮正宗の精神的支柱」


「日蓮正宗の象徴」


と誤解・誤認されるケースも多く見られる。


容姿は、ヒゲ面に長髪(2013年、妙相寺石岡雄哲住職急死後は短髪に)。独特かつ男の渋さと大人の色気と魅力、格好良い男としてのフェロモンとオーラ溢れる美壮年とインターネット上で多くの女性ファンから絶賛された。


「樋田昌志を間近で見ただけで女は濡れる」


「樋田昌志と目が合っただけで女が妊娠する」


「樋田昌志とすれ違っただけで女が妊娠する」


と言われるほど女性からの人気が高いらしく、樋田昌志自身は女性信徒から熱烈な人気と絶大な信望を獲得していると自称している。


また、樋田昌志は同性愛者(ホモ)人気が爆発的に高く、新宿二丁目ではギラギラした絶倫の精力を持った、大人の男の色気ムンムンのイケオジ(美壮年)として、「淫力魔人」と敬称されホモに圧倒的な支持を誇り、サイバーオペレーション販売の法論DVDが高値で取引されているらしい。


また、他の宗教との法論に次々と勝利する百戦百勝のディベート話術で


「男が羨み女は惚れる、そして子供も憧れる」


「日蓮正宗のスーパーマリオ」


と評されるほど多数のYouTubeファンの支持が熱烈だった。


しかしその一方で、

他宗教信者にいちゃもんをふっかけては、「公場対決」を口実に、様子をビデオで撮影(無断盗撮の事例多数あり)。その映像を、一次著作者の承諾無しにDVD化して自分のホームページで販売する。その粗利率は実に90%以上とも言われている。


近年は、Youtubeにまで、自分が法華講員に講釈をしている動画をどんどんアップしている。尚、討論の映像については、著作権法違反により不法に入手したビデオ編集ソフトを使って、あたかも自分が圧倒的に議論を勝利しているかのように大幅な編集を施しているのではないかという疑惑が指摘されている。


これにとどまらず、日蓮正宗・御法主上人猊下の指南を樋田昌志の自身の主観を織り交ぜた動画を著作元へ無許可で販売。


建前上、樋田昌志本人は御法主上人猊下を尊敬を謳っているものの、所属寺院の指導教師にのみならず、日蓮正宗の最高責任者である猊下に対しても背徳行為を続けており、その信仰スタイルに疑念を持つ日蓮正宗信徒も少なくない。


無論版権元はこのような形式での日蓮正宗・御法主上人猊下の指南の公開を一切認めていない。


その他にも、2017年下半期ごろから、Twitter上で


「樋田昌志はペーパーカンパニーを使って法論DVDや折伏用配布チラシを妙相寺全国信徒に半強制的に売りつけている」


「樋田昌志は創価学会の本尊に目玉や口を挿入したチラシを製作、配布したが、法主にチラシの配布を禁止されたにもかかわらず、無視して約一年間配布チラシの販売・配布活動を止めなかった(結局、樋田が詫びのポーズを渋々とり、対象チラシの販売・配布を停止、その後移籍者が書き残した文章を無断で掲載。懲りずにチラシ販売を継続しているとのこと)」


「樋田昌志はチラシ問題の責任を取り、妙相寺現住職・落合尊福に形式的な謝罪をし、妙相寺全国支部の全国地区長・首都圏グループ長を自ら辞任し一法華講員として折伏に専念すると宣言したものの、結局は妙相寺全国支部の折伏推進委員長に降格しただけで、いまだ妙相寺全国支部の実権は樋田昌志が握っている」


【これは樋田昌志が経営するアザレの商流上で妙相寺役員のほとんどが子、樋田昌志が親という社会的立場を利用し、妙相寺構内でもこの上下関係が影響しているものと推測されている。


ちなみに一部の妙相寺信徒からは、樋田昌志の妻・美輪氏は「神」と呼ばれており、樋田夫妻で妙相寺の実権をほぼ握っている構図となっている。


実質上、妙相寺指導教師はこれらの信徒を人質に取られている格好となっており、極めて難しい舵取りをしている。】


「樋田昌志の妻・樋田美輪(現・妙相寺副講頭)は、場に合わないピンクのスーツ等派手な衣装で妙相寺の御講や年中行事に参詣したり、元講頭と不倫関係にあった」


「妙相寺信徒が樋田昌志に買わされたチラシの返金を求めたが、樋田は返金に応じようとしない」


「妙相寺全国信徒が樋田昌志のやり方に嫌気がさし、およそ延べ300名程が他の末寺に移籍した」


「樋田昌志は折伏をするだけで、新来者を入信させたらあとはほったらかしで育成をしない」


「樋田昌志は各地を全国行脚するものの、その際飲食代を講員に負担させたり、お足代として講員たちが用意した金銭を何食わぬ顔で受けとるなどしている」


「樋田昌志から借金をすれば借りた弱味を利用され樋田昌志の子分としてこきつかわれ実質蟻地獄状態となる」


「樋田昌志は他宗教信徒との対論・折伏において、相手の許可をとらずに音声(加工)を録音、いわば盗撮した音声を動画としてYouTubeにUPしたりサイバーオペレーションのDVDとして販売している」


「樋田昌志は病院に務める知り合いから、死期が近い患者の亡くなる前、患者の身内に無断で亡くなった後(臨終の相)の画像写真を撮影を頼み、画像データを送ってもらい自身のパソコンに臨終の相(死相写真)のコレクションをしている」


「樋田昌志が自ら社長を務めているアザレ長野中北本舗の女性従業員と不倫し、従業員の女性を妊娠させた末に中絶させた」


などという情報ツイートが複数投稿されているが、樋田に近しい事情をよく知る複数名の証言によると、この情報は真実であり、その後樋田昌志は鬱病になったと語っている。


尚、鬱病については樋田昌志本人曰く医者にかからず数週間で唱題(祈念)行により克服をしたと語っており、医療・医学的な根拠・裏付けや客観性に欠ける為に真相は定かではない。


外部リンク[編集]

※一部のセキュリティソフトでは有害サイトと
 指定されているため閲覧できない。
 ワンクリック詐欺等とならび専門家らによる
 警鐘が促されている。