Mikomaid のソックパペットの一覧

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

本項目「Mikomaid のソックパペットの一覧」は、先編集権が主張されています「同意を得ないリバート」「記事の置き換え・白紙化」等の不正改竄は荒らしとみなされブロックされますので、ご注意ください。また、このテンプレートを剥す行為も荒らしとみなされますのでご注意下さい。どうしても自分の意に沿う編集をされたい場合は「Mikomaid のソックパペットの一覧 (2)」という様な感じでフォークを立てて下さい。

現在この記事は、Mikomaid こと大野晋吾による荒らし行為が後を絶ちません。この記事に関しては徹底的な監視をお願いします。また、彼により荒らされた場合は速やかに差し戻して下さい

Main Account[編集]

↑上毛新聞 の画像。Mikomaid は右上の男性。
Mikomaid 似の類似加工顔面

Sockpuppet[編集]

総括[編集]

Mikomaidイメージ画像
Mikomaidイメージ画像

Mikomaid はウィキペディアンの中でウィキホリックと呼ばれるジャンルやユアペディアン2ちゃんねらーネットストーカーとは大きく異なる「特異で異様」な行状を見せている。 2ちゃんねるで掲示板荒らし行為を行う一方で、他者の掲示板荒らしの削除依頼を行ったり、ウィキペディアでも非難されるような行為を行う 一方で、他者の同様の行為を非難する。Mikomaid のダブルスタンダードな精神構造は常人には理解し難いものがある。放火犯が消防署に第一発見者として通報するようなものである。放火犯は炎上して現場が混乱する様に興奮する愉快犯であり、しかも、第一発見者として表彰まで受けることで快感を覚え、常習性、反復性が高くなる。 Mikomaid は掲示板荒らしを行うことで、ユーザーの怨嗟の書き込みを読んで自己の力を誇示したことで満足感を得て、一方では、掲示板荒らし削除依頼を行うことで自らの犯行を隠すと同時に良識有るユーザーのポーズを取っていたのである。

本人には常に正当な行為を行っているものであり、他者が自分と同様の行為を行うことは許し難い行為であるとの選民思想が本人の脳裏を支配し、自分は特別な選ばれた特権を持つ人間であるとの意識か、現実の自分から遊離して別の人物が特異な行為を行っていて、本人自身では意識していないような節があるのである。
Mikomaid 似の類似加工顔面

これらの Mikomaid の言動は発達障害(大人の自閉症)や 虚言癖躁病偏執病依存症人格障害解離性同一性障害学習障害統合失調症 の観点で見れば、この Mikomaid の特異な人物像が浮かび上がる。或いは、既に統合失調症の病状を発症しているのではないかと思わせる程の行状なのである。以下、Mikomaid のウィキペディア上での言動を検証してみると、Mikomaid2009年5月20日Yourpedia:荒らし報告・投稿ブロック・保護依頼で相手を「まともでない人間」と非難したが、一方の Mikomaid 自身も「社会復帰を目指して努力してる最中です」と現在、一般社会と断絶した生活を送っている「まともでない人間」であることを自ら告白している[1]。自身は「職業訓練中であった」と告白[2]しているが、ウィキペディアの活動歴を調べれば平日日中のログイン時間からして職業訓練校に通っていた形跡は見当たらない。そもそも、齢40歳を越えた男性が、これまでの職歴を捨てて、新たな技能を身に付けるために職業訓練校に通わなければならないとしたら、再就職に極めて困難を来している証でもあるのである。前職で相当な問題を起こしたのではないかと窺わせられる発言であるが、その後のMikomaidの行動からして、Mikomaid 特有のその場凌ぎの虚位の発言であると断定できるだろう。また、2013年11月23日に「IT関連の仕事をしている」と主張して、どこかで、日中に勤務しているように装っているが、技術革新の激しいIT業界で10年近く就業していないブランクがあり、これまでIT業界で就業経験のない中高年を雇うような奇特な企業は富岡市や高崎市の周辺にはない。若年層でも就業に困難を来している群馬県の片田舎で就業できるとしたら非正規の短期雇用かアルバイトが関の山である。そもそも、Mikomaid会話/履歴/ログ/メールAbcdefgh会話/履歴/ログ/メールは同一人物なのである。加えて、はぁとちゃん愛好家会話/履歴/ログ/メールMikomaid会話/履歴/ログ/メール自身なのである。はぁとちゃん愛好家会話/履歴/ログ/メール が登場してからAbcdefgh会話/履歴/ログ/メールの管理者業務が激減したことと、Abcdefgh会話/履歴/ログ/メールが登場したすぐ後にはぁとちゃん愛好家会話/履歴/ログ/メール が編集を開始することからも、Mikomaid会話/履歴/ログ/メールは現在も就業はしておらず、はぁとちゃん愛好家会話/履歴/ログ/メール 名義で日中、細々とユアペディアで編集を続けて暇を潰しているのである。世間体を気にして、名目上、「ITの仕事をしている」と主張しているに過ぎず、実際は、実家の「写真館」同様、客のいない開店休業の状態なのである。

「神社仏閣が好きな者です」と自己紹介[3]しながら、自分はキリスト教系の私立学校を卒業し、その後、仏教系の新興宗教に入信し、そして退会に追い込まれ、一方では長男と次男を自分と同じ私立のキリスト教系の学校に入学させるなど、第三者には自身の宗教観、倫理観が疑われる人物である。また、自身の自己紹介に於いても他の趣味で性癖にあたる「巫女」、「メイド」、「祭り」や「カメラ」、「鉄道」など他人と協調する必要性が薄い孤独癖を表す趣味を持つ人物であることがわかる。

ファイル:09085868493.jpg
Mikomaid のイメージ画像

百科事典の編集には「教養」が要求される。教養とは単に知識だけでなく品性も要求されるのものである。特に、インターネット空間は規制もない自由空間であるだけに、それだけに参加者のモラルや自主規制が問われる空間である。健全なインターネットコミュニティを構築するには、Mikomaid のような「教養」もないネット掲示板で再三の荒らし行為を繰り返す卑しい人物の参加は容認されるべきものではない。Mikomaid は自由の概念をはき違えた人物であり、掲示板荒らしを行う人物は常習性、反復性を持ちその改善は難しい。Mikomaid 本人はmixiの自己紹介で「人生の目標は限りなく自由に生きる事。今は義務を果たしながら自由奔放に生きようと思っている。今のところの満足度は70%位かな」と2009年12月10日に書き込みを行ったが、普段、一般人は意識しない「自由」を、このような書き込みを行うほど日常生活の「自由」に制約を受けている人物であることの証左でもあるのである。対人関係で数多くの衝突を繰り返し、また、家業、家族を放り出し、妻を外に働きに出し、安易な道に走って日夜ネットに張り付いて自分の好きなことしかしない人物が「まともな人間」として義務を果たしていると言うのであろうか。義務は果たしても「責任」の言葉が欠けていることからもこの人物の本性(無責任性)は好き勝手な事をして周囲に迷惑を放つことを表しているのである。

恐らく、Mikomaid は知的コンプレックスに悩まされ、その解消にウィキペディアの編集を通じて自尊を取り戻そうとしたのではないだろうか。昔は利口な子と自他共に認められていたのに今ではすっかりと零落れてしまって、社会的落伍者となった自分を取り戻す手段としてウィキペディアの編集を通じて自尊を取り戻そうと目論みたのに、現実の壁がMikomaidの前に立ちはだかり、基礎知識の無さと自己の過大なる過信による自惚れからウィキペディアの編集から閉め出されてしまい、果てには自身の性癖まで暴露されて現実の生活にまで制約すら受けるようになってしまった。

今のMikomaid会話/履歴/ログ/メールにとってはユアペディアで自身の秘密を秘匿するのに手一杯の状況で、当初の目論みとは正反対の結果を招くようになってしまったのではないだろうか。 自己に反省能力と落ち着いて周囲を伺う能力があればこれ程までに自己の私生活まで追求されることはなかったのに、嘘に嘘を重ねて強気の姿勢を貫いたことで袋小路に嵌まり、逆に追求の手が鋭くなってしまう現実を読み間違えてしまったのである。

Mikomaid会話/履歴/ログ/メールの深層心理には「上昇志向」があるのだろう。自身が主導的立場にならなければ気が済まない気質であっても近視眼的なMikomaid会話/履歴/ログ/メールの能力では「適正な判断が下せず、周囲を混乱させる人物」と日頃の言動から周囲の組織やコミュニティに属する人々から評価が定まってしまい、Mikomaid会話/履歴/ログ/メールの野心を挫いていたのである。もがけばもがく程、底沼に落ち込む状況を把握できないことをMikomaid会話/履歴/ログ/メールが自身で理解しない限り、Mikomaid会話/履歴/ログ/メールは生涯に渡り問題を抱え続ける人生が待ち受けていることが予想できるのである。


Mikomaid の人生は広島タクシー運転手連続殺人事件の犯人と同質性を感じるものがある。資産家の末っ子の三男で、高校時代までは自他共に認める文武両道の優等生であった人物である。Mikomaid と違って、人望もあり、将来を嘱望されていたが、志望していた有名国立大学の推薦入学が叶わず、滑り止めとしていた地元の国立大学の入試にも失敗し、不本意な地方私立大学に進学したことで、酒とギャンブルに溺れて自暴自棄の転落の人生が始まった。自堕落な生活で大学の留年が決まり、見下していた同級生達が国家公務員や地方公務員に就職するのを横目に大学を中退して実家に戻り、やがて交通違反窃盗などの犯罪を重ねるようになり、強盗懲役刑の判決を受け服役した。刑務所を出所後、連続殺人を犯して死刑判決を受け、処刑された人物である。スポーツ万能で秀才の誉れが高かった人物の憐れな人生の末路である。

挫折したことで、楽な生き方に流れて自ら持つ能力・才能を開花させずに人生を終えた人物と重なるものがあるのである。この人物同様、他山の石としてMikomaid の人生を見てしまう。Mikomaid がこれまで2ちゃんねるの掲示板荒らしやウィキペディアの編集に費したインターネット接続での数千時間の労力を家業に向けていたならば家業の業績は相当上向いただろうと思わざるを得ない。このままでは親の死後は店を畳むつもりなのだろうかと地元富岡の住民は固唾をのんで見守っている。

これまでネット上で行われた Mikomaid の行為は本人の「病気」と言うよりは改善の見込みのない「障害」(発達障害)によるものである。発達障害は現在では広く理解が進み、世間で認知されるようになったが、一昔前ならば、「どんな躾を受けたのか」とか「親の顔が見たい」と言われたような人物であったのであろう。

Mikomaid に同情するべき点があるとしたら、Mikomaid の幼少時代には精神医学がまだ発展途上であり、「発達障害」、「学習障害」 等の概念が世間で広く認識されていなかったことである。周囲から浮いた子として認知されるだけの存在であり、この当時に、「発達障害」の診断が下され、正しい治療や指導が行われていたならば現在のような現実から逃避する人生(回避性パーソナリティ障害)を送ることはなかっただろうと思わざるを得ない。

過去、何度も同じような問題を繰り返し、寝食を忘れて日夜ネットに張り付いて多重アカウントを駆使して自己の主張を正当化しようと、いかに言い訳をして責任を逃れようとする行為は齢40を越えた妻子を抱えた家族持ちの人間がするような行為ではない。そのような自堕落な、倫理観の欠如した、「本当の自由」の自覚のない無責任な人物の参加は健全なインターネットコミュニティを疲弊させる存在となるだけに忌避されるべきものである。このような人物を跋扈させないためにも、多くのユーザーには、事前にインターネットコミュニティへの入会を排斥するための「監視」、「警告」の権利は誰でも有するものである。Mikomaid のようなユーザーの存在を許さないようにウィキペディアで Mikomaid の投稿ブロックの決定を行ったことは、自らのインターネットコミュニティの自浄能力を喚起させた大きな貢献であった。

関連項目[編集]

  • 2009年5月20日Yourpedia:荒らし報告・投稿ブロック・保護依頼
  • [1]
  • 富岡の美鈴ちゃん