澁谷恭正

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

澁谷恭正(しぶややすまさ、1971~)とは、松戸市立六実第二小学校の元保護者会長のDQN

概要[編集]

在日ベトナム人少女のレェ・ティ・ニャット・リンさんを誘拐・拉致した上に殺し、我孫子市内の河川敷に放棄した悪質な偽善者として有名。また、過去にも大川経香さんを同様の手口で殺す完全犯罪をしたり、保育士時代に幼児の暴行未遂で逮捕されるなど、幾度に渡って15歳未満の少女に対して危害を加えている蛆虫である。

見て分かる通り、彼は若い頃から15歳未満の女児に対して性的興奮を抱く異常性癖を発症していたのは確かであり、職場内でも小・中学生に変態のようにべったり向き合うなどしていた事が判明しており、雇用先の同僚からは「いつ、道端を歩いている女児に声を掛け誘拐するか分からない超危険人物」と言われていた。また、高校時代には覚醒剤や大麻などを常習し、殺人の前科もあるなど、反社会的性質を青年期より抱き続けている事が分かる。

因みに勇者プクリンのゲイ仲間である。

関連項目[編集]