鉄道車両

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

鉄道車両(てつどうしゃりょう、Rolling Stock)は線路の上を走行する車両である。

狭義の「鉄道車両」[編集]

日本法律においては、本線の線路上を走行するためには鉄道車両としての登録がされている(車籍を有する)ことが必要(甲種輸送等の例外もあり)であり、狭義にはこの車籍を有する車両のことをいう。そのため、鉄道の線路の上を走行する車両であっても、車籍を有しない保線用の機械や除雪用のモーターカー、構内入換用の小型機関車などは、正確には鉄道車両ではないことになる。また、日本の法律では路面電車等の軽軌道は本格的な鉄道とは区別されており、したがってこれらの区間のみで用いられる車両も鉄道車両ではないことになるが、中には京福電鉄のように軌道線と鉄道線を直通している例もあり、煩雑である。なお地下鉄は世界的には軽軌道に分類される事が多いが、日本では名古屋市営地下鉄の開業以降、鉄道線に準ずる存在と位置づけられている。→詳細は、日本の地下鉄を参照されたい。

鉄道車両としての登録から削除する(車籍を抜く)ことを用途廃止といい、一般的には廃車という。

鉄道車両の種類[編集]

鉄道会社別の車両は、各鉄道会社のページ参照。

鉄道車両の構成[編集]

駆動装置系は電車等のページで個別に

鉄道車両の形式・車号呼称[編集]

各車両には形式名を含む車号(番号)が付与、表示される。また、編成単位に編成番号を表示している会社もある。鉄道の車両番号も参照。

なお、車両呼称とは別に特急用車両特別席を有した一部の車両には「車両愛称」として愛称を与える場合もあり、案内などで使用される場合もある。たとえば、京成電鉄の「スカイライナー」のように当初は使用車両であるAE形電車の愛称であったものが、列車愛称に流用される場合もある。

合造車[編集]

なお、ある種の需要が偏っており、1両の定員では定員の半数程度しか見込めないなどで捌くことが難しいがサービスのために旅客車を中心に用途が異なる(例えば荷物室と旅客席を設ける)や等級制を採っている場合には一等席二等席など2種類以上の等級、座席と寝台などを同一の車両の中で設ける場合がある。こういった車両のことを合造車(ごうぞうしゃ)と称する。主に2つの用途を複合させた車両が多いが、古くは現在の普通席に相当する三等席と郵便室と荷物室、さらには二等席も加わった、3〜4つの用途を複合させた車両も存在した。

編成[編集]

列車として使用する際に単独ないしは2両以上組み合わせて使用される。その際の使用車両の概要を編成という。そのため、1両のみで運行される場合、「1両編成」という場合もある。現在では、地方のローカル線のように、とりわけ極端に輸送人員が少ない場合や、ほとんどの路面電車をのぞき、2両以上が原則となるものが多い。

また、車両の中には必ず2両以上を連結して運行される必要があるものをユニット(編成単位)と言い、101系電車以降の「新性能電車」における電動車ユニットが最低でも必要となる。

その内、輸送力が最小時の必要両数で組成された部分を基本編成と称する。又、輸送力増強のための増結編成を付属編成と言い、列車全体を単位として電源やサービス設備を設計する手法を固定編成と言う。

これらを運転中に編成落とし(列車の増結、解結)をしたり、分離運転(多層建て列車)したりする。

寿命と廃車[編集]

鉄道車両の寿命は車種によってまちまちであるが、事故災害などで使用不能になるケースを除くと、おおむね在来線車両で10~30年程度、高速運転を行う新幹線車両は十数年程度である。寿命が来る前に環境の変化や組み替えなどで廃車になるケースも存在する。詳しくは廃車 (鉄道)を参照されたい。

関連項目[編集]

de:Eisenbahnwageneo:Vagono fr:Voiture de chemin de fer nl:Rollendmaterieelfabrikant pl:Wagon ru:Вагон sl:Železniški vagon zh:鐵路車輛