ANNニュース

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ANNニュースとは、テレビ朝日(EX、ANN系列局)で放送するニュースの総称。今現在、朝・午前11時台・午後・週末夜に同名のニュースが放送されている(一部のニュース素材も含め、ハイビジョン制作)。タイトルロゴは「ANN NEWS」という英字表記で統一されている(2003年10月の現社屋への移転を機に統一)。

キー局が発信する「○NNニュース」というタイトルのニュース番組の中ではレギュラー放送が最も多い(JNNは週末の早朝・昼・深夜の週6回、FNN・NNNは週末深夜のみの週2回と年末年始の期間)。

朝(旧:ANNニュースフレッシュ[編集]

平日は2004年春からオープニングに独自ジングルを使用(2003年秋から半年間は現行標準ジングルだった)。2006年3月31日まで『朝いち!!やじうま』に内包。『朝いち!!やじうま』からの流れか、項目切り替え時は効果音が鳴る。『朝いち!!やじうま』ネット局では、CM前に「この後はニュース…」と表示された。

同年4月3日からは、『やじうまプラス』に内包される形となった。オープニング及びエンディングには『やじうまプラス』のCM前ジングルを使用している。さらに項目切り替え時の効果音、CM前ジングルも『やじうまプラス』と同じである。また項目テロップも『やじうまプラス』のテロップをベースにしたものになっている(ANNのロゴが付け加えられている)。

土曜日と日曜日の放送では、オープニングはスタジオ映像に右上ロゴ表示の短いバージョンであり、天気予報もある。土曜日はテレビ朝日のみ『やじうまプラス』に内包されていたが、『やじうまプラス』の放送時間変更のため、2006年4月1日から放送時間を繰上げ、独立番組となった。日曜日も同年4月2日から土曜日と同じ放送時間となる。なお繰上げに伴い、土日の放送時間が15分から10分に短縮された。

放送日時[編集]

平日
  • 05:50~05:59(『やじうまプラス』を内包)
    • 『やじプラ』を6:25に飛び乗る北海道テレビ放送や『やじプラ』未ネットの朝日放送では独立した番組となる。又、『やじプラ』6:00飛び乗り局は、瀬戸内海放送等一部ネット局を除き事実上この「ANNニュース」から番組開始となる。
    • 2006年4月3日からは1分時間が伸びるが、実際は間に1分間のコマーシャルが入っているので正味時間はこれまでと同じ。
土・日曜日
  • 05:50~06:00

担当のアナウンサー[編集]

2007年4月 -

水・木
土・日

各局の平日朝の全国ニュース[編集]

昼(旧:ANNニュースライナー[編集]

平日のみバーチャルのスタジオ(CGと実写を合成したもの)で、オープニングはCG付きの通常のバージョン(平日はヘッドライン付き)があり、土曜日と日曜日は報道フロアから。

平日のバーチャルスタジオ登場は2000年10月からで、同時に平日に限り、他の時間帯のANNニュースより先行して英字表記「ANN NEWS」となった。土曜・日曜は他の時間帯同様2003年10月から英字表記となっている。

平日のヘッドラインの時に流れるBGMが2005年12月から日テレNEWS24の番宣と同じ曲を使っていたこともあったが、問題があったのか2006年4月にはリニューアルに合わせ別の曲に変わっている。

日曜日は、2004年3月まで直前の11:46~11:49に『首都圏ニュース』(『ライナー』時代は『首都圏ライナー』)を放送していたが、最後の半年間は冒頭のタイトルロゴ表記が「ANN NEWS」の一方、途中の項目テロップは「ANN」の文字が抜き取られ、最後には「つづいてANN NEWS」と表示されており、この番組が「首都圏ニュース」なのか「ANNニュース」なのかはっきりしないままでの放送だった。ちなみに2002年頃には『ザ・フロンティアーズ25』放送のために半年間、天気予報のみになったこともあった。 2005年10月より『Sunday!スクランブル』に内包された形になった為、オープニングはスタジオ映像に右上ロゴ表示の短いバージョンに変更され、音楽も独自の物になった。なお、11時55分20秒に流れるローカル枠切り替え時のジングルは、『Sunday!スクランブル』のジングルが流れる。この時のジングルは、『Sunday!スクランブル』未ネット局でも聴ける。

この時間はクロスネット局福井放送テレビ宮崎)を含めた全てのANN加盟26局で放送されている。クロスネット局では日曜日の放送が「24時間テレビ」ならびに「FNSの日」に当たっても例外なく放送される。土曜日と日曜日は途中でローカルニュースに切り替わるが、一部地域では関東ローカル枠を引き続きネットしている系列局がある。平日はクロスネット局2局を除き、ローカルニュースへの切り替えはないため、『ワイド!スクランブル』11時台をネットする地域は、同番組内の「ちょっと気になる!?ニュース3分勝負」や「芸能3分ナビ」といったコーナーの時間帯をローカルニュース差し替え枠に充当させており、そうでない地域は別番組でローカルニュースを放送する(たいていの局は全国ニュースの直前だが、北陸朝日放送は11:25~11:30、長野朝日放送メ~テレ山口朝日放送では12:00との間のステーションブレイクを使う)。

テレビ朝日ではローカルニュース・天気予報の枠はないが、画面左上に天気予報テロップが表示される。またメ~テレでも同様に画面左上に天気予報テロップが表示されている(ただしローカルニュース枠もあるため、まれに天気予報を流す事がある)。

放送日時[編集]

平日
  • 11:45:00~11:56:55(『ワイド!スクランブル』に内包)
土曜日
  • 11:45~12:00
日曜日
  • 11:50:00~11:58:55(『Sunday!スクランブル』に内包)

担当のアナウンサー[編集]

平日
キャスターが一人体制になって以降、男性キャスターの時は女性アナウンサー、女性キャスターの時は男性アナウンサーが影読みを担当(シフト勤務)
土・日曜日
  • 1993年4月~1995年9月 小林一枝
  • 1995年10月~1996年9月 木下智佳子
  • 1996年10月~1997年3月 川瀬眞由美
  • 1997年4月~1999年3月 松苗慎一郎
  • 1999年4月~2000年3月 中山貴雄
  • 2000年4月~2000年9月 飯村真一川北桃子(土)、飯村真一(日)
  • 2000年10月~2002年3月 飯村真一、高橋真紀子(土)、松井康真(日)
  • 2002年4月~2002年6月 飯村真一
  • 2002年7月~2003年3月 川瀬眞由美
  • 2003年4月~2004年3月 松井康真
  • 2004年4月~2005年3月 真鍋由
  • 2005年4月~2006年3月 小松靖
  • 2006年4月~ 大熊英司

午後[編集]

放送日時[編集]

平日
  • 14:55~15:00(※地域によってタイトルが違う)
土・日曜日
  • 15:25~15:30(※一部地域を除く)

担当のアナウンサー[編集]

午後のANNニュース放送状況[編集]

基本的に『ANNニュース』で統一。但し、地域によって放送時間、番組名が違う所もあれば、放送しない地域もある。

その他、系列外の四国放送日本テレビ系=NNN)でも月~金曜15:55~16:00に「ANNニュース」の題名で放送されている(但し、四国放送のホームページ内のタイムテーブル等では「ニューススポット」と表記)。尚、同時間帯の九州朝日放送「KBCニュース&ウェザー」は原則エリアニュースを放送。テレビ宮崎ではこの時間にANN発のニュースを放送する事は絶対にない。瀬戸内海放送は土日のみANNニュースをネット。平日は15分の情報番組の枠内でローカルニュースを放送するため未放送となっている。また北海道テレビ放送も以前は同時間帯にエリアニュースを放送していたが、「イチオシ!」の枠拡大などで現在は廃止されている。

20:54[編集]

土曜・日曜には20:54にスポットニュース枠として存在する。「ニュースステーション」開始までは平日20:54にANNニュースが存在したが、現在は存在しない。ただし年末年始などで「報道STATION」が休止の場合は平日であっても放送される(一部例外有り)。なおこの時間にサッカー日本代表戦が放送される時はハーフタイムに放送。

  • 各系列局独自の番組名で放送する事を前提としている為、番組開始時のタイトルロゴは全国送出されない。従ってオリジナルタイトルのまま『ANNニュース』として放送する地方局も含め、タイトルテロップは地方局独自の物になる。
  • 各地での放送状況(土日)
    • 北海道テレビ「HTBニュース」(以前は全国ニュースのネット【※】だったが、2006年6月からエリアニュースに変えて放送している。)
    • 青森朝日放送 OP:「ANNニュース」、ED:「ANNニュース あすの空もよう」(天気は青森ローカル)
    • 長野朝日放送「ニュース&天気予報」(天気は長野ローカル)
    • 名古屋テレビ「メ~テレニュース」(原則ローカルニュースを放送)
    • 朝日放送「ABCニュース」(通常全国ニュースだが、たまに全部あるいは一部をエリアニュースに差し替える場合がある。)
    • 広島ホームテレビ「ANNホームテレビニュース」(ANNニュースとローカルの天気予報を放送)
    • 愛媛朝日テレビ「eatニュース」(原則ローカルニュースを放送)
    • 九州朝日放送「KBC NEWS」(原則ローカルニュースを放送)
    • 熊本朝日放送「KABニュース&天気」(原則ローカルニュースを放送)
    • 鹿児島放送「KKB NEWS~ANN~」(原則としてANNニュースを放送)

【※】かつては、「HTBニュース~ANN~」の名称に差し替えてANNニュースをネットしていたが、2004年1月ごろから2006年5月までは、タイトル差し替えなし(タイトルは「ANNニュース」のまま)でネットしていた。

担当のアナウンサー[編集]

 シフト勤務(その夜の『ANN NEWS&SPORTS』担当のアナウンサーが入る場合が多い)

夜(かつての「ANNニュースファイナル」)[編集]

1987年10月改編以来、22時以降のANN加盟局のニュースにすべて固有の名称がついたことから、通常はこの時間に「ANNニュース」は存在しない。それだけでなく、ANNを冠したニュース番組すら、平日においては「ニュースステーション」以来存在しない(事実上はANNのニュースである)。

現在は年末年始の期間(「報道ステーション」「ANN NEWS&SPORTS」休止期間中)のみ、当該時間帯の「ANNニュース」が設けられる(下記の「年末年始」を参照)。

ANN NEWS&SPORTS[編集]

年末年始[編集]

平日23:00ころから10~15分間 土日・年始24:00ころから5~10分間

キャスター:(平日)『報道STATION』担当アナ (土日・年始)シフト勤務

※放送開始及び終了時間は、直前の番組の終了時間により繰り下がる場合がある。また、年末はずっと同一キャスターで放送されているが、毎年担当が変わる。平日は『報道ステーション』、土日は『ANN NEWS&SPORTS』のそれぞれ休止期間に放送(いずれも年始時を含む)。また、一部地域では、後半部分(天気予報を含む)をローカルニュースに差し替えている。

また、大晦日の深夜には『朝まで生テレビ○○恒例・元旦スペシャル』として内包している。

その他の特例[編集]

2016年7月3 日の朝はサッカーが延長した為スポーツサタデーの代理で放送された

歴代ANNニューステーマ曲[編集]

  • 「朝日ニューストップタイトルのための音楽」作曲・黛敏郎 と言われているが、不明
  • 「ANNニュース1970 - 1975テーマ曲」作曲者・不明
  • 「ANNニュース1975 - 1980テーマ曲」(別名:パッパヤーバージョン)作曲・宮川泰
1975年に採用されている「ANNニュース共通オープニングアニメ」を継続して使用。
  • 「ANNニュース1980 - 1982テーマ曲」(別名:パッパヤーバージョン2)作曲・宮川泰(曲のアレンジをポップなものに変更。ファイナルのみアレンジが異なる)
テレビカメラのレンズと断面から始まるANNニュースでは共通の特撮風オープニング。但しANNニュースファイナルのみは薄暗いスタジオに通称箱降りのCGをスーパーした。
  • 「ANNニュース1982 - 1984テーマ曲」(別名:格子絨毯)作曲・不明(ピアノの前期とシンセサイザー系の後期がある。前期の物は怖い印象が強く、視聴者から不評だった為3ヶ月後に後期の物に差し替えられた。)
番組毎に異なるオープニングを制作した。前期のテーマ曲はピアノ弾きのもので、タイトルが出来たときと音楽の終わりに「ドゴーン」という電子音があった。
3ヶ月後から使われた後期のシンセサイザー系はタイトルアニメはそのままで音楽のみ差し替えたもの。ニュースレーダーのものはこれをアレンジしたものでさらに軽快な印象だった。
  • 「ANNニュース1984 - 1985テーマ曲」作曲・不明(別名·黄金タイルとも)
共通の黄金タイルアニメ。ニュースレーダーのみは黄金タイルは現れずタイトルが飛んでくるだけのもの。レーダー、ファイナルでは最初に当日のニュース映像が3本映し出されてた。
  • 「ANNニュース1985 - 1990テーマ曲」(別名:青屏風、世界地図)作曲・松岡直也
1985年にスタートしたニュースステーション(終了)のオープニングテーマのアレンジバージョンが使われていた。ニュースレーダーでは当日のニュース映像3本もタイトルのあとに流れてきた。
  • 「ASTINA」作曲·窪田宏
  • 「ANNニュース1993 - 1996テーマ曲」(別名:地球機械儀)作曲・不明 (※昼のニュースの曲は別バージョン)
透明な地球儀の中に歯車などがあり、その奥にタイトル。
宙に浮いた4つの水玉がはじけて泡とともにタイトル。
  • 「ANNニュース1997 - 1999テーマ曲」作曲・不明
雑木林の道をロケット花火が打ち上げられ、タイトルになるCG。季節毎に配色が違っていた。ノスタルジアな印象があった。
  • 「ANNニュース1999 - 2002テーマ曲」(別名:平行線ワルツ)作曲・不明
ANNニュースの文字が一字づつ平行線上に斜めに現れる。
※平日昼のニュースについては、2000年10月(バーチャルスタジオ初登場)から2002年9月まで独自のオープニングとテーマ曲(Silent Poets「HOPE」)を使用。
当初はお昼のニュースのみで2002年10月から使われていたが、2003年の年明けから他の時間にも拡大した。しかしCGは「平行線ワルツ」のままで、「ANNニュースフレッシュ」土日版のCM前だけは最後まで更新されず旧テーマだった。(この曲はNTTドコモのラジオCMのBGMににも使われた)
  • 「TIME ANGEL Ver.Ⅱ」作曲・ナッシュスタジオ
2003年9月29日~2006年3月31日までの平日早朝枠(朝いち!!やじうま内)で使われた。
  • 現行「ANNニューステーマ曲」作曲・光氷櫓

タイトルロゴの変遷[編集]

  • 初代 1970~1973 この時期は全番組タイトル共通 参考:当時のタイトル
  • 2代目 1973~1985.9 当時NNNとのクロスネット局だった福島中央テレビでは、現在でも「FCTニュース」のタイトルロゴとして使用。
  • 3代目 1985.10~1987.9「ニュースステーション」のスタートに合わせて全番組のロゴをリニューアル。
  • 4代目 1987.10~1993.3 「ニュースシャトル」「ANNニュースフレッシュ」開始に合わせ、全番組のタイトルロゴをリニューアル。ちなみに福島放送『KFBニュース』や熊本朝日放送『KABニュース&天気』ではこの当時のタイトルロゴが使用されている。
  • 5代目 1993.4~1997.9
  • 6代目 1997.10~1999 青い(番組によっては紫、深緑)楕円の中に銀色の「ANN」と金色(番組によっては銀色)の「ニュース」。
  • 7代目 1999~2003.9 現在も東日本放送午後の『KHBニュース』枠やテレビ宮崎日曜昼の『ANNニュース』では未だにこの当時のロゴである。
    • 2001年10月からは平日昼のみ『ANN』のロゴを元に『NEWS』のタイトルロゴを作成し『ANN NEWS』という表記になった
  • 8代目 2003.10~現在 発足以来変更されることがなかった「ANN」のロゴが変更され「NEWS ニュース」とローマ字とカタカナのダブル表記となった

沿革[編集]

  • 1959年3月 日本教育テレビ(NETテレビ。現在のテレビ朝日)開局と同時に、朝日テレビニュース社東映朝日新聞社の合弁)製作の「NETニュース 朝日新聞製作」として放送開始。九州朝日放送にもネットされる。(タイトルは「KBCニュース」)
  • 1959年5月 3社ニュース枠向け「朝日新聞ニュース」の製作が朝日テレビニュース社に移管され、実質「NETニュース」と同内容となる。
  • 1960年4月 毎日放送札幌テレビにもネットされる。但し前者は「MBSニュース」、後者は「朝日新聞ニュース」のタイトルで放送。
  • 1962年4月 名古屋テレビにもネットされ、「朝日新聞ニュース」のタイトルで放送。
  • 1967年4月 日本の民放で初めての深夜の30分ワイドニュース「NETテレビ(ないしは系列局名) 夜のワイドニュース」開始。
  • 1968年11月 北海道テレビにもネットされ、「HTBニュース」のタイトルで放送。
  • 1969年4月 中京テレビにもネットされ、「中京テレビニュース」のタイトルで放送。
  • 1970年1月 「NETニュース」を「ANNニュース」に改題。ネット局も随時この名称に統一。
  • 1973年4月 東海地区のネット局が名古屋テレビに統一。
  • 1974年4月 ANN協定締結。
  • 1975年3月 近畿地区のネット局が朝日放送に変更。
  • 1985年10月 テレビ朝日『ニュースステーション』放送開始。製作を全面協力。
  • 1989年4月 テレビ朝日・朝日放送『サンデープロジェクト』放送開始。製作を全面協力。
  • 1989年10月 通信衛星を使用して(株)衛星チャンネルが「朝日ニュースター」を開局。製作を全面協力。
  • 1993年4月 山形地区のネット局が山形テレビに変更。 

外部リンク[編集]