援助交際

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
援助交際

援助交際(えんじょこうさい)は、女性が金銭等を目的として交際相手を募集し、性行為などを行う売春の一形態。18歳未満の女性が行なっている場合も多く、しばしば児童買春問題として取り上げられる。広義には一時的な交際の対価として金銭の援助を受ける行為そのものを指し、また必ずしも性行為は伴わない。

言葉[編集]

かつては日本の若者が使う売春隠語であった。しかし1996年に刊行された『援助交際 - 女子中高生の危険な放課後』(黒沼克史)がヒット、同年の流行語大賞にも入賞したことから社会的認知が進み、現在では隠語として成立しない。

そのため、現在は別の隠語が存在する。例えば援助交際を「円光」「¥」「サポ」(サポート)「○」(円=援助)などと表現する場合があるほか、「ホ別3」(ホテル代は別で3万円、の意)或いは金額を「ゆきち5」(5万円の意)などの言葉で遠まわしに援助交際を表現する場合がある。なお、女性が金銭を支払う交際の場合は逆援助交際逆援逆サポなどと呼ぶ場合がある。また性行為を伴う援助交際を特に「ウリ」(売り、の意)と呼び区別する場合もある。

なお、英語圏ではローマ字の綴りで「Enjo kōsai」としてそのまま紹介されることがあり、意訳の場合は「Compensated dating」などの英単語を用いて、「女子学生から主婦(School girls to Housewives)」までが関わる「児童買春(Child prostitution)」や「売春(Prostitution)」として説明される。

日本の法律[編集]

援助交際

児童が性交の対象となる相手を誘引(もしくは18歳以上が児童に対して性交の相手となるよう誘引)し、児童が金銭と引き換えに性的サービスを提供する行為があった場合には、日本では児童買春・児童ポルノ処罰法によって、児童買春とみなされる。児童との性行為やわいせつな行為は金銭の収受の有無によらず処罰を受け、さらに、成人が13歳未満の性的同意年齢に達していない少年や少女を相手にした性行為は、合意の有無に関わらず強姦罪が適用される。

援助交際の過程で、児童の着用済み下着等(ブルセラ)の販売・購入などが行われる場合がある。また、一時的な交際(カラオケや食事を共にするだけ)という条件で合意し、それに対する金銭の授受が行われることもある。これらは性的行為を伴わないため淫行条例には違反せず、また売春行為にも当たらない。ただし行き過ぎた行為に対しては青少年保護育成条例児童福祉法が適用された事例がある。

当事者が共に18歳以上である場合は、性行為を伴う援助交際であっても処罰されない。これは売春防止法が売春を禁止しているだけで犯罪ではないからである。ただし、これは刑事処分の対象となるか否かの問題であって、売春そのものは依然として(本番行為なしの場合を除き)違法行為であり、それが公になった場合に社会的非難や制裁を受けうる点に留意する必要がある。

日本における歴史的経緯[編集]

ここでは、援助交際が行われる舞台の変遷について記載する。

  • 1985年にいわゆるテレクラが登場し、まもなく日本中に広まる。その匿名性の高さから児童による利用も行われはじめ、次第に援助交際の温床となる。
  • 1990年代になるとポケットベル携帯電話が青少年に普及しはじめ、両親や周囲に悟られないコミュニケーションが可能となり、親子関係の希薄化・非行問題との関連が指摘され始める。このことはマスコミも積極的に取り上げ、18歳未満による援助交際が問題提起されるようになる(俗流若者論 も参照)。
  • 1994年にはダイヤルQ2を使い「援助交際クラブ」(デートクラブ)と称し、児童を使って売春(組織売春)をしていた業者が摘発されたことがきっかけで、マスコミに初めて援助交際の語が出現するようになる。
  • 1997年、大阪府警により「援助交際は売春です。」との内容のポスターが製作される。
  • 1999年にはNTTドコモiモードサービスが始まり、iモード用の匿名掲示板出会い系サイトが出現し始める。当時はまだ18歳未満の青少年による出会い系サイトの利用は可能であり、社会問題になった。
  • 2004年よりSNSが流行する。厳密には出会い系サイトではないが、出会い系サイトと同様に匿名性を持ちうることから児童の利用が問題になる。
  • 2006年、新しい業態であるセリクラや出会い喫茶の店舗が拡大する。法規制が明確でない業態であることから、新たな援助交際の温床となる可能性が指摘されている。一部店舗では児童の利用を自主規制することで対応している。

援助交際防止への取り組み[編集]

援助交際

児童による援助交際を防止するために施行される法令は「青少年の保護」および「買春の処罰」の両方の観点から行われる。ただ、現在は児童が見ず知らずの他人と容易に接触できる手段から隔離する為の施策のみが重点的に議論されており、匿名性の高いコミュニケーション手段が創生されるたびに法規制で対応しているのが現状である。

また、児童の持つ携帯電話からインターネットにアクセスする際のフィルタリングの是非や、小中学生に携帯電話を持たせること自体の是非が現在議論されている。

『神待ち』家出少女を狙う極悪手口[編集]

みなさんは「神待ち」という言葉をご存じだろうか?

家出した少女たちに食事や宿泊場所などを提供してくれる善意の人のことを、少女たちは「神」と呼び、その「神」の出現を待っている少女たちのことを「神待ち」と言う。年間3万人とも言われる家出少女の問題はNHKや各局でも取り上げられるほど増加している。実際は家出少女だけでなく、神待ちニート女も存在する。

NHKの朝の情報番組「あさイチ」では援交経験者という16歳から20歳までの女性がVTRで何人も登場。

実際に家出少女達の書き込みがあるサイトでは、

「セックスすることで私のことを必要としてくれる人がいる」

「プチ援交で、髪の毛とか、つばとかを買う人がいたから売った」

などといった証言が冒頭で紹介され援交温床となっているのはインターネットのサイトだと説明している。

ここでは「隠語」が使われているとしてその説明も行われ、「JK ホ別 苺@三也」の意味は、「私は女子高生です。ホテル代別で1万5千円 池袋で」。 「瓜」「佐保」「円/¥」は全て「援助交際」の意味。 「TU」は「トリプル諭吉で3万円」。「WU」は「ダブル諭吉で2万円」のことだと解説した。

まるで援交ノウハウ提供番組のようだと揶揄されていた。家出娘やニート女が「神待ち」をしてるサイトのDMM×イククル。そして、その家出少女を喰い物に一部過激な者たちによる極悪手口もあきらかに。家出少女に泊める場所を提供する変わりにセックスという流れは他の男たちの目的とは大差ないのだが、ビデオカメラなどで盗撮・ハメ撮りしたそのデータを利用し、小遣い稼ぎ&口止めになるとするとんでもない悪魔のような「神」もいるようだ。

素人売春女を狙う「援デリ業者」が暗躍[編集]

援助交際

都内某所の喫茶店内。終電間際の時間帯に、男女4人が座る席で、異様な会話が繰り広げられていた。男性のうち、1人の手元には4台もの携帯電話が。その一つがメールを着信し、男性がつぶやく。

「お、着いたってよ。行ってきて」。

その声にグループの女性の1人が反応し、店外に出て行った。記者がその後を追うと、彼女は100mほど離れたファストフード店の前に立ちすくんでいる。そこに、「○○さんですか?」と話しかける中年男性が現れ、2人はそのままホテル街のほうへと消えていった……。

「それは『援デリ』と呼ばれる、援助交際を装ったデリヘルの業者です。出会い系サイトの書き込みを使って、素人のふりをして“客”を募るグループ。都内でも特に新宿、池袋、高田馬場近辺にかなり多い」

そう話すのは、自身も以前、同様の業者を運営していたA氏だ。その業態について、こう続ける。

「出会い系サイトへの書き込みや、“客”である男性とのメールのやり取りは男が管理します。ココで書き込んだことは、いちいち女には伝えない。プロフィール写真には田舎のキャバクラや風俗で人気のある女のコのものをアップする。客も後ろめたさがあるから、写真と違ったコが来ても、『ハズレか』くらいにしか思わない。俺のときは、この方法で問題が起きたことはなかったです」

客の男たちが女に支払う報酬は、1回1万5000円~2万円程度が相場だという。では、この働く女性たちはどういった素性なのか?

「女のコは、上京してきたばかりとか、郊外から都心まで遊びに出てきているコが多い。ほとんどが家出少女のようなコたちで、なかには18歳以下を働かせている連中もいますよ。彼女らはだいたい、日給1万円とかで働いていますね。あとは、出会い系サイトで”個人事業主”として援助交際をしている女をスカウトする場合もあります。そのときは、業者の人間が女とアポを取って実際に会い、『1人でやってんの大変だろ? ウチで働きなよ』と、スカウトするんです」

実際にそのスカウトを受けたという女性・エミ(仮名・21歳)の話を聞いた。彼女は18歳から援助交際を始め、今でも週に4,5回、出会い系サイトを通じて客をとっている”個人事業主”だ。

「最初は、『普通のサラリーマンだ』って言われていたけど、Hする前になって『俺らと働かない?』って言われた。仲間に入ったかって? ないない。だって、あいつらと一緒になったら、無理やり必要以上の客をとらされるから。実際、ウチらみたいなコが一番警戒するのって、警察と業者なんだよ。ヤクザの名前使って、脅してくるヤツもいたし」

ちなみにエミは、出会い系サイトや路上で客をとるだけで、「10代の頃は月に40万円くらい稼いでいた」という。「今は5000円くらい値下がりしちゃった。仕方ないよね、不況だし」。売春を繰り返す女と、それを買う男、そして両者を利用する援デリ業者。その攻防戦は今宵も繰り返されている。

お前の人生は終わり。少女に好意持つ男性を恐喝(2012年9月)[編集]

静岡県警静岡中央署は9月11日静岡市葵区瀬名中央、指定暴力団稲川会系組員で土木作業員の大谷俊暢(23)、同区、無職少女(16)ら5人を恐喝で逮捕した。

5人は静岡市の会社員男性(35)が少女に好意を寄せていることに因縁をつけ、7月8日朝、同区の路上で男性を取り囲み、「俺は彼女の連れだ」「お前の人生は終わりだ」などと脅し、男性から示談金名目で現金55万円を脅し取った。男性と少女は昨年、少女が働いていた飲食店で知り合ったという。

娘とその友人に売春させる、42歳女逮捕[編集]

2013年5月、いずれも当時16歳の自分の娘とその友人に売春をさせたとして、群馬県伊勢崎市の無職・塩沢素子(42)が児童福祉法違反で逮捕された。

塩沢は、インターネットの掲示板で援助交際の相手を募集させていて、警察の調べに対し、「自分の生活費などを稼がせるためだった」などと容疑を認めている。

「援助交際の捜査だ」警察手帳を見せ、ホテルに少女を連れ込んだ巡査長(本物)逮捕(2012年11月)[編集]

援助交際

警察手帳を見せ捜査のふりをして、わいせつ目的で少女(17)をホテルに連れ込んだとして、千葉県警松戸署などは11月18日、わいせつ目的誘拐の疑いで、警視庁第2機動隊巡査長、大原和訓(26)=同県松戸市小金原=を逮捕した。

「わいせつなことをしようとして少女を連れ込んだ」と容疑を認めている。

逮捕容疑は11月6日午後5時ごろ、松戸市内で、徒歩で帰宅途中の県内に住む少女に、警察手帳のようなものを見せて

「援助交際の捜査の件で話が聞きたいんだけども、ちょっと来てくれる」

などと声をかけ、近くのホテルに連れ込み、誘拐した。大原は当時、非番で私服姿だったが「本物の警察手帳を出した」と供述している。大原は少女をホテルのロビーまで連れ込んだが部屋には入らず、わいせつ行為はなかった。

熊本の援助交際希望主婦[編集]

熊本の援助交際主婦1.jpg 熊本の援助交際主婦2.jpg 熊本の援助交際主婦3.jpg 熊本の援助交際主婦4.jpg

「援デリ」で女子中生に売春させ、1400万円売り上げ…金払わず逃げた男が通報し発覚(2013年9月)[編集]

女子中学生売春させたとして、大阪府警奈良県警の合同捜査本部は9月4日、児童福祉法違反などの容疑で、大阪市住之江区北加賀屋、無職、吉崎翔平(22)と同府和泉市のぞみ野、無職、下浜和希(21)の両容疑者を逮捕した。

両容疑者は昨年8月から出会い系サイトで援助交際の客を募集し、少女らを派遣する「援デリ」を運営。両府県の15~17歳の少女6人に売春させ、約1400万円を売り上げていた。

逮捕容疑は3月16日、同府八尾市の駐車場に止めた車の中で、女子中学生(15)に出会い系サイトで募ったトラック運転手の男性(43)と売春させたとしている。いずれも容疑を認めている。

1万5千円の料金を払わずに逃げた男性を吉崎容疑者らが呼び出し、首をベルトで締めるなど暴行。男性が通報し、発覚した。

また、府警は4日、吉崎容疑者らに女子中学生を斡旋した職業安定法違反(有害業務の紹介)の容疑で、府内の専門学校生の少女(16)を書類送検した。

安易なネット売春に網、サイバー補導スタート。先行実施で少女89人補導(2013年10月)[編集]

スマートフォン(高機能携帯電話)の急速な普及によって、インターネットの掲示板などを通じて子供が児童買春など性犯罪の被害に遭う事件が急増しているため警察庁は10日、ネット上で買春下着の購入を持ちかける少女らの書き込みを発見した場合、少女らを呼び出して補導する「サイバー補導」を全国の警察で21日から始めることを明らかにした。

「割り切りで優しくて楽しく会えるひとのみ募集」▽「使用済みパンツ10枚、ブラジャー2つ…セットで四万円で買ってくれる方…」。

ネット上のコミュニティーサイトなどには、少女らから食事やデートなどだけでなく買春や下着の販売を誘うケースが後を絶たない。

サイバー補導は、こうした安易な書き込みから子供たちが被害にあったり売春組織に巻き込まれるなどの被害が拡大する前に、捜査員が身分を告げずに接触し、その後、警察官であることを打ち明けて補導する。

深夜の繁華街などで、少女らを補導する従来型の街頭での補導だけでなく、警察当局はネット上でも少女らが性犯罪などの被害に遭う前に保護する新たな対策を進めるとしている。

警察庁によると、サイバー補導は静岡県警平成21年から先行的に実施、同年7月から2013年9月までで59人を補導するなど成果を上げた。このため、2013年4月から警視庁大阪府警神奈川県警兵庫県警など大都市を抱える10都道府県警察で試験的に実施したところ9月末までに未成年者97人を補導した。

このうち、児童買春・児童ポルノ禁止法で被害者と規定されている18歳未満の少女らは89人に上った。内訳は援助交際33人▽下着売買53人▽両方3人となった。18歳未満の児童のうち43人(48.3%)が、過去に児童買春などの被害に遭っていたという。中には金銭提供で交際相手を求める高校1年の男子生徒(15)もいた。

警察庁幹部は、「子供たちが性犯罪などのネットが原因の被害に遭う前に、サイバー補導で対策を進めたい」としている。

「中高生ら15人引き連れ全国で売春」4人逮捕(2014年3月)[編集]

女子中学生に売春をさせたとして、兵庫県警長田署などが、神戸市須磨区の無職・中屋崇志(なかや たかし)(21)ら4人を児童福祉法違反(淫行させる行為)や児童買春・児童ポルノ禁止法違反(周旋)などで逮捕した。

4人は「約15人の中高生らを引き連れて全国を回り、売春させていた」と供述。スマートフォンの無料通話アプリを使って客を集めていた。

他に逮捕されたのは、名古屋市中区の飲食店店員・吉武直人(22)、神戸市灘区の会社員・長谷川洋(22)、尼崎市の無職少年(18)で、4人は知人同士だった。

4人は2013年9月末、岡山市北区のホテルで、中学2年の女子生徒を広島県福山市の男(42)に2回引き合わせ、計5万5000円で売春させた。いずれも容疑を認めている。

4人は2013年3~11月頃、キャバクラでスカウトしたり、家出中の少女を友人に紹介してもらったりして13~20歳代前半の約15人を集め、うち約10人が18歳未満の中学生や高校生らだった。

4人は数人ずつを連れ、広島、岡山を中心に名古屋、神戸、福岡など7都市を移動し、ビジネスホテルの複数の部屋を数日間借り切って宿泊。スマホの出会い系掲示板に少女らの写真と無料通話アプリ「LINE」や「カカオトーク」のIDを掲載し、客を募っていた。

家出中の少女の家族から相談を受けた長田署が少女を見つけ、4人の関与が発覚した。中屋は調べに「大阪など大都会の風俗業界は競争が激しく、地方都市を回った」と供述。売り上げは少女らと折半し、遊興費などに使ったという。

「数え切れないくらいやった」女子高生と性行為の馬の調教助手の男を逮捕(2014年4月)[編集]

18歳未満の女子高生と性行為をしたとして、京都府警伏見署は21日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反で、滋賀県栗東市御園の馬の調教助手、渡辺勉(50)を逮捕した。同署によると「間違いない」と容疑を認めている。

渡辺は2月11日、京都市伏見区内のラブホテルで、同区に住む女子高生(17)が18歳未満と知りながら、現金3万円を渡す約束をして、性行為をした。

渡辺と女子高生は犯行前日の夜、インターネットの出会い系サイトで知り合った。2月下旬、同署のサイバーパトロールで発覚。IPアドレスなどから、渡辺が浮上した。

渡辺は「これまでに出会い系サイトを利用して数え切れないくらいやった」と話している。

関連項目[編集]

  • 被害者なき犯罪
  • 宮台真司 - 社会学的側面から研究している。
  • セックスフレンド- 援助交際と同じく性交渉のみを目的とした関係ではあるが、金銭の授受が行われないという点が異なる。
  • 中山美里- 援交エッセイスト