工藤千江梨

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

工藤千江梨(くどうちえり、2002.6.21-)とは、元青森市立浪岡中学校のバスケ部部長であり、葛西りまさんを自殺にまで追い込んだ鬼畜であり、浪岡鬼畜シスターズのリーダー、即ち同事件の主犯格者である。

浪岡中の必死の隠蔽により、高校には進学できたものだと思われるが、元々低成績だった上にこのような前科一犯の人物である為、将来大学への進学は不可能と思われ、就職も困難と見られる為、高校を卒業したらそのままニート生活を送ると見られる。

当然ながら、キチガイであり一般人との意思疎通は不可能である。

概要[編集]

2015年3月頃から、当時運動勉強共に得意で成績優秀だった浪岡中の優等生である葛西りまさんに対して嫉妬でイジメやリンチを行って以来、他の友人や男子と共謀し、TwitterLINEなどで集団で葛西りまさんに対して「お前を見ると目が腐る」などといった個人攻撃や誹謗中傷を繰り返した挙句、彼女を自殺にまで追い込んだ事件の主犯格であり、人殺しの鬼畜小娘である。

なお、同級生からのリークにより、例の事件以降も「次は誰をいじめて殺そうかな」と授業中に呟いたり、りまさんを庇っていた友達を強い殺意を持った上でいじめるなど、ネットに実名と顔写真と前科歴が拡散されているにも関わらず、相変わらず全くもって無反省で依然としていじめリンチ殺人を企てている模様である。2018年現在は青森明の星高校聖愛高校に在籍しているものだと思われるが、入学拒否されている可能性もある。高校での第二の被害者が出ないよう願うばかりである。

浪岡中史上最悪の人物・青森のSNS弁慶・浪岡中マーダー・21世紀至上最悪のいじめっ子とも言われている。まあ、兎に角問題人物で、浪岡中の一部人物を除いて相当数の人物から恨み嫌われている。

語録[編集]

工藤千江梨が受験したと言われる高校一覧[編集]

関連項目[編集]


Icon tools.svg お願い : この項目はただいま大幅な改稿を行っています。申し訳ございませんが、編集の競合を避けるため、しばらくの間編集を控えてくださると、有難く存じます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくご協力のほどお願いいたします。