ヤンピース

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

テンプレート:基礎情報 ラジオ番組ヤンピース』は、2006年10月2日から2008年9月5日まで、ニッポン放送をキーステーションに全国ネットで放送されていたラジオ番組放送枠。

「ヤンピース」の由来は、ヤングYoung)とピースPeace)をつなぎ合わせた造語であり、10代のリスナーをターゲットとしていた。

放送時間[編集]

概要[編集]

月曜日 - 木曜日は『東貴博のヤンピース』、金曜日は『南海キャンディーズ 山里亮太のヤンピース フライデースペシャル』(以下、山ちゃんのヤンピース)をそれぞれ基本編成(レギュラー)として放送。レギュラー編成である、東・山里両担当分の通算放送回数は、全484回(公式サイトより参照)。また、不定期で「ヤンピーススペシャル」を冠した特別番組を放送していた。

2006年10月16日から2007年まで月曜日〜木曜日は『BITTER SWEET CAFE』(ビタースウィートカフェ)と題し、22:40ごろからラジオドラマを放送していた。

2007年2月1日から9月28日までの間、23時台のネタコーナーとエンディングの間のCM(ネット局ではフィラー音楽になっているところもあり)が無くなり、代わりにMAO/dがMCを務める『Very2 MAO/d』がスタートした。

フィラーは全曜日通して同じものが使われている。初期は『ニッポン全国 ラジベガス』で使われていた楽曲を流していた。

放送時間変更[編集]

  • 2007年7月12日の『BITTER SWEET CAFE』はナイター中継延長の影響で、翌日の『山里のヤンピース』に順延放送された。金曜日での放送は初めてとなる。
  • 2007年12月24日はニッポン放送と一部のネット局ではラジオ・チャリティー・ミュージックソンが放送されたため、ラジソンを放送したネット局は放送休止となった。なお、ラジソンを放送していないネット局では、12局が『ヤンピースラジオ・チャリティー・ミュージックソンスペシャル』としてニッポン放送と同時ネットを、6局が『ニッポン放送飯田浩司のヤンピースクリスマススペシャル』として裏送りで放送した(後述参照)。

番組の終焉[編集]

業界では一部コーナーが話題になっていたが、聴取率においては文化放送の『レコメン!』(金曜日は『FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50』)、TBSラジオの『BATTLE TALK RADIO アクセス』、TOKYO FMの『SCHOOL OF LOCK!』等に負けていたこともあり、2008年8月29日の『山ちゃんのヤンピース』最終回をもって、レギュラーとしてのヤンピースは終了した。そして、9月1日〜5日のつなぎ番組ヤンピーススペシャル ティーンズコイバナ学園』をもって、約1年11カ月にわたるヤンピース枠は終了。9月8日から『銀河に吠えろ!宇宙GメンTAKUYA』が放送されている。

パーソナリティ[編集]

スペシャルパーソナリティ[編集]

以下、ヤンピーススペシャルのパーソナリティ

ヤンキー先生!義家弘介の夢への第一歩
タイトル今夜決定! 亀梨和也2時間生ラジオ(2008年4月25日)
ティーンズコイバナ学園(2008年9月1日 - 9月5日)

コーナーの明細は『東貴博のヤンピース』、『山里亮太のヤンピース』を参照。

ネタ職人番付[編集]

ネタコーナーはポイント制で、ハガキ職人番付がある。 月曜の22時台のコーナーを除いたネタコーナー及びネタ職人番付に反映するメールテーマに採用されることにより、採用された枚数が増えていく。

採用されるリスナーが固定されている傾向が強く、新規リスナーが入りにくいという意見も出ている(若干だが改善も見られた)。 過去に採用したメールで、ラジオネームを間違えて放送してしまい、本人から苦情のメールが来たこともあった。

内包番組[編集]

Very2 MAO/d[編集]

  • パーソナリティーはMAO/d。2007年2月1日開始。
  • 5月11日までは、毎週一個のテーマをもとに、リスナーから届いたメールを一通紹介するものだったが、5月14日からは、曜日ごとのテーマを設けて、リスナーから届いたメールを一通紹介するものになった。
  • BGMに、MAO/dの2ndシングル『水の祈り-JOY-』や、そのカップリング曲の『OVER U』が流れる。
  • 投稿はパーソナリティーのオフィシャルサイト上で受付する形となっている。
  • 2007年9月28日をもって放送終了。再びネタコーナーとエンディングの間にCMが入る。

ヤンピーススペシャル[編集]

ヤンキー先生!義家弘介の夢への第一歩[編集]

こちらを参照(ネット局はヤンピースと同じ)。

ティーンズコイバナ学園[編集]

ヤンピーススペシャル ティーンズコイバナ学園( - がくえん)は、2008年9月1日から9月5日まで、ニッポン放送ほか全国ネットで放送されていたラジオ番組。同年8月まで放送していた『ヤンピース』の打ち切りに伴い、始まったつなぎ番組である。 放送時間は22:00〜24:00、9月5日のみ23:50まで。 リスナーから電話で、恋の話や悩み、相談事をパーソナリティと共に話し合っていた番組だった。パーソナリティは日替わりであり(右の基礎情報を参照)、5日間通して新保友映ニッポン放送アナウンサーが出演していた。 『ヤンピーススペシャル』とタイトルにあるとおり、この番組が現在の所、ヤンピースをタイトルに入れた最後の番組である。

この節は、書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

ネット局[編集]

番組終了時までのネット局[編集]

青森放送 IBC岩手放送 山形放送 ラジオ福島 茨城放送
信越放送 山梨放送 北陸放送 福井放送 東海ラジオ放送
KBS京都 ラジオ関西 山陰放送 山口放送 西日本放送
高知放送 長崎放送 熊本放送 大分放送 宮崎放送

終了時前のネット局[編集]

静岡放送 和歌山放送 九州朝日放送

※終了に至った経緯は、後述参照

2007年ラジソン放送時のネット局の状況[編集]

自社制作のラジソンで休止した局
青森放送 IBC岩手放送 ラジオ福島 九州朝日放送
ニッポン放送のラジソンをそのままネットした局
山形放送 茨城放送 北陸放送 福井放送 静岡放送
東海ラジオ放送 ラジオ関西 山陰放送 西日本放送 高知放送
熊本放送 宮崎放送
裏送りで「飯田浩司のヤンピースクリスマススペシャル」をネットした局
信越放送 山梨放送 KBS京都 山口放送 長崎放送 大分放送

ネット局に関する備考[編集]

  • IBC岩手放送では金曜日に限り、自社製作の音楽番組『feat.i』放送のため、23:00からの放送(2008年3月までは『星子のスターダストメモリー』の放送のため、同様)。
  • 和歌山放送は2007年3月で自社製作『つれもてナイト』放送のためネット打ち切り。和歌山放送のネット打ち切りにもかかわらず、4月2日、3日の番組のオープニングが「全国24局ネットで放送中、東貴博のヤンピース」と流してしまった。
  • 九州朝日放送は2008年春改編で自社制作番組『VERO②VA(ベロベロバー)』放送のため、番組打ち切り。また、静岡放送も、2008年3月31日より、『BATTLE TALK RADIO アクセス』のネット受けに変更となるため、2008年3月28日をもって打ち切りとなった。
  • 3月末 - 9月末のプロ野球シーズン中はナイター中継延長により放送開始時間の22時を超えることがある。ただし、番組自体の放送開始時間は繰り下げず、ナイター中継が22時より前に終わった局(ナイター中継をしない局)を考慮し時刻通りに放送開始する。そのため、ナイター中継が延長した局は終了後に途中から放送することになる。ただし、前番組がスポンサー付であれば、それを放送した後に飛び乗る(各局によって飛び乗りの対応は異なる)。制作局のニッポン放送でもナイター中継が延長することはあるが、既に番組は始まっているため、この間は実質的にネット局への裏送り放送となる。ニッポン放送が野球中継を終了し、『ヤンピース』の放送を始める際はネット局みたいに飛び乗りではなく、進行中のコーナーを一時停止した上で、仕切り直してオープニングを行い、その後にコーナーを続ける。飛び乗りする局同様、延長はしない。また、野球中継の延長で大幅に『ヤンピース』の放送が短くなってしまう場合は休止する局もある。
  • 地方局ではローカルセールスによる番組ネットとなっているが、番組内ではネットCM(PT枠)が23:25頃に放送されている(光陽商事米常商事三平グループなど)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この記事から呼び出されている「テンプレート:前後番組」は、記事の表示に悪影響を及ぼすため無効化されました。

テンプレート:ニッポン放送平日夜ワイド番組 テンプレート:ニッポン放送金曜日夜ワイド番組

テンプレート:radio-stub