鈴木まりや

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
この記事から呼び出されているウィキペディア由来のテンプレート「Template:女性モデル」は、記事の表示に不具合を起こしているため無効化されました。

鈴木 まりや(すずき まりや、1991年4月29日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームBのメンバーである。

埼玉県出身。ドレスコード所属。

来歴[編集]

2009年
  • 1月に開催された『リクエストアワーセットリストベスト100 2009』(SHIBUYA-AX)でお披露目[1]
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームAメンバーに昇格することが発表されたが、その後2010年2月28日の研究生公演において、昇格先がチームBに変更されたことが発表され、同年5月21日にチームBへ正式に昇格、同日から始まった『チームB 5th Stage「シアターの女神」』公演から参加。
2010年
  • 3月25日に開催された『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演において、ドレスコードへの移籍打診が発表され、同年11月1日、同社所属となったことがホームページにおいて発表された。
2011年
  • 11月26日公開の『こっくりさん 劇場版』で映画初主演[2]

人物[編集]

  • キャッチフレーズは「チームB推し」の台詞にも登場する「3時のおやつはまりやんぬ」。
  • 両親と2歳上の兄がいる。
  • 「まりやんぬ」というニックネームは中学校時代の隣の席の女の子が、「3時のおやつは…」のキャッチフレーズはファンがそれぞれ考案したもの[3]。ちなみにブログで母親は「ママやんぬ」、父親は「パパやんぬ」と表現する。
  • 前田敦子とはAKB48加入前から元々遠い知り合いだった[1]
  • 側転とフラフープが得意。内田眞由美横山由依永尾まりやと鈴木の4名で「体育会系アイドル」を結成している[4]
  • AKB48の楽曲で最も好きなのは「わがままな流れ星[1]
  • 内田が「チャンスの順番」でセンターの座に就いたことで、鈴木自身も大いに刺激を受けたという[5]
  • フィギュアスケーターの鈴木明子ははとこ。ちなみに同じくチームBの鈴木紫帆里いとこに当たる。
  • 昭和天皇陛下と誕生日が同じである。自身の生年月日、昭和天皇陛下は90歳の誕生日だった。

AKB48での参加曲[編集]

シングルCD選抜曲[編集]

アンダーガールズ名義

シアターガールズ名義

DIVA名義

チームB名義

鈴木まりやソロ名義

  • 夏の日の1836

劇場公演ユニット曲[編集]

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演
  1. スコールの(バックダンサー)
  2. 真夏のクリスマスローズ ※
※バックダンサーもしくは中田ちさと篠田麻里子休演時)のアンダー(瓜屋茜卒業後)
  1. 恋愛禁止条例
  2. 黒い天使(藤江れいな・中田のアンダー)
チームB 4th Stage「アイドルの夜明」公演
  1. 片思いの対角線(バックダンサー)
研究生 「アイドルの夜明け」公演
  1. 愛しきナターシャ
  2. 残念少女(瓜屋茜休演時)
チームK 5th Stage「逆上がり」公演
  1. わがままな流れ星
※バックダンサーもしくは小林香菜のアンダー
THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演
  1. 初めてのジェリービーンズ
宮澤佐江高城亜樹藤江れいな仲谷明香のスタンバイ
チームB 5th Stage「シアターの女神」公演
  1. 嵐の夜には
  2. ロッカールームボーイ ※
平嶋夏海のユニットアンダー

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

  • こっくりさん 劇場版(2011年11月26日公開 ワーナー・マイカル・シネマズ板橋他) - 主演 大島絵梨 役

舞台[編集]

  • Alice in Deadly School(2010年10月14日 - 17日、品川・六行会ホール) - 堂本千十合 役
  • 下ガール(2011年2月3日・4日、渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール) - 日替わりゲスト 白金清美 役
  • 努力しないで出世する方法(2011年3月9日・13日、笹塚ファクトリー) - みゅう 役
  • Stranger than Paradise~深愛~(2011年8月11日、池袋シアターグリーン BOXinBOX THEATER) - 特別友情出演 須藤編集長 役

DVD[編集]

  • 怨霊映像 恐篇(2011年2月2日、レンタルのみ)鈴木まりや の怪談朗読
  • こっくりさん 劇場版(2011年12月21日) - 主演 大島絵梨 役

イベント[編集]

  • こっくりさん 劇場版DVD発売イベント(2011年12月21日 秋葉原神ホール)

Web[編集]

  • 上映まで待てない!30分でわかる「こっくりさん 劇場版」特別番組 (2011年12月21日 ニコニコ動画

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 別冊宝島 AKB48推し!』(宝島社
  2. AKB48鈴木まりやが初映画初主演で『こっくりさん』と戦う女子高生に挑戦 - Web De-View(オリコン) 2011年10月18日
  3. *チケット発売!&質問回答* 本人オフィシャルブログ 2010年8月25日付記事
  4. 『AKB48 東京秋祭り』DVDより
  5. 『AKB48 じゃんけん大会公式ガイドブック 2011』(光文社

外部リンク[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は鈴木まりやにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。