維新政党・新風

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

維新政党・新風(いしんせいとう・しんぷう)は、日本政党政治団体である。

概要[編集]

1995年12月8日自治大臣に届出、12月9日に東京・市ヶ谷の家の光会館にて結党大会。代表は松村久義、副代表は板東義宣瀬戸弘幸2008年から東京に本部を置く。新右翼青年民族派の流れからヤルタポツダム体制打倒を主張する。

2007年7月現在、国会に議席は無く、名称中に「政党」の文字があるが、政治資金規正法上の区分では結成以来「政党」となったことはない。結党以来、1998年2001年2004年2007年と4回連続で参議院通常選挙確認団体として参戦したが、いずれも全員落選及び供託金没収という結果になっている。

国政への推薦候補としては西村眞悟(大阪府本部推薦、党友)、若泉征三(福井県本部推薦、党友)がいる。[1]

広島県呉市議会の岡崎源太郎(推薦)など、地方議会議員の中には推薦候補もいるが、自由民主党公認候補や他党との共同推薦も多い。なお、地方議会において「新風」という名が付く会派がいくつかあるが(埼玉県越谷市大阪府守口市兵庫県尼崎市など)、これらと同党の関係は無い。

2006年12月13日、魚谷代表は2007年7月実施の第21回参議院議員通常選挙に、同党候補として、比例区3人・選挙区7人の合計10人を前回等と同様に擁立することを表明し、実際に立候補した。結果、比例区での得票数は17万票余(170,509)にとどまった。

政策[編集]

基本主張[2]:「新風はウソとごまかしのない政治を実現し、安易なグローバリズム(国際化)に反対します」

敗戦以後の対外的・対内的(特に対特定アジアにおける)国際的常識と照らし合わせバランスの悪い体制を改善することを党是としている。外交面では従来の土下座外交から、毅然とした態度で交渉できるよう土台造りを目指し、教育面ではまずしっかりした公共心を充実させること、また、自虐史観からの脱却を目指す。迫害を受けるチベット台湾の独立を支持し、対中国ODAの削減・中止をすすめる。

さらに具体的には以下の通り。

関連人物[編集]

本部役員[編集]

地方幹部[編集]

講師(50音順)[編集]

大学関係者[編集]

評論家[編集]

その他[編集]

その他の関係者[編集]

現職国会議員[編集]

その他[編集]


関係団体[編集]

企業[編集]

新興宗教・カルト[編集]

政治結社・その他[編集]

台湾関係[編集]

脚注[編集]

  1. 両名は党大会へ祝電を送ったことがある。 新風広報平成15年12月号
  2. <維新政党・新風> 政策・基本主張 公式サイト
  3. 維新政党新風公式サイト6月28日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]