6月

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

6月(ろくがつ)はグレゴリオ暦の第6のに当たり、30日ある。

日本では、旧暦6月水無月(みなづき)と呼び、現在では新暦6月の別名としても用いる。水無月の由来には諸説ある。文字通り、梅雨が明けて水が涸れてなくなる月であると解釈されることが多いが、逆に田植が終わって田んぼに水を張る必要のある月「水張月(みづはりづき)」「水月(みなづき)」であるとする説も有力である。他に、田植という大仕事を仕終えた月「皆仕尽(みなしつき)」であるとする説、水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」であり「水の月」であるとする説などがある。梅雨時の新暦6月の異称として用いられるようになってからは、「梅雨で天の水がなくなる月」「田植で水が必要になる月」といった解釈も行われるようになった。

英語名であるJuneローマ神話ユピテル(ジュピター)の妻ユノ(ジュノー)から取られた。ユノが結婚生活の守護神であることから、6月に結婚式を挙げる花嫁を「ジューン・ブライド」(June bride、6月の花嫁)と呼び、このに結婚をすると幸せになれるといわれる。

現在日本では8月と並んで、国民の祝日が無い。その上お盆のような休暇も取れない月ともいえる。しかし一部に時の記念日6月10日)や夏至(6月21日頃)の休日化を目指す動きもある。なお1993年には、徳仁親王殿下小和田雅子様結婚の儀により、6月9日国民の祝日とされた。

異名[編集]

いすずくれづき(弥涼暮月)、えんよう(炎陽)、かぜまちづき(風待月)、けんびづき(建未月)、すいげつ(水月)、すずくれづき(涼暮月)、せみのはつき(蝉羽月)、たなしづき(田無月)、たんげつ(旦月)、とこなつづき(常夏月)、なるかみづき(鳴雷月)、ばんげつ(晩月)、ふくげつ(伏月)、まつかぜづき(松風月)、みなづき(水無月)、ようひょう(陽氷)

6月の季語[編集]

(あおい)、アイリス菖蒲(あやめ)、アマリリス(Amaryllis) 、 オリーブの花、杜若(かきつばた)、(かき)の花、額紫陽花(がくあじさい)、(こけ)の花、桜桃(さくらんぼ)、朱欒(ザボン)の花、著莪(しゃが)、ジギタリス(Digitalis:狐の手袋) 、鈴蘭(すずらん)、(すもも:酸桃)、(だいだい)の花、唐菖蒲(とうしょぶ:グラジオラス)、花菖蒲(はなしょうぶ)、ベゴニア(Begonia) 、(べに)の花、蜜柑(みかん)の花、(ゆず)の花、花橘(はなたちばな)、 青梅(あおうめ)、(あんず:杏子)、紫蘇(しそ)、実梅(みうめ)、山桜桃(ゆすらうめ)、辣韮(らっきょう)、 玉葱(たまねぎ)、枇杷(びわ)、早苗(さなえ)、 青すすき葭切(よしきり:葦切/葦雀)、翡翠(かわせみ:川蝉/魚狗)、雪加(せっか:雪下)、 糸蜻蛉(いととんぼ)、(はえ)、蠅除(はえよけ)、蠅叩(はえたたき)、蜘蛛(くも)、蜘蛛(くも)の囲、蜘蛛(くも)の巣、ゲジゲジ油虫(あぶらむし)

6月の年中行事[編集]

6月に行われるスポーツ[編集]

6月がテーマの楽曲[編集]

その他[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は6月にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。