精神障害

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

精神障害 (せいしんしょうがい) とは、以下のような物を指す。

Mikomaid の精神構造[編集]

Mikomaidイメージ画像

Mikomaid はウィキペディアンの中でウィキホリックと呼ばれるジャンルやユアペディアン2ちゃんねらーネットストーカーとは大きく異なる「特異で異様」な行状を見せている。 2ちゃんねるで掲示板荒らし行為を行う一方で、他者の掲示板荒らしの削除依頼を行ったり、ウィキペディアでも非難されるような行為を行う 一方で、他者の同様の行為を非難する。Mikomaid のダブルスタンダードな精神構造は常人には理解し難いものがある。放火犯が消防署に第一発見者として通報するようなものである。放火犯は炎上して現場が混乱する様に興奮する愉快犯であり、しかも、第一発見者として表彰まで受けることで快感を覚え、常習性、反復性が高くなる。 Mikomaid は掲示板荒らしを行うことで、ユーザーの怨嗟の書き込みを読んで自己の力を誇示したことで満足感を得て、一方では、掲示板荒らし削除依頼を行うことで自らの犯行を隠すと同時に良識有るユーザーのポーズを取っていたのである。

本人には常に正当な行為を行っているものであり、他者が自分と同様の行為を行うことは許し難い行為であるとの選民思想が本人の脳裏を支配し、自分は特別な選ばれた特権を持つ人間であるとの意識か、現実の自分から遊離して別の人物が特異な行為を行っていて、本人自身では意識していないような節があるのである。
Mikomaid 似の類似加工顔面

これらの Mikomaid の言動は発達障害(大人の自閉症)や 虚言癖躁病偏執病依存症人格障害解離性同一性障害学習障害統合失調症 の観点で見れば、この Mikomaid の特異な人物像が浮かび上がる。或いは、既に統合失調症の病状を発症しているのではないかと思わせる程の行状なのである。以下、Mikomaid のウィキペディア上での言動を検証してみると、Mikomaid2009年5月20日Yourpedia:荒らし報告・投稿ブロック・保護依頼で相手を「まともでない人間」と非難したが、一方の Mikomaid 自身も「社会復帰を目指して努力してる最中です」と現在、一般社会と断絶した生活を送っている「まともでない人間」であることを自ら告白している[1]。自身は「職業訓練中であった」と告白[2]しているが、ウィキペディアの活動歴を調べれば平日日中のログイン時間からして職業訓練校に通っていた形跡は見当たらない。そもそも、齢40歳を越えた男性が、これまでの職歴を捨てて、新たな技能を身に付けるために職業訓練校に通わなければならないとしたら、再就職に極めて困難を来している証でもあるのである。前職で相当な問題を起こしたのではないかと窺わせられる発言であるが、その後のMikomaidの行動からして、Mikomaid 特有のその場凌ぎの虚位の発言であると断定できるだろう。また、2013年11月23日に「IT関連の仕事をしている」と主張して、どこかで、日中に勤務しているように装っているが、技術革新の激しいIT業界で10年近く就業していないブランクがあり、これまでIT業界で就業経験のない中高年を雇うような奇特な企業は富岡市や高崎市の周辺にはない。若年層でも就業に困難を来している群馬県の片田舎で就業できるとしたら非正規の短期雇用かアルバイトが関の山である。そもそも、Mikomaid会話/履歴/ログ/メールAbcdefgh会話/履歴/ログ/メールは同一人物なのである。加えて、はぁとちゃん愛好家会話/履歴/ログ/メールMikomaid会話/履歴/ログ/メール自身なのである。はぁとちゃん愛好家会話/履歴/ログ/メール が登場してからAbcdefgh会話/履歴/ログ/メールの管理者業務が激減したことと、Abcdefgh会話/履歴/ログ/メールが登場したすぐ後にはぁとちゃん愛好家会話/履歴/ログ/メール が編集を開始することからも、Mikomaid会話/履歴/ログ/メールは現在も就業はしておらず、はぁとちゃん愛好家会話/履歴/ログ/メール 名義で日中、細々とユアペディアで編集を続けて暇を潰しているのである。世間体を気にして、名目上、「ITの仕事をしている」と主張しているに過ぎず、実際は、実家の「写真館」同様、客のいない開店休業の状態なのである。

「神社仏閣が好きな者です」と自己紹介[3]しながら、自分はキリスト教系の私立学校を卒業し、その後、仏教系の新興宗教に入信し、そして退会に追い込まれ、一方では長男と次男を自分と同じ私立のキリスト教系の学校に入学させるなど、第三者には自身の宗教観、倫理観が疑われる人物である。また、自身の自己紹介に於いても他の趣味で性癖にあたる「巫女」、「メイド」、「祭り」や「カメラ」、「鉄道」など他人と協調する必要性が薄い孤独癖を表す趣味を持つ人物であることがわかる。


発達障害[編集]

ファイル:09085868493.jpg
Mikomaidイメージ画像

Mikomaid の精神構造を語るには、まずは、発達障害者ではないかと推定されることが根底にある。発達障害は知能水準は成人に達していても、精神面での発達が加齢と共に発達せず、対人関係に問題を起こして孤立し、社会性を喪失する障害である。一般には対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力、すなわち、心の理論の障害が原因の1つと考えられている広汎性発達障害アスペルガー症候群や感情的な衝動性や注意力や集中力の欠如による注意欠陥・多動性障害(ADHD)などがあり、治る見込みの病気とは違う、一生涯、治ることのない障害である。Mikomaid にはこれらの症状がウィキペディアの編集で如実に現れているのである。

自己の感情を抑制できないことから周囲からは幼児性のある自己中心的な人物と認知されて孤立してしまうことである。しかも、自己顕示欲の強い Mikomaid には余計に周囲と摩擦を繰り返すことになる。Mikomaid は他ユーザーから注意や批判などの外界から刺激を受けると、パブロフの犬のように条件反射で興奮して即座に反論に転じる姿勢、そして何度も自分の書き込みに修正を加える行為は、自分が攻撃されたと思い、気が動転してしまい相手の話を十分に聞かず自己防衛のための行動を起こしていることの証左である。「感情的」なってしまうので、最初の反論で自分の思っていることを十分に伝えきれず、そのため何度も最初の書き込みに加筆修正を行うことになる。海獺 が「何度指摘されても改善されない方」、「問題点がわからない方」、「自制の効かない方[4]と指摘され、「知的な共同作業を行う百科事典の編集には向いていない方」[5]と断罪されたのはこの障害によるものと推測されるのである。

被害妄想」の強い Mikomaid にとっては注意や批判は即座に反論しなければ自己の尊厳が否定されてしまうとの強迫観念が募り、自制が効かず即座に反応してしまうものである。軽率な言動が多いのは、発達障害のため、脳の中で記憶の引出が数少ないことで、今、口に出してしまわないと後で忘れてしまうとの強迫観念から行為心迫となってしまうことである。したがって、落ち着いて論理的にその内容を確かめず即座に反応せざるを得ないのである。加えて、自分に自信がないことから余裕を失い理性を欠いてしまうのである。そのくせ、Mikomaid は自分の編集したものが自分が手塩にかけて育て上げた洗練された自信のある絶対的な内容であり、それに手を加える者は自分の尊厳を蹂躙し傷付ける天敵であるとの認識があるので始末に負えないのである。決定的な証拠が無いにも関わらず「あいつの仕業だ」と猜疑心から「怨恨」が生まれ、助言や忠告ですら過去に自分が敵対したと思い込んだ見当違いのユーザー名を挙げて「逆恨みから裏で自分の攻撃をしている」と反論して「自分は被害者である」と主張して周囲の同情を買おうとするのである。 そのためリバートを繰り返し、改編を加えるユーザーに報復でコメント依頼、投稿ブロック依頼を繰り返し論議相手を攻撃して自分の編集を守ることになる。その目的の為にはあらゆる手段を講じることになる。自分が初めて立項した「裸祭り」で自説の主張の為に、趣味の領域を越えてわざわざ東京まで時間と費用を掛けて出掛けているのである。論議相手に「私も、地元県内に無い書籍の内容を確認するためにわざわざ東京まで行ってきました。あなたも、それくらいはされても良いのではないでしょうか[6]との発言までしているのは自分の行動基準を当然相手に求めるのである(実際は地域の児童行事の観光旅行の付き添いで便乗して上京したに過ぎない)。その行動基準に合わない人物は当然 Mikomaid の敵となるのである。

Mikomaid の精神構造を語るには、まずは、発達障害者ではないかと推定されることが根底にある。発達障害は知能水準は成人に達していても、精神面での発達が加齢と共に発達せず、対人関係に問題を起こして孤立し、社会性を喪失する障害である。一般には対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力、すなわち、心の理論の障害が原因の1つと考えられている広汎性発達障害アスペルガー症候群や感情的な衝動性や注意力や集中力の欠如による注意欠陥・多動性障害(ADHD)などがあり、治る見込みの病気とは違う、一生涯、治ることのない障害である。Mikomaid にはこれらの症状がウィキペディアの編集で如実に現れているのである。

自己の感情を抑制できないことから周囲からは幼児性のある自己中心的な人物と認知されて孤立してしまうことである。しかも、自己顕示欲の強い Mikomaid には余計に周囲と摩擦を繰り返すことになる。Mikomaid は他ユーザーから注意や批判などの外界から刺激を受けると、パブロフの犬のように条件反射で興奮して即座に反論に転じる姿勢、そして何度も自分の書き込みに修正を加える行為は、自分が攻撃されたと思い、気が動転してしまい相手の話を十分に聞かず自己防衛のための行動を起こしていることの証左である。「感情的」なってしまうので、最初の反論で自分の思っていることを十分に伝えきれず、そのため何度も最初の書き込みに加筆修正を行うことになる。海獺 が「何度指摘されても改善されない方」、「問題点がわからない方」、「自制の効かない方[7]と指摘され、「知的な共同作業を行う百科事典の編集には向いていない方」[8]と断罪されたのはこの障害によるものと推測されるのである。

被害妄想[編集]

ファイル:09085868493.jpg
Mikomaidイメージ画像

被害妄想」の強い Mikomaid にとっては注意や批判は即座に反論しなければ自己の尊厳が否定されてしまうとの強迫観念が募り、自制が効かず即座に反応してしまうものである。軽率な言動が多いのは、発達障害のため、脳の中で記憶の引出が数少ないことで、今、口に出してしまわないと後で忘れてしまうとの強迫観念から行為心迫となってしまうことである。したがって、落ち着いて論理的にその内容を確かめず即座に反応せざるを得ないのである。加えて、自分に自信がないことから余裕を失い理性を欠いてしまうのである。そのくせ、Mikomaid は自分の編集したものが自分が手塩にかけて育て上げた洗練された自信のある絶対的な内容であり、それに手を加える者は自分の尊厳を蹂躙し傷付ける天敵であるとの認識があるので始末に負えないのである。決定的な証拠が無いにも関わらず「あいつの仕業だ」と猜疑心から「怨恨」が生まれ、助言や忠告ですら過去に自分が敵対したと思い込んだ見当違いのユーザー名を挙げて「逆恨みから裏で自分の攻撃をしている」と反論して「自分は被害者である」と主張して周囲の同情を買おうとするのである。2007年12月26日Mikomaid は「CU依頼 MikomaidとA. J. Kuonji」で「私に対する逆恨み、個人攻撃以外の何物でもありません。この様な行為は終わりにしてください[9]と主張したが、これは典型的な「被害妄想」の症状である。

この「被害妄想」のためMikomaid はリバートを繰り返し、改編を加えるユーザーに報復でコメント依頼、投稿ブロック依頼を繰り返し論議相手を攻撃して自分の編集を守ることになる。その目的の為にはあらゆる手段を講じることになる。「裸祭り」の自説の主張の為に、趣味の領域を越えてわざわざ東京まで時間と費用を掛けて出掛けているのである。論議相手に「私も、地元県内に無い書籍の内容を確認するためにわざわざ東京まで行ってきました。あなたも、それくらいはされても良いのではないでしょうか[10]との発言までしているのは自分の行動基準を当然相手に求めるのである。その行動基準に合わない人物は当然 Mikomaid の敵となるのである。

ユアペディアでも2013年2月12日に「Yourpedia被害者の会」を立項して、自らを「被害者」としている。この「Yourpedia被害者の会」は「プロジェクトページ」となっている。現在、ユアペディアでは「プロジェクトページ」は保護ページとなっており、管理者を除いて一般ユーザーでは立項できないものである。一般ユーザーであるMikomaid会話/履歴/ログ/メールでは立項できない「プロジェクトページ」で立項できたのはMikomaid会話/履歴/ログ/メールが管理者権限のあるAbcdefgh会話/履歴/ログ/メールであることに他ならないからである。何事にも全てを否定してかかる Mikomaid会話/履歴/ログ/メールが「私がAbcdefgh氏のパスワードを盗んだ様に言われてますが、そんな事は有りません。百歩譲ってAbcdefgh氏のパスワードを盗んだとすれば立項者は私ではなくAbcdefghになる筈です」」[11]と「百歩譲って」と、トーンダウンした記述となったのは、自分が迂闊にも保護ページであることを忘れて立項した事実を突きつけられたからに他ならない。なお、この「Yourpedia被害者の会」も2013年3月20日Sysop会話/履歴/ログ/メールにより「荒らし・いたずら: Yourpediaプロジェクトページの目的外利用」として削除されている[12]。このため、Mikomaid会話/履歴/ログ/メールは「2013年7月20日午前0時0分0秒(日本時間)迄に私が行った削除依頼・ブロック依頼を受けていただけない場合は外部サイトに「ユアペディア被害者の会」を開設させて頂こうと思っております」と宣言した[13]7月20日午後8時11分にFCブログで「Yourpedia被害者の会」を立ち上げた。「Yourpediaというサイトでは理念に反し無名の個人に対する誹謗中傷・個人攻撃が横行しており、管理者も「削除依頼」のハードルを高く設定する、等、「難癖」を付けて削除対応を渋る、という、凡そ非人道的な内容・対応となっております」と告知したが、Mikomaid会話/履歴/ログ/メールの 「コメント承認制」(注:賛同者のIPアドレスがMikomaidに筒抜けになる)の為か、誰も賛同者が出ていない状態となっている。


ナルシスト[編集]

ファイル:09085868493.jpg
Mikomaidイメージ画像

行動心理学上で分析すると Mikomaid自己愛傾向が強く、目先の目的の達成のためには見境がなくなる典型的なナルシスト的人物なのである。自己愛性人格障害の症状が典型的に現れている。即ち、「編集には自信がある」や「正当な編集である」、「穏健な編集である」との発言に見られるように、自分は他人より優れた能力を持っているとの自惚れが強く、その誇大的自己像を喧伝するためにウィキペディアを利用しているに過ぎない。虚栄心を満たすために、絶えず周囲からの称賛・好意・特別扱いを得ようとする。そのために、自己の行った編集に手を加える者はMikomaid の名誉を貶める、Mikomaid が手塩の掛けて育て上げた項目を蹂躙する、屈辱感や落胆を与える忌まわしい存在に他ならない。Mikomaid の編集に手を加える者には怒りや憎しみを持ち、攻撃や報復を行うのである。自分に向けられた非難や批判に対し、自分を維持できない。否定をされるとそれを受け入れられずに現実逃避し、嘘や詭弁で逃げようとする。そのため失敗について本当に反省したり、そのときの辛さや痛みを認識する能力に欠けていることで、何度も同じ問題を起こして他者と衝突することになるのである。ウィキペディアに於ける5回の投稿ブロックはその賜物である。人は失敗によりそれを梃子に成長するものと言われるが、Mikomaid の場合、失敗することで責任を他者に転嫁して自らの行為を正当化してしまうことで逆に退化してしまうのである。このような人物は良好な対人関係を維持できず、孤立してしまうことで孤独感から鬱病になりやすい傾向があると言われている。

自分の面目を潰されまいとする「プライドの塊」が Mikomaid の行動基準なのである。このため、自分の編集が第三者に改編されると自分の面目を潰されたと思い込み、その編集に固執する「こだわりの編集」となる構図が浮かび上がる。

裸祭り」の編集の論議となっているのは「祭りの解説の記事ではなく、ふんどしが見られる裸祭りガイド記事となっている」と多くのユーザーの指摘についての問題点が理解できず、「ふんどし」にこだわり、自分の趣味の領域の編集に留まっていることに本人が気付かないことである。海獺 が指摘した「問題点がわからない方」、「自制の効かない方[14]は正鵠を射た指摘であった。

他にも、一般ユーザーの Tiyoringo から2008年8月6日に「プレビュー機能のお知らせ」テンプレートを会話ページで貼られた時も、Mikomaid は「ついやってしまいます」と回答[15]し、謝罪や反省の弁は述べなかった。それ以前にも Mikomaid2007年8月23日に富岡市役所の端末IP 220.109.217.128 を使用していた時も同じく「プレビュー機能のおしらせ」でユーザー IZUMIN より注意を受けて「はい、今後は気をつけます」と回答し、一方、同年10月8日には 「利用者会話:けんぞう」 でMikomaidは「あと、プレビュー機能、というのは、ご存じでしょうか、編集後は、プレビューをして、意図通りに表示されるかどうかを確認してから保存するようにしましょう」と自分の事を差し置いて他人にはプレビュー機能について注意を行っていたのである。因みに、ユーザーの けんぞう は前々日の2007年10月6日Mikomaid の編集に注意 [16]与えたユーザーであり、Mikomaid がそれを怨んで、意趣返しの報復で行ったことは明白である。Mikomaid の「はい、今後は気をつけます」は2006年6月1日にも利用者‐会話:Mikomaidでも用いられている Mikomaid の常套句である。

その一ヶ月後の11月25日には Mikomaid のソックパペットである YANCHARIKA松茸 より「プレビュー機能のお知らせ 」の注意[17]を受けている。

加えて、自らがアカウントを取得しながらも、IPユーザーとして併用して編集しながら第三者にはIPユーザーではなくアカウントを取得するように注意[18]したり、自分では勝手にリバートを繰り返す反面、第三者には「理由もなく削除するのではなく、削除する場合は要約欄に「事実ではない」と記入したり、一部でも事実なら、削除ではなく、「要出典」タグを付けるようにしてください」、「異議がある場合は、いきなりリバートせず、ノートの方でお願いします」[19]と注意している。 このように自分は自身の編集内容に変更を加えたユーザーの編集をいきなりリバートしまくるなど、他人の「独善性」を非難しながら自らの「独善性」には全く気付いていないダブルスタンダードな姿勢なのである。まるで2ちゃんねるの掲示板荒らしと同様の行為を行っていたのである。

Mikomaidイメージ画像

海獺 から上述した「何度指摘されても改善されない方」、「問題点がわからない方」、「自制の効かない方[20]と指摘された点は典型的な発達障害の症状である。自閉症児と同じ症状で思い込みが激しく、自我を通すことを主張する。大人の自閉症と言われるのが発達障害なのである。計画性がなく思いつきで行動する、人との約束を守れない、平気で人を裏切る、その場を取り繕うのに嘘を言っても本人には方便であり、その嘘の自覚がない、堪え性がない、自己管理ができない等の症状があり、そのため周囲からの信頼を得られず、本人には猜疑心が増し、人を信用、信頼できない疑り深い気質が存在する。傲慢な性格で人の反感を買う言動を繰り返していることから、自ら「自分を攻撃する敵が多い」と被害妄想を持ち、他ユーザーの助言や忠告ですら何かにつけて無関係のユーザー名を挙げて「あいつの仕業である」と決めつけて、自分は「被害者」であるとして責任を転嫁してしまうのである[21]

この症状が過度に進むと、一般には反社会性人格障害者と呼ばれている。これは他者の権利や感情を無神経に軽視する、以前はサイコパス(精神病質)と呼ばれた人格障害である。良心の異常な欠如、他者に対する冷淡さや共感のなさ、慢性的に平然と嘘をつく、行動に対する責任が全く取れない、罪悪感が全く無い、過大な自尊心で自己中心的、口達者で浅薄などの特徴がある。この症状の持ち主は人に対しては不誠実で、欺瞞に満ちた言動をする傾向があり、欲しいものを手に入れたり、自分が単に楽しむために行うことである。人を愛する能力や優しさは欠如しているが、人の顔色を窺って、騙したりする能力には優れているとされる。反社会性人格障害の人物は、アルコール依存症薬物依存、性的逸脱行動、犯罪といった問題を起こしやすい精神的な弱さが見受けられることがあるとされる。過去に家族の内部で反社会的な行動、薬物などの乱用、アルコール依存症、両親の不仲による離婚、異様な母子関係(近親相姦や溺愛による過保護)、虐待や思春期に性的被害者(少年への性的虐待)であったなどが認められることが多く、反社会的行動はその反動から行われていることである。あたかも、Mikomaid は中学生時代に同級生から「カイボウ」されたことで精通させられ、その体験がトラウマとなり、自慰をする度に快感と屈辱感が交錯した複雑な心境が、自分も少年へ同様の行為を行って、これまでの復讐を果たしたいと、少年の肉体(特に性器)への執着に向かって、少年へ悪戯したいとの欲求がある様子が浮かび上がる。思春期を迎えて性徴が出て自慰を覚えたばかりの長男の部屋に忍び込み、処理済みのティッシュの匂いを嗅いで悦に入っている Mikomaid の姿が想像されてしまう程の「少年」への執着がウィキペディアの編集から垣間見えるのである。

Mikomaid は幼少期の頃より人から親切な施しを受けたことや仲間との助け合いをしたことがなく、周囲から孤立した環境にいた人物であることが伺わせる。その鬱積した気持ちが匿名性があると思っていたインターネット掲示板で「荒らし行為」を行うことで憂さを晴らしていたのではないかと推測されるのである。これは、自己顕示欲の強い人物は常に周囲から自分に注目してくれる人物の存在を必要とする、基本的には「寂しがり屋」なのである。誰からも相手にされず、無視されることは自己顕示欲の強い人物ほど最も苦痛な状態となるのである。自己顕示欲の強い人物は周囲から無視されるよりは、例え、憎まれ役になっても周囲の耳目を集めることが出来ればそれでも満足するのである。Mikomaid にとってはインターネットの掲示板やウィキペディアの編集に参加することで、自己への注目を集める手段として活用していたのである。

本人にとっては正当な行為を何故、批判されなければならないのか当の本人が理解をしておらず、周りが騒ぐなら「取り敢えずは」と謝罪で事済むことである程度のものとしか認識していないことが余計に周囲の顰蹙を呼ぶ Mikomaid の不幸がある。Mikomaid は謝罪を隣近所の老若男女を欺す程度のものと考えたことをウィキペディアの多くのユーザーから見抜かれていたからである。ウィキペディアの編集には Mikomaid よりも遥に査読能力に長けたユーザーの集合体であることを Mikomaid は自らの能力を過信して知らなかったことである。このように、Mikomaid は周囲の「気」が読めないことで周囲の誤解を生むのである。この障害を持つ者は堪え性がない反面、自分の興味を持つものへは異常な執着を示すことや、自己中心的で、自分は常に正しく、自己に責任や非があるのではなく周囲に責任や非があるからだとの認識を常に持っていることに特徴がある。そのため、自分の記述や言動に批判や疑問を第三者から持たれると、過剰に反応して、自己の正当性を主張するためにヒステリックに反論や弁明に努めることである。自身の編集を第三者に改編されることを「自己を否定されてしまうこと」と受け止めてしまうのである。

このため、実質無職同様の生活で有り余る時間があるだけに、論議相手以上に反論の書き込みを行って、投稿回数で圧倒して、論議相手が根負けして主張を撤回するまで持論を展開することで自己の主張が正当化されたと思い込む気質が存在する。それでも解決しない場合は妥協したように装い、自己の主張と併用するようにするか、分割提案を行い自らが主導権を有する項目を立項するか、それもだめであるならばコメント依頼や投稿ブロック依頼を提出して相手を牽制して自己の主張を存続させようと執着することである。これまで Mikomaid が多くのユーザーと論争となったことは、 Mikomaid がウィキペディアの編集ルールを理解していないのではなく、「自己の非を素直に認める能力」に欠けていることなのである。このため、本人がいくら「基本方針に就いての勉強」をしても根本となる「非を認める姿勢」が改められない限り、その改善はなされず、再度、同じ問題を起こすことは必至なのである。逆に、「基本方針」を盾として自説に固執してより悪質化する懸念すらある。この懸念が 投稿ブロック依頼/Mikomaid 20090919として実現してしまったことは本人に反省がなかったことを証明している。この人物の辞書には「反省」との言葉は無いようである。反省がないから何度も同じ問題を起こし続けて、コミュニティから排斥されるのである。 Mikomaid が見つけたインターネットと言う名の楽園も自らの言動で追放されてしまった失楽園であったのである。

このような人物は結局のところ周囲から孤立してしまい、自滅する人生を暗示しているようである。いずれ家族からも見捨てられて完全に孤立してしまい、最後は自ら内部崩壊する運命が待ち受けているのではないかとの恐れすら感じる。


虚言癖[編集]

ファイル:09085868493.jpg
Mikomaidイメージ画像

Mikomaid のダブルスタンダードと見られる特異な言動は虚言癖からくるものである。虚言癖は虚栄心や自惚れから、自分を実際よりも大きく見せようと、ホラやうその自慢話をするものとされる。「編集内容には自信があるので、あえて、ここで明かします」や、2009年9月24日に自らの利用者会話ページで書き込んだ「出典には自信があります」[22][23]と同じように自らの編集に拘る自惚れや「掲示板荒らしと言っても、2chで過去に1回だけ某氏の個人情報(既に書いてあったもの)をコピペしただけであり、それ以外は、削除依頼板では荒らしどころか、荒らされた部分の削除を依頼する正当な内容であり、又、まちBBS、したらばではスレの趣旨に乗っ取った正当な内容であり、荒らしではありません」[24]あからさまな虚位の反論などからも Mikomaid の虚言癖が如実に現れている。他にも、アルコール依存症の会の代表者に連絡を試みようとした事実[25]が有りながら、「アルコール依存症ではない」と主張[26]「したり、Youtube に「mikomaid」名義の投稿記録[27]が有るにもかかわらず、「私の環境は骨董品(W95+IE5.5)なのでTwitterを利用できません」[28]と主張したりするなどの虚言がある。

これまでの Mikomaid の編集は、実態としては自身の言質よりも劣っているケースが多く、Mikomaid劣等感(→劣等コンプレックス)の裏返しに等しいものである。 病的になってくると、自分でも、嘘か本当かよくわからなくなってしまう傾向があることから、Mikomaid妄想と自分像との同一視や、現実認識に支障が出る傾向が出ているのである。Mikomaid にとっても有害無益である傾向が出ているこに気付かないことで、多くのユーザーと議論となっているのである。論議となった時、詭弁や問題をすり替えたり、時には嘘をついてまで反論を試みていたことは Mikomaid の持つ虚言癖によるものであると断定できるのである。


Mikomaid の代表的な虚言例[編集]
  • 「まともな神経を持つものが1日あたり最大22回も毎日編集を繰り返し」[29]と主張しながら、「22回というのはこちらの数え間違いでした」[30]と前言を簡単に翻している。


躁病[編集]

ファイル:09085868493.jpg
Mikomaidイメージ画像

躁病とは気分が高揚し、支離滅裂な言動を発したりする状態になる気分障害を発症する精神疾患である。症状として、気分の異常な高揚、自己の過大評価、他者への干渉の「感情障害」、加えて、妄想、観念奔逸、錯乱の「思考障害」、多動・多弁、行為心迫、作業心迫の「欲動障害」があり、他に「集中力の欠如」、「睡眠障害」が加わる症状である。Mikomaid のウィキペディアの編集における言動も感情的で、同一項目に多頻度に渡る書き込み、「編集には自信がある」等の言動に見られる自己過信、他者を「節穴」呼び、編集内容への非難、反論に反論を重ねる多動・多弁、性急な編集を行う行為心迫、「ついついやってしまいました」で見られる作業心迫など、Mikomaid の言動は。躁病の症状に見事に当て嵌まるのである。

抗鬱剤の処方によって、副作用として嘔吐や躁状態が誘発される場合もあるが、これだけ長期に渡る躁状態となっている行状を見せていることから。躁病そのものではないかと判断せざるを得ないのである。 Mikomaid躁病 で深刻な対人関係の悪化で鬱病となり、抗鬱剤を服用したことで、その副作用で嘔吐躁病症状が出たのではないかと当初は思われたが、元来が。躁病気質であったので抗鬱剤の服用で元来あった気質が一気に表層化したのではないだろうかと推測されるのである。

患者自身は病気として治療する必要を感じていないことが殆どであるが、放置しておくと深刻な状態に落ち込み自殺することもあるため、早期の治療が必要とされている。躁病の症状は人間関係を著しく損ねる可能性があるため、その社会的予後は鬱病よりも悪いとされるものである。Mikomaid の場合もこれに当てはまり、服薬を怠ると、以前以上の深刻な状態に落ち込み、加齢も加わることで入院治療を余儀なくされることになるだろう。


偏執病[編集]

Mikomaidイメージ画像

偏執病は精神病の一種で、体系だった妄想を抱くものを指す。症状として、被害妄想、自己中心的性格、攻撃性、独占欲、誇大妄想があり、Mikomaid のウィキペディアの編集に如実に表れている。それは、①自身のコメント依頼で度々反論を繰り返して言い訳をする等の、挫折・侮辱・拒絶などへの過剰反応は自分が攻撃されているとの「被害妄想」から来るものであり、②他者を「独善的」と非難する「自己中心的な性格」、③自己の編集に手を加える編集者への「激しい攻撃性」、④自己の編集に拘る記事への異常な「独占欲」、④得たいの知れない掲示板や匿名のブログから出典に用いた編集による「誇大妄想」的編集等があり、いずれも、Mikomaid の行状は偏執病にあてはまるものである。日常生活に支障をきたすレベルに達したら人格障害のひとつである妄想性人格障害者と呼ばれるものである。 Mikomaid は自分の意図が理解されていないとの信念の下に頑固に理屈っぽく執着し、過剰な自信や自己顕示欲がウィキペディアの編集で顕著に表れているのである。



依存症[編集]

Mikomaidイメージ画像

依存症中毒症状と同じで、心身の安定を求めるため、その依存する対象に焦点が集まって異常に執着を持ち、視野が狭くなり、周囲が見えなくなることである。且つ、中断するとアルコール依存症者のように禁断症状が現れることから、常習性、反復性が強くなる。2ちゃんねるで「掲示板荒らし」を重ねたのもこの精神疾患によるものである。ウィキペディアの過度に渡る編集は2ちゃんねるの「掲示板荒らし」の代替手段なのである。ウィキペディアで投稿ブロック処分となると Yourpedia や wikia でその代替手段として利用しているインターネット依存症のネット中毒者なのである。

インターネット依存症の特徴は特殊なコミュニティにばかり関係し、世間一般の常識が欠落する、更には自分で気付かずに非常識な言動やネット上で解放されたと思っており、現実の状況は「本当の自分の姿」では無いという認識を抱くことやネットコミュニティ上で賞賛されている状態をさせたいがために、倫理行為を逸脱したり犯罪的行為すら辞さなくなる状態となることである。Mikomaid が他人に成りすまし合意形成を図ったのもこの病状によるものである。 Mikomaid がこの依存症になったため、非常に多くの時間をインターネットに関連した活動となり、家族、社会、職業、あるいは家族との団欒の重要な活動の期間や頻度が減少して身体、家族、職業、精神の問題が引き起こされてしまったことになった。専門医が Mikomaid の行状を知ったならば、症状を悪化させていただけに、直ちに家族にPCを撤去させてインターネットから断絶した生活を送るように指導したことだろう。

Mikomaid は一人暮らしの引き籠もりと違い、親や妻子と同居している家族持ちである。家族は Mikomaid の行状を知っているのである。これが出来ないのは、既にアルコール依存症であったことや家庭内暴力で冷え切った夫婦関係や実質的に家庭が崩壊しており、機能不全家族となっているからである。医師に正確な病状を伝えてられていないからではないだろうか。家庭内で「お父さんはもうダメな人だから」と家族から既に見放されていて、ネット閲覧は飲酒やギャンブルにのめり込み、家庭内暴力や借金を膨らませるよりはマシなものと割り切っているからかもしれない。なお、2005年5月にMikomaid自らの実名とメールアドレスを晒して「管理人さんへ メールアドレスを教えてください」とアルコール依存症の会の掲示板で掲示板管理者に連絡を試みようとしていたことが確認できる[34]。しかし、Mikomaid は 2011年11月22日に「これは事実に反します」と反論している[35]、「上町い組アルコール依存会掲示板」に記された氏名はMikomaid が使用していた富岡市約市役所のPC端末利用者名簿に記載されていた人物と同姓同名の人物である。Mikomaid 自身も富岡市約市役所のPC端末利用者名簿には実名を記載して利用したと認めている[36]

この写真」を観て一般常識のある人なら奇異に思うことだろう。これは Mikomaid が「お宮参り」として店の宣伝で用いている写真なである。向かって左側の男性(Mikomaid)が微笑んでいる一方、右側の女性の表情が形式的な微笑みだけで、何とも虚ろで無気質な表情で男性の表情と対称的な姿なのである。このような初産の写真のテーマとなるべき写真では、子を授かり初めて母となる女性の喜びの表情はどこにもないのである。まるで、冷え切った距離間のある夫婦関係を象徴するかのような写真である。宣伝で店頭を飾るモデル写真であるならば、男性が主役ではなく、より華やかな表情の女性の姿や笑顔の子供を捉えた写真が客の目を惹き店頭を飾るものが一般的であり、このような男性が主体で、無表情に近い女性の写真はまともなプロカメラマンなら恐らく用いない写真である。

キリスト教系の私立学校で教育を受けた Mikomaid が仏教系の新興宗教の真如苑に入信したのも、何かに頼らなければ心身の安定が得られない状況であったことが推測され、依存症の気質であることが裏付けられる。また、真如苑を短期で脱会した理由は「私の、元導き親は経の拘束を固く信じ切ってしまい、又、育て親についても、全くと言って良いほど理解がなかったために、退転に追い込まれてしまったものです」[37]と育て親に問題があったからであると説明し、「コメント依頼 Mikomaid」でも多くのユーザーから寄せられたコメントについても、Mikomaid は発達障害の症候と同じく、「コメント依頼/弥、郁」で用いた「私の編集にケチを付けたり、難癖を付けたりして、それで、こちらが、何とか妥協しようとして色々コメントしてるにもかかわらず、ああ言えばこう言う、こう言えばああ言う、というように、議論をはぐらかす、まるで、私と敵対することを趣味にし、私を論破することを生きがいにしてるような感じです。こちらが少しでも妥協しようとしてるにもかかわらず、相手には妥協の姿勢が全く見られず、議論参加者が少ない ( コメント依頼中にもかかわらず ) 段階で自分の考えを遮二無二押し通そうとしてる感じです」や「私の言葉尻を捉えてあーだこーだおっしゃてるようですが」[38]と、自己の非を認めず、相手に非があると何度もヒステリックに反論していたように、責任や非を自分ではなくアルコール依存症者やギャンブル依存者が「酒があるからいけない」、「パチンコが無かったら行わない」などと同じように他者に責任を転嫁することでも依存症の典型的な特徴が出ている。ウィキペディアの編集でも自己の正当性ばかり主張し、自分は被害者で非は相手にあるとの姿勢はその気質に由来するものだからである。 他に、転職を重ねて、最後に地元にある勤務先を辞めて、趣味と実益を兼ねた衣装と写真関係を家業にしている実家の親に金銭を依存しているような生活であることである。自由になる時間はあるものの、家業の経営は未だ年老いた親が実権を握っているのも Mikomaid の「未熟性」、「幼児性」を見抜き経営に携われないようにしているからである。そのため、金銭的な自由はなく主体的な行動が起こせないことや、閉ざされた生活圏で活動の自由度が制約された環境に置かれていることが Mikomaid を余計にインターネット閲覧に依存する生活となった。支配欲の強い Mikomaid にとっては金銭の自由がままならず気分は鬱積し、結婚以来、毎日晩酌で二本のビールを飲み、酒に依存することが唯一の鬱積の捌け口であった。性癖を充足させる目的で外出するにも人目があり、自宅に引き籠もって、飼い殺しのような生活の中でインターネットを知ったことにより、たいした費用もかからないネット閲覧からインターネット依存症に向かうことになったのは自明の理であった。インターネットは貧者の楽園である所以である。インターネットの世界では匿名性が高く、これまで Mikomaid が数多く起こした対人関係の摩擦の問題は匿名性の世界のインターネットでは起こりにくく、自己顕示欲の強い Mikomaid にとってはインターネット以外で自己実現をする場を持つ選択肢が無いことである。また、インターネットを開始した直後にワンクリック詐欺の被害に遭ったことで、その反動でインターネットを通じてインターネット社会に復讐を果たすことが Mikomaid の掲示板荒らしであったのであろう。

インターネット掲示板では誰からの制約もなく、勝手気ままに好きなことを書き連ね、時間を潰すことが Mikomaid の自己表現の場や後述する「支配欲」を得る手段なのである。ウィキペディアを始めとした百科事典の編集を行うことで、自分が社会参加をした気分(自己陶酔)となり、それが Mikomaid の唯一の生き甲斐(自己満足)となっている。

Mikomaid 似の類似加工顔面

2007年6月30日Mikomaid がウィキペディアで「オナニー」の編集を追加記述した内容[39]では、「匿名掲示板では、自己満足と自己陶酔を兼ね備えた ( 他者は不快に感じる場合が多い ) 送信内容のことをオナニーと呼ぶ場合がある」とは真に自らの心境を吐露したものである。満たされない日常生活から自己満足と自己陶酔に浸れる場がウィキペディアの編集だったのである。ウィキペディアの編集は Mikomaid の「オナニー」なのである。 それ故、本人が編集した内容を第三者が削除、改編したりすれば、自己を否定された「怒りの心境」となり、自分の編集内容を守ろうとして、自身の編集の正当性を執念深く主張し、「こだわりの編集」となってしまう。加えて、その改編相手を「自身の敵」として攻撃することになる。

満たされない性的不満、本音を語る友人もいない孤独な中高年であることで社会的疎外感が余計に強い Mikomaid にとって鬱積した欲求不満の捌け口として論議相手を挑発して攻撃的な言動となり、相手を論破して欲求不満を解消することになる。自身の編集の正当性がウィキペディアで認められることが、「自己顕示欲」「支配欲」「虚栄心」の強い Mikomaid「自己満足」を満たし、「自己陶酔」の気分となるのである。

それだけに、自分が論破されると、自己が否定された思いから敗者の心境となり、報復目的でコメント依頼や荒らし報告、投稿ブロック依頼に転じて、相手を攻撃・牽制したりする。根拠の無い依頼に同調する者は誰もいないことから、自分で第三者に成り済まして登場し、論議誘導で多数派を装い合意形成を図ろうとするようになった。第三者を装い、その支持を受けることを装って自己の主張を通すことに成功したことで、味ををしめてその後、同じような行為を繰り返すことになった。

学問的な素養のある内容の編集であるならば、正確性や検証性があるので、他者の手が入ることは少ないのに、出典の定かでないネットの掲示板や匿名のブログの記述の受け売りの意味もない編集内容となれば、余計に他者が Mikomaid の編集内容に介在するようになり、本人に「被害妄想」が発生して、自分が攻撃されていると受け止めてしまうことである。本人には百科事典の記事の充実は二の次であり、自分が書き込んだ内容が未来永劫に残ることが社会参加をしたことの証(自己満足)となり、百科事典の編集がデーターベースとして自分の趣向に合った内容になれば十分なのである(自己陶酔)。Mikomaid にとってはウィキペディアの編集に参加することは知的な活動を行っているとの「自己満足」と「自己陶酔」に過ぎず、第三者には査読能力のない Mikomaid の趣味、主張を押しつけ、誤った情報を流布する迷惑行為に他ならない。知的な共同作業を伴う百科事典の編集には根本的に向かない人物なのである。

これまでの Mikomaid の百科事典の編集とは2ちゃんねるでの掲示板荒らしの代替手段であり、掲示板荒らしの延長線上にあるものなのである。そのような行為を行うことで、ますます、社会から孤立した存在となることに、気付いていないことに本人の不幸が存在している。事情を知らない家族も諦めの境地で放置している状態で、誰も窘める者がいないことから、本人の強い自覚が無い限り、問題は深刻である。また、娯楽施設も少ない狭い田舎町では近隣の目もあることから余計に自分の性的充足を目的とした外出は近所に顔見知りが多いので憚れることで本人の立ち直りを難しくしている。


人格障害[編集]

ファイル:09085868493.jpg
Mikomaidイメージ画像

人格障害とは精神医学においては、一般的な成人に比べて極端な考えや行為を行ったりして、結果として社会への適応を著しく困難な、精神病理学的な症状である。上記で記述されているように、Mikomaid は極度の自尊、反社会性、強迫観念が尖鋭化し、それぞれのコミュニティで社会性(適応性)を失い、その存在から排斥されてしてしまったものである。Mikomaid の障害は複合的に絡まっており、①妄想性人格障害、②反社会性人格障害、③依存性人格障害、④自己愛性人格障害、⑤攻撃性人格障害、⑥境界性人格障害、⑦回避性人格障害が複雑に絡み合い、その特異な言動に表れている。一般には、人格障害は30~40歳代までに状態が改善していく傾向(晩熟現象)があるとされているが、Mikomaid の場合は逆に尖鋭化していることから、既に精神疾患の診断が下されている可能性が高い。所謂、「狂人」である。

現在は就業している現状とは言えない状況からしても、既に自身でもこの症状に気付き、心身障害者認定を受けて障害者手帳を取得しているのではないかと伺わせる節があるのである。2009年12月28日Mikomaid のソックパペットである A._J._Kuonji がこれまでに編集したことのない分野の編集を行った。それは精神障害者保健福祉手帳の編集である[40]。実際の所有者でしかわかり得ない知識を披露したことからも、既に心身障害者の認定を受けて精神障害者保健福祉手帳を取得していると推測される。事実であればウィキペディアの記事の項目の編集は精神障害者によって編纂されていたことになる。


解離性同一性障害[編集]

ファイル:09085868493.jpg
Mikomaidイメージ画像

解離性同一性障害とは解離により一人の人間に二つ以上の同一性または人格状態が入れ替って現われるようになり、自我の同一性が損なわれる疾患である。以前は多重人格障害と呼ばれていた。人格の移り変わりによって高度の記憶喪失を伴うため、自己の行った行為を忘れてしまうことである。思春期までに繰り返し強い心的外傷(トラウマ)を受けた場合、自我を守るために、その心的外傷が自分とは違う「別の誰か」に起こったことだとして記憶や意識、知覚などを高度に解離してしまうことがある。心的外傷を受けるたびに「別の誰か」になり代わり、それが終わると「元の自分」に戻って日常生活を続けるのである。 Mikomaid はインターネットに接続した時点からその解離が進み、現実の自分から「別の誰か」に変身し、その間の記憶や意識の喪失が顕著になり、あたかも「別の誰か」が一つの独立した人格を持っているかのようになってしまい、自己の同一性が高度に損なわれた状態となる解離性同一性障害者なのである。その為、常人には考えられない、掲示板荒らし行為を行ったり、一方では他者の掲示板荒らしの削除依頼を出したりすることや、自分で非難行為を行いながら、他者の編集を非難するなどの一見、矛盾した行為を行っていることである。小説、「ジキル博士とハイド氏」のように二重人格者として、実際の本人から解離して、躁病気質の Mikomaid と言う名前の別人がネット上で現れて行っているものと当の本人が理解しているのではないかと推測されるのである。この障害を持つ者は交代人格となっている間の記憶がなく、独立した記憶を持つことで矛盾した行為を行っていることである。ユアペディアにおける Abcdefgh会話/履歴/ログ/メール の存在もこの解離性同一障害の症状とすると整合性が出てくるものである。二つの人格が併存していることで当の本人にはそれぞれ当然な行為を行っているとの認識を持つことになる。解離性同一性障害者は幼少期に児童虐待を受けた者が多いと言われている。

加えて、人格形成期となる十代に地域の幼馴染みと別れて遠方の私立学校に進学したことが Mikomaid の人生に陰を落とした。 地元で心を開いて話せる親友の存在を持たなかったことに加えて、遠距離通学であったことから級友と放課後の付き合いも疎遠となり、中学・高校時代でも仲間と深い交遊を持つことができなかったからである。しかも、進学校で県下で優秀な生徒が集まることで相対的にMikomaidの学業成績は目立たず、自尊心の強かったMikomaidは学年が上がるにつれて学業成績は低迷して落ちこぼれて行ったことも Mikomaid の性格を狡猾で陰険・陰湿に歪めて行ったことであったと推測される。加えて、元来持っている傲慢な性格が災いして、自分の能力を顧みずに周囲の者を見下してしまったことである。そのため、他人を傷付ける言動が無意識に出て、周囲の反感を買い、逆に周りから浮いてしまったと推測されるのである。中学校から私立学校に通学することになった理由も富岡市立富岡小学校で周囲から浮いてしまって、仲間外れとされていたからではないだろうか。級友が誰も Mikomaid と口を利いてくれない状況となったことがトラウマとなり、孤独感に苛まれて常に他人の存在を必要とするようになったのではないかと推測されるのである。

自分より能力が劣ると見下した者達が地道に努力を重ねて加齢と共に社会的地位を築いていた反面、相対的に Mikomaid の社会的地位が街の商店員以下の存在に低下して行ったことで、嫉妬劣等感にも似た義憤の感情が歳を重ねる毎に増殖したことだった。「あいつは自分より劣っていたのに、何故、自分より高い社会的地位を築いているのだ」と、社会的落伍者となった落ちこぼれの自分の冴えない人生と対比してしまい劣等感に苛まれるのである。そのため、その代償行為として自分は百科事典の編集と言う知的で高尚な趣味を持ち、子育てやPTAの役員となって地域社会に貢献して、人生を充実させているのだと自ら言い聞かせて慰めているのである。子供の頃より夢想家肌の Mikomaid には現実の自分と子供の頃に理想としていた自分との乖離が余りにも進み過ぎて、現実の自分を否定することで解離が進んだことである。地道な努力を怠ったことで真の実力が付かず、これまで「取り敢えず」と、その場凌ぎの対応で済ませていたツケが現実の自分に跳ね返って来たのである。

この続きはMikomaid の真実 第8章を参照のこと。

学習障害[編集]

ファイル:09085868493.jpg
Mikomaidイメージ画像

Mikomaid は幼少の頃は才気ある「利発な子」として母親から溺愛されて過保護に育ったことで自惚れて地道な努力を怠ったようである。安易に物事を表層的に理解してしまったことで、物事の真理を探求する学習態度を獲得できなかったのである。自分は勉強をしなくても人より理解ができるとの傲慢な性格がこの幼少期の頃に芽生えたことで学習能力を獲得できなかったのではないだろうか。加えて、発達障害のため、学問や物事への興味が拡散して注意力が散漫となり、ひとつの領域で専門性を確立させることができなかったことは、学習障害が発達障害者特有の症状であり、 Mikomaid の不幸な成り立ちであったことは否定できない。また、Mikomaid会話/履歴/ログ/メール は発達障害に起因するディスレクシア(失読症、難読症)ではないかとの疑いがある。2008年7月15日に ノート:播州の秋祭りにおいて「図書館に行けば、祭り関係の文献は幾らでも沢山有るので、それを隅から隅まで読んで出した結論です」[41]と主張し、このMikomaid の主張が本当であれば、相当の文献を読破したにもかかかわらず、その読破量に伴わない貧弱な編集内容や、本稿の削除依頼で「異様に長い文章」[42]として再三、用いているが、この程度の文章を「異様に長い」と感じるのは発達障害に起因するディスレクシアで、脳の記憶領域の不足による文章理解力に相当制約を受けていたことによるものではないかとの疑いがある。ディスレクシアの人物はある一定の文字数の文章までは理解できるが、理解を超える文字数の文章となれば、脳の記憶領域を超えて情報過多となってしまい、脳内が混乱して情報処理ができず、その文章全てが理解ができなくなることである。Mikomaid会話/履歴/ログ/メールはこの障害のため、専門書のような高度の読解力を要する文献を理解できず、また、編集した文章も小・中学生並の語彙力で口語体の文章でしか書き込めないMikomaid会話/履歴/ログ/メールの文章の特徴はディスレクシアで説明することができるのである。私立中学に進学したものの、学習量が公立の小学校時代と違い格段と増えることでその学習課題をこなすことにディスレクシアで困難を極め、学業について行けず、脱落して学業成績が低迷して行ったのではないのかと推測されるのである。本人が発達障害に起因する「学習障害」を正しく認識していない悲劇がその後の人生に陰を落とした。 人の文章能力は15歳までにどれだけの分量の読み書きを行ったかでその後の一生の読解力、文章作成能力が決定されると言われている。発達障害、学習障害に加えて遠距離通学の環境ではMikomaid会話/履歴/ログ/メールの学習量は同学年の中高生より遙かに少なかったのではないかと推測されるのである。小学校までは優等生でいられたものが、一気に劣等生として同級生からも見下され続けたMikomaid会話/履歴/ログ/メールにとって自尊を損なう屈辱の学校生活であったことは想像に難くない。更に、見下していた富岡小学校の同級生よりも遙かに成績が劣るような人物にまでなってしまって、零落れていたのである。

Mikomaid会話/履歴/ログ/メールの代表的な文章力の無さの例では「2012年11月18日Mikomaid会話/履歴/ログ/メールが利用者・トーク:Abcdefghにて記述した例がある。「慚愧に堪えない」という言葉は「他者に対して申し訳ない」という意味で使うものであって、「(真意が理解されず)不本意だ」という意味で使うものではありません」[43]と述べているが、Mikomaid会話/履歴/ログ/メールのこの語法は誤りである。実際の正しい用法は「自分の行いについて、残念に思い、反省すること。恥ずかしく思うこと。謝意を表明する際などに用いられる」ことである。 齢、40歳半ばを過ぎたMikomaid会話/履歴/ログ/メールの国語力はこの程度の文章能力で知的な作業を要する百科事典の編集に参加しようとしていたのである。このような国語力のMikomaid会話/履歴/ログ/メールが群馬県下でも有数の進学実績がある有力私立中高一貫校である新島学園中学校・高等学校を卒業しているとしたら、卒業時の相対的な学業成績は自ずと知れたものとなる。この国語力でこの学校を放校されずに卒業できたことすら奇跡に思えるのである。正に、百科事典に記載される程の特筆生のある人物と言えるものである。

統合失調症[編集]

Mikomaid 似の類似加工顔面

統合失調症とは妄想幻覚などの多様な症状を示す症候群である。双極性障害と並ぶ、二大精神疾患と呼ばれている。 これまでに示したMikomaid の症状から統合失調症寸前の状態ではないかと推測されるのは、これまでに記述した上記の症状からであり、 Mikomaid と言う人物が行う行状の理解が進むのではないかと思わざるを得ないのである。 精神病の診断は粘り強い検査と長期間の診察が必要とされるが Mikomaid の場合、典型的な症状を示しているだけに、精神科医臨床心理士を志す者には格好の研究材料となる被験者になるはずである。


小児性愛者[編集]

Mikomaidイメージ画像

上記の躁病と偏執病、発達障害、依存症、人格障害、解離性同一性障害、或いは統合失調症から、 Mikomaid の行動様式を分析するとアブラハム・マズローが提唱した自己実現理論(人間欲求の5段階説)に求めることができる。その5段階説からすると、Mikomaid の根源にあるのは人間欲求の基本的欲求のひとつである「性欲」が Mikomaid には満たされていないことにある。この欲求が満たされないことで欠乏欲求として他者に対して攻撃的になることで説明ができる。インターネット依存症となり時間の概念が薄れて、睡眠障害に陥ったことで妻との寝室も別となり、夫婦生活も疎遠になったことで余計に「性欲」の捌け口を必要としているのである。Mikomaid のウィキペディアの編集は「知的作業」を偽装した性欲の捌け口の「痴的作業」なのである。

ここで Mikomaid の行動の根源となる性癖に触れざるを得ない。1995年10月1日結婚して三児を儲けたものの、幼少期より持ち続けた潜在的な同性愛の気質や発達障害から来ると推測される幼児性、自己中心的な言動で対人関係で問題を起こして周囲から孤立した Mikomaid にとって、年上や同世代、異性からは対立して相手にされないが、年少者である少年、少女は対立軸は存在せず、年長者には従順であることから、自分の支配欲を満たす打って付けの存在として Mikomaid の性愛の対象となったと推測される。このため、Mikomaid は児童が関わる地域行事に積極的に参加してその性的欲求を代替手段として満たすようになった。 FBIが定義している小児性愛者( チャイルド・マレスター)に拠れば、小児性愛者は、①情緒的に未熟で社会的能力に欠ける「退行型」、②反社会的行為を手当たり次第に行う「倫理観欠如型」、③性的嗜好が曖昧で、あらゆるタイプの性行動を試そうとする「性的倒錯型」、④社会不適応者で、様々な障害などのある「社会不適応型」に分類されている。Mikomaid が論議相手を「独善的」と決めつけて相手を敵対視して対等と見なさない情緒的な未熟さ(退行型)、2ちゃんねるで荒らし行為を行う反社会的行為(倫理観欠如型)、少年・少女の衣装以外にも「ノート:ワンクリック契約#下品な言葉の羅列」に見られる猥褻用語の羅列や YANCHARIKA の最近の編集に見られるAV女優の編集(性的倒錯型)、自ら「社会復帰を目指している」と告白しているような社会的に孤立した存在(社会不適応型)であることからも、いずれのパターンに Mikomaid が収まり、Mikomaid の言動が自身の持つ性癖を根源とするものであることが判る。小児性愛は、未だ犯人が捕まらず、未解決の北関東連続幼女誘拐殺人事件足利事件に代表される北関東の風土なのかと思えてしまう。犯人は現在の年齢で40歳代の小児性愛者ではないかと目星を付けている 群馬県警や栃木県警、茨城県警の捜査線上に自由な時間を持ち、時折、「仕事」と称して栃木・茨城方面に車で出かけるMikomaid の名前が浮上してもおかしくないほど、小児性愛者の特徴が如実に表れているのである。

未解決事件の一例 

横山ゆかりちゃん略取誘拐容疑事件

横山ゆかりちゃん Youtubu動画

吉田有希ちゃん殺人・死体遺棄事件

横山ゆかりちゃん事件解決の有力情報提供者には600万円の懸賞金[44]、吉田有希ちゃん殺人・死体遺棄事件では500万円の懸賞金が支払われる事件である。


情報提供先

横山ゆかりちゃん略取誘拐容疑事件

群馬県警察本部     TEL:027-243-0110(代)

群馬県警太田警察署  TEL:0276-33-0110(フリーダイアル 0120-889-324)


吉田有希ちゃん殺人・死体遺棄事件

栃木県今市警察署    TEL:0288-23-0110(フリーダイアル 0120-701-571)

茨城県大宮警察署    TEL:0295-52-0110(フリーダイアル 0120-200-457)


コスプレイヤー[編集]

Mikomaid 似の類似加工顔面

衣装と写真関係の実家の商売の関係でコスプレ趣味が生まれた Mikomaid に、これまで妄想や2次元上のアニメでしかあり得なかった裸の少年がふんどし姿で登場することが現実にあることを知ったことで、その事実の確認をウィキペディアで求めたことである。「ふんどし」を始めとして、「裸祭り」や「少年がふんどしで参加する祭り」[45]、「ふんどしで水泳をする学校」、「少年がふんどしで太鼓を叩く」和太鼓創作和太鼓)、「少年少女の装束」(平安装束)の編集に執着するのもその性的欲求の表れである。

攻撃的な言動から MikomaidSM (性風俗)的観点からS(サディズム)的人物と思われるかも知れないが、意外にも被害妄想の強い人物はM(マゾヒズム)的性的嗜好を持つ傾向がある。自分が攻撃されているとの被害者感情が周囲の同情を誘うことで自己に耳目を集めることが自己顕示欲の強い人物に性的満足感を与えることや、潜在的な被虐願望意識が日常生活では逆に無意識に自分がしてもらいたい願望として他者に攻撃的言動として表れる傾向があるからである。普段なら人前では見せないような、羞恥心を煽る恥ずかしい恰好をすることで性的満足感が高まる羞恥プレーと言われるコスプレを好む人物はM的性的嗜好(マゾヒズム)が強い性的倒錯者であることからも伺われる。 Mikomaid 自身にはこの性的指向が混乱して、本当の自己の性的嗜好に気付いていないことで性的満足感が得られず、常に欲求不満状態となり、日常生活で攻撃的な言動が産まれるのである。性犯罪者に累犯が多いのは自らの性的嗜好が判らず、性的満足感が得られないことで犯行を繰り返すのである。Mikomaid が過去にネット上で何度も同じ問題を引き起こしているのはこの性癖によるものである証左なのである。

都市の匿名性がない田舎町で自分の特殊な性癖を満たすことができず、家族の手前、自分がふんどしを使用する訳でもなく、小児性愛やコスプレ趣味を地域の子供行事参加や2次元世界であるアニメやゲームで代替して満たしていたものが、匿名性の高いインターネットの世界を知ったことで、3次元世界でもその欲求を満たすことができることをを知ったことである。Mikomaid は信号のない大野原を自由に闊歩しているような気がしているのである。

Mikomaid はウィキペディアを自分の趣味のデーターベース化を図り、私物化しようとしていたのである。とりわけ、自分が新規で立項した「裸祭り」に顕著に表れている。初期の追加記述の殆どは Mikomaid が記述している。加えて、「ふんどし」に2006年4月28日に自ら項目を追記した「ふんどしが見られる全国の裸祭り[46]にも表れている。 それだけに、逆に、他のユーザーが Mikomaid の記述で同性愛や小児性愛を言及した記述を行うと他のユーザーも同調して追記の編集が続くと、自分の思惑から外れてしまうことや、自分が秘匿している性癖が暴露される危惧を抱いたことで、そのような編集に向かわないように、Mikomaid は「同性愛とか小児性愛とか色々書かれてるようですがふんどし#セクシャル以外では取り上げない方が良いと思います」[47]と発言しながら、Mikomaid 自身が2006年4月28日ふんどし#セクシャルで「又、一部の祭りでは女人禁制が若干緩和され、小学生以下の少女が褌姿で参加するようになったが、これに一部のマニアが注目、褌姿の少女をテーマにした同人誌、フィギュア、HP、ブログ、画像掲示板等が相次いで登場した」や「可憐なふんどし姿の少年はアマチュアカメラマンに人気がある」[48]や「アマチュアカメラマンにも様々有り、裸祭りの場合、成人の裸がぶつかり合う勇壮な様子を撮りたい、という人もいれば、成人は撮りたくないが少年は成人より美しくて可愛いから撮りたい、という人もおり、様々です」[49]と記述したことを差し置いて、ユーザーが指摘した「小児性愛者」の記述を削除しまくり、ヒステリックに記述の牽制を行った。スクール水着でも2008年5月28日に「性的嗜好を標榜するのは好ましいとは言えない」[50]と同様の改編を行っている。 これは、自分の性癖が暴かれることを恐れていたことで敏感になり,他の小児性愛者に近親憎悪に似た感情を抱いたこととウィキペディアの記事を私物化しようとする思惑から外れることを懸念した証拠に他ならない。

支配欲[編集]

Mikomaidイメージ画像

他には、Mikomaid は権威に敏感で、権威には従属的になる。これは Mikomaid とウィキペディアのユーザーである 雨降らせて地固める との会話[51]の中で「海獺(らっこ)様は管理者である為、逆らうのはまずい、と考え、間接も良くない、ということで取り敢えず謝罪しました」で窺い知ることができる。幼少の頃より、その場しのぎで平身低頭で問題を回避していた時に身に付けた賜物である。その場凌ぎの「取り敢えず」の用語が Mikomaid からしばしば出てくるのはこの為である。 幼児期には目立たなかった Mikomaid の性格が年齢を重ねるうちに周囲との摩擦を生じるようになり、誰からも相手にされなくなった折りに、その仲介役として登場するのが権威を持った年上の存在であり、役職者であったからである。権威ある者に従順になることで、自己保身を図ることができたが、度重なる問題を起こして、権威者も Mikomaid の擁護ができなくなり、その所属するコミュニティから孤立して、居場所がなくなり排斥されてしまうことである。自ら入信した真如苑も退会したのではなく、Mikomaid の言動が要因となり退会させられたのである。Mikomaid 自身で「これは、実際に在籍した経験によるものであり、全て事実です。ちなみに暴言を吐いた経親の名前はM.K.(塔頭寺院の住職でもある)です」[52] と記述している。

権威には従順なことは、裏を返せば、自分と同じ仲間かそれ以下の後輩や、弱者には権威を背景に支配的な行動となることである。このように他者に攻撃的で挑発的な行動は、相手に「権威」があるかないかの力関係を嗅ぎ分ける能力を身に付けて、権威を威光に権威の無い他者を従属させようとする支配欲から起こる。コメント依頼を濫用していたのも規則や権威を傘にして論議相手を屈服させようと試みたことである。他者への支配欲が常に Mikomaid の潜在意識に内包しているのである。そのため、Mikomaid の潜在心理には相手(対象物)を「敵」か「味方」か、「上」か「下」か、「強い」か「弱い」か、「好き」か「嫌い」かの対立軸が常に存在しており、自己との同軸線が存在していないのである。 支配欲の強いMikomaidは上昇志向が強く、将来は管理職になることを渇望していたのに、日頃の言動から周囲の信頼を得られず、その夢を実現することは叶わず、出世ができず常に支配される側になっていたことで不満は鬱積し、その不満をインターネット上の空間で発散していたのだろう。

Mikomaid が匿名性のある世界と思っていたインターネットで、自分が活用している検索エンジンが、実は、自分の活動記録を暴く凶器でもあったことは Mikomaid の誤算であった。匿名と思っていた行動がIPアドレスで記録され、これまでの匿名の活動がデータベース化されて、我が身に降りかかってきたことである。狭い田舎町では都市の匿名性は確保されず、一部とは言え自らの実名、住所が地域住民に知られたことに加えて、これまで秘匿していた自分の性癖(小児性愛、コスプレ趣味)や性格までが白日に晒されてしまったことは Mikomaid の大誤算となった。今後、自分の子供がインターネットに接続する年頃に達し、父親のネットでの活動歴を発見した際に、父親が掲示板荒らしに加えて特殊な性癖を持つ変態性欲者であることに対してMikomaid は家族にどのように説明するのだろうか。自身のPCを破棄したとしても、ネット空間では検索エンジンでその軌跡が渾然として残り、これまで隠匿していた Mikomaid の秘密が暴かれることで父親としての権威は失墜し、子煩悩で子供の前では良き父親を演じている Mikomaid には父親としての権威の喪失は最も恐れる事態である。これが多感な十代の時期の子供に知れることになると、その衝撃度が大きく、父親の威厳は一挙に失墜し、家庭崩壊の危惧すら懸念される。

Mikomaid のネットでの活動が伝わることで、地元の父兄の間では Mikomaid2008年3月8日に地元小学校のPTAの役員に就任したことや、地域の児童参加行事に関わっていたことで、父母の子供を参加させることで Mikomaid の毒牙にかかるのではないかとの危惧を覚えさせた。その事実を Mikomaid が気付いていないことで自身の行為に自重が掛からないこととなっている。人目のない場所で児童と二人きりとなった場合、自制が効かず「ついついやってしまいました」では済まない問題を起こす懸念すらある。地元の小学校では2012年のPTA役員改選でMikomaid は選任されなかった。自己顕示欲の強いMikomaid は、いずれはPTA会長の座を密かに狙っていて末っ子の卒業式ではPTA会長として祝辞を述べる良き父親を演じようとしたものの、ネットでの行状が父母間でも漏れ伝わったために、周囲から排斥されてその役に就くことが憚れ、その野望は潰えたものである。Mikomaid がこれまで作成した地元小学校のPTA活動のページは削除され、別の父兄の有志が新たに別のPTA活動のサイトを立ち上げた。これまでITの知識があると吹聴して、広報委員として富岡小学校のホームページを一手に引き受けていたMikomaid にとっては面目が潰れる失態となったのである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. 2009年5月20日Yourpedia:荒らし報告・投稿ブロック・保護依頼
  2. [1]
  3. 富岡の美鈴ちゃん
  4. 利用者‐会話:Mikomaid
  5. 利用者‐会話:Mikomaid
  6. [http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E8%A3%B8%E7%A5%AD%E3%82%8A&diff=prev&oldid=27828766 ノート:裸祭り 2009年9月7日」
  7. 利用者‐会話:Mikomaid
  8. 利用者‐会話:Mikomaid
  9. 「私に対する逆恨み、個人攻撃以外の何物でもありません。この様な行為は終わりにしてください」 Wikipedia:CheckUser依頼/MikomaidとA. J. Kuonji 2007年12月26日
  10. [http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E8%A3%B8%E7%A5%AD%E3%82%8A&diff=prev&oldid=27828766 ノート:裸祭り 2009年9月7日」
  11. 利用者・トーク:Sysop 2013年3月19日
  12. 削除記録
  13. 利用者・トーク:Sysop 2013年7月14日
  14. 利用者‐会話:Mikomaid
  15. 利用者‐会話:Mikomaid利用者‐会話:YANCHARIKA#プレビュー機能のお知らせ
  16. 利用者‐会話:Mikomaid 2007年10月6日
  17. [利用者‐会話:YANCHARIKA 2007年11月25日
  18. 利用者‐会話:122.249.111.140
  19. 利用者‐会話:218.41.18.12お会式 2006年6月1日
  20. 利用者‐会話:Mikomaid
  21. 「私に対する逆恨み、個人攻撃以外の何物でもありません」 CheckUser依頼/MikomaidとA. J. Kuonji 2007年12月26日
  22. [2]
  23. CheckUser依頼/MikomaidとA. J. Kuonji
  24. Yourpedia:荒らし報告・投稿ブロック・保護依頼 2009年][[5月17日]
  25. 上町い組アルコール依存会掲示板
  26. Yourpedia:削除依頼 2011年11月22日
  27. Youtube
  28. Yourpedia:削除依頼 2011年11月22日
  29. Yourpedia:荒らし報告・投稿ブロック・保護依頼 2009年5月17日
  30. Yourpedia:荒らし報告・投稿ブロック・保護依頼 2009年5月19日
  31. 利用者・トーク:Mumbly 2012年11月17日
  32. 利用者・トーク:Sysop 2011年11月14日
  33. 「そもそも私の環境は骨董品なのでYouTubeを利用できません」 Yourpedia:削除依頼 2011年11月22日
  34. 上町い組アルコール依存会掲示板
  35. Yourpedia:削除依頼 2011年11月22日
  36. Yourpedia:削除依頼 2012年11月23日
  37. ノート:真如苑
  38. ノート:裸祭り 2009年9月7日
  39. オナニー
  40. 手帳持ってるから年金OKって事はないですが年金受給者は手帳の交付を受けられます
  41. ノート:播州の秋祭り 2008年7月15日
  42. [Yourpedia:荒らし報告・投稿ブロック・保護依頼/過去ログ2011年9月 - 2012年9月 2011年11月10日
  43. 利用者・トーク:Abcdefgh 2012年11月18日
  44. 東京新聞記事
  45. 裸祭り#少年裸祭り裸祭り裸祭り裸祭り#裸祭りに出場する少年褌が見られる全国の祭り
  46. [ふんどし
  47. ノート:ふんどし#朝日ネットユーザーの方ノート:裸祭り#朝日ネットユーザーの方利用者‐会話:122.249.111.140#朝日ネットユーザーの方ノート:和太鼓#朝日ネットユーザーの方, スクール水着 2008年5月28日
  48. 裸祭り播州の秋祭り創作和太鼓
  49. 利用者:弥/備考に関する提案 2007年3月18日
  50. [スクール水着 2008年5月28日
  51. 非常に失望いたしました
  52. ノート:真如苑 2007年5月21日
この記事の内容について、第三者から「根拠がなく批判的・批評的だ」と苦情・抗議が来ています。この投稿に参加した時点であなた自身に責任が及ぶ可能性もあります。この記事を編集・執筆する方は自らの責任を自覚した上で利用してください。詳しくは基本方針を参照してください。記事の執筆にはYourpediaへログインを推奨します。
この記事はウィキペディアで議論・削除が検討された投稿内容が多く含まれています。追加記事の投稿など編集に参加する場合、編集に参加したあなた自身に責任が及ぶ可能性があります。この記事を編集・執筆する方は、自らの責任を自覚した上で利用してください。詳しくは基本方針を参照。