福島県

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

福島県(ふくしまけん)は、関東地方北部、太平洋に面する県。

概要[編集]

面積が大きく、また山脈により分断されているため、大きく浜通り中通り会津の3地域に分けられる。

人口の大きな自治体は、人口順にいわき市郡山市福島市となっているが、3市とも30万人前後である。商業統計では郡山市・いわき市・福島市の順、都市圏人口では郡山都市圏福島都市圏いわき都市圏の順である。3市はそれぞれの分野に特化し、行政機能が集中する福島市、経済・交通の中枢で商業・内陸工業・流通都市となっている郡山市、莫大な面積を持ち工業・観光に特化するいわき市となっている。また、会津地方の中心都市で史跡旧跡が多く存在する歴史都市会津若松市も上記3都市に比べ小規模ながら重要な地点となっている。

県名の福島は、福島城からとられた。

歴史[編集]

  • 廃藩置県
    • 明治初期、版籍奉還後の1869年(明治2年)の太政官令により、陸奥国(むつのくに)南端である現在の福島県域は陸奥国から分離し、西側が岩代国(いわしろのくに)、東側が磐城国(いわきのくに)となった。岩代国は現在の福島県中通り地方の中北部と会津地方。磐城国は現在の福島県中通り地方南部と福島県浜通り地方と宮城県南部(亘理郡、伊具郡、刈田郡)にほぼ相当する。1871年(明治4年)7月(旧暦)の廃藩置県で全国に多数の県が生まれた後、同年11月(旧暦)に現在の福島県域は、岩代国の会津地方(旧会津藩領の越後国蒲原郡の一部[のち東蒲原郡]を含む)が若松県、岩城国の中通り地方が二本松県(二本松県になって、わずか12日間後に福島県に改称したのでほとんど機能はしていない)、磐城国はほぼそのまま磐前(いわさき)県の3つの県として統合された。二本松県は間もなく福島県と改称し、1876年(明治9年)に若松県、磐前県と合併して新しい福島県となった。その際、磐前県北部(亘理郡、伊具郡、刈田郡)が宮城県に、磐前県南部の一部が茨城県に移管され、さらに1886年(明治19年)に東蒲原郡が新潟県へ移管されて、現在の福島県域になった。これらの変遷は最後の東蒲原郡移管を除いて、1869年(明治2年)の藩の制度化の後、1871年(明治4年)の廃藩置県から1876年(明治9年)までの間に、あわただしく行われた。(誤解されがちだが江戸時代には公式に「藩」という制度はなく、藩は版籍奉還によって明治2年に制定された制度である)
    • 福島県会津地方の北西部、三国岳から飯豊山に、ひげのように細長く延びている県域がある。これは福島県側の地域住民の信仰上の理由で、ご神体となる飯豊山への参道を確保したためである。
    • 福島県南部を「いわき」、中西部を「いわしろ」と呼ぶのは古代からの呼称である。現在、福島県域は岩盤が固くて地震が少ないから「岩城」の国と呼ぶ、という説があるが、これは「いわしろ」に「岩城」という文字を当てたために生まれた俗説である。歴史的には(奈良の都から見て)「いわき」の「うしろ」にあるから「いわしろ」と呼ばれるようになったと思われる(京都地方を山城(やましろ:山背)国と呼ぶのと同じ)。この説では「いわしろ」の表記は「岩背」または「磐背」が本来であり、現在に残る地名「岩瀬」(いわせ)、岩代(いわしろ)とも通じる。
  • 戊辰戦争
  • 福島事件

人口[編集]

年齢構成[編集]

テンプレート:福島県/5歳階級別人口

512px
福島県と全国の年齢別人口分布図(比較) 福島県の年齢・男女別人口分布図
紫色は福島県
緑色は日本全国
青色は男性
赤色は女性
総務省統計局 / 国勢調査2005年

行政[編集]

歴代知事(公選後)[編集]

  1. 石原幹市郎(1947年4月12日~1949年11月30日)
  2. 大竹作摩(1950年1月28日~1957年7月25日)
  3. 佐藤善一郎(1957年8月25日~1964年3月23日)
  4. 木村守江(1964年5月16日~1976年8月11日 収賄容疑に問われ引責辞任)
  5. 松平勇雄(1976年9月19日~1988年9月18日)
  6. 佐藤栄佐久(1988年9月19日~2006年9月28日 親族による談合事件で引責辞任)
  7. 佐藤雄平(2006年11月12日~)

経済[編集]

県内における最大の都市圏は、中通り中部の郡山市を中心とする郡山都市圏であり、周辺地域とともに県内最大の郡山経済圏を形成している。一方、中通り北部(福島市伊達郡伊達市)や浜通り北部(旧相馬郡地域 : 相馬市南相馬市)などは、仙台市への通勤・通学者が一定の割合で存在するほか、休日の買い物に高速バスなどで仙台へ行く傾向が強く仙台市を中心とした仙台経済圏に含まれつつあり、繋がりが深い。(→東北地方の経済史南東北仙台経済圏仙台都市圏を参照)のこと。 ただし、県北地区と相双地区の仙台志向、また会津地方の観光中心経済と若干の新潟志向とは分けて考える必要があり、福島県の非統一性をうかがわせる一例となっている。


地域と文化[編集]

都市圏[編集]

都市雇用圏(10%通勤圏)の変遷

東北新幹線の駅が設置された都市圏斜体
1980年 1990年 1995年 2000年
いわき都市圏
347408人








82




85




91


郡山都市圏
493891人
郡山都市圏
521116人
郡山都市圏
537493人
福島都市圏
343063人
福島都市圏
404636人
福島都市圏
410964人
福島都市圏
412353人
郡山都市圏
341004人
いわき都市圏
361286人
いわき都市圏
366207人
いわき都市圏
365864人
会津若松都市圏
197672人
会津若松都市圏
197213人
会津若松都市圏
197316人
会津若松都市圏
188686人
須賀川都市圏
80990人
須賀川都市圏は郡山都市圏に包含
原町都市圏
74296人
白河都市圏
86678人
白河都市圏
95084人
白河都市圏
96786人
白河都市圏
72914人
原町都市圏
77162人
原町都市圏
77860人
原町都市圏
75020人
喜多方都市圏
45780人
二本松都市圏
66988人
二本松都市圏
67268人
二本松都市圏
66077人
二本松都市圏
45568人
喜多方都市圏
60818人
喜多方都市圏
63413人
喜多方都市圏
59701人

地域圏[編集]

県内は、東西に長い形状をしているが、2つの山間部によって浜通り中通り会津の3つの地方に分かれている。東から太平洋沿岸が浜通り、阿武隈高地で隔てて中通り、奥羽山脈で隔てて会津となる。地形的に山間部で隔てられて結びつきにくい上に、気候風土や風俗にも差があり、3地方での同一県として帰属意識は低く、福島県は他県に比較すると1つの県としてのまとまりに欠けると言われる。

以下、人口は2006年8月1日現在の推計人口[1](福島県の総人口は2,080,823人)。

  • 中通り 1221105
  • 浜通り 552276
  • 会津 307442

県内は、さらに県庁の出先機関である地方振興局の管内によって7つに分けられている。以下、地方振興局ごとに市町村を記載する。なお、県北の安達郡(約4.0万人)が県中に、相双の双葉郡(約7.4万人)がいわきに入るとする地域圏の設定もある。

以下の13市13郡32町15村がある。*印は、合併により消滅する予定の市町村。町は「ちょう」ではなくすべて「まち」、村は「そん」ではなくすべて「むら」と読む。

中通り[編集]

  • 由来
中通りは中山道に名前の由来がある。現在の中山道は江戸時代に江戸を中心としてひき直したもので、京都から岐阜、長野、群馬を経て東京に至るが、古代の中山道は奈良を起点として、現在の岐阜、長野、群馬から栃木(宇都宮付近)に至り、現在の国道4号線沿いに北上する東山道(律令制下の道国制の行政区)の主要街道だった。中山道という呼称自体、東山道の別称である。この名残から、福島県中通り地方は古くから中山道(中仙道)、仙道(せんどう)とも呼ばれた。なお、群馬から東京に至る江戸時代以降の中山道は、もともとは東山道武蔵路と呼ばれる東山道(中山道)の支路である。
  • 気候
内陸性気候に属する。北部の福島盆地は典型的な内陸性盆地型気候で、夏は非常に高温になる。南部は那須高原につらなる高原地帯となるとので、北部に比べると低温傾向がある。そのため、中通りでは桜前線が北部から南部に南下して移動する。降雪はあるが、通常は数cm~15cm程度で、30cmも積もれば大雪といわれる。生活面では降雪よりも夜間の路面凍結が深刻だ。
  • 文化
古来より奥州の玄関口として、街道筋として重要な役割を担った。現在は東北新幹線や東北自動車道も整備されて首都圏まで新幹線で1~2時間、自動車で2~3時間ということもあり、首都圏との結びつきも強めている。
  • 中心都市
経済的には郡山市であるが、県庁所在地が福島市であるため、政治的文化的には福島市の重要度も高く、二極分散といえる。
県北地方振興局管内 508389

福島広域行政圏

安達広域行政圏

県中地方振興局管内 559607

郡山広域行政圏

県南地方振興局管内 153109

白河広域行政圏

浜通り[編集]

  • 由来
浜通りは陸前浜街道に名前の由来がある。陸前浜街道は現在の国道6号線とほぼ一致する沿岸沿いの街道で、水戸街道から仙台平野で奥州街道に繋がって仙台に至る。
  • 気候
太平洋側気候に属する。東北地方としては非常に温暖で、夏は涼しく、冬の降雪もほとんど無く、東北地方よりも南関東に近い過ごしやすい穏やかな気候である。
  • 文化
関東地方…特に茨城県や千葉県との結びつきが強い。鎌倉時代初期に下総国相馬郡(現在の茨城県南西部と千葉県北西部)から相馬氏千葉氏の支流)が入植したこともあり、下総国に由来を持つ神社仏閣やお祭り等の習俗が少なくない。現在でも千葉県や茨城県を中心に展開するチェーン店が福島県浜通りに店舗を出店する、あるいは浜通りに本社のあるチェーン店が茨城県方面に出店するなどの現象がしばしば見られる。
  • 中心都市
いわき市が中心都市と言えるが、南北に長いため、北部では相馬市が小規模な中心都市となっている。
相双地方振興局管内 199647

相馬広域行政圏

双葉広域行政圏

いわき地方振興局管内 352629

会津[編集]

  • 気候
日本海側気候に属する。新潟県と多くの県境を接しており、全国有数の豪雪地帯である。
  • 文化
会津藩に由来する文化が色濃く投影されている。また現在の武術武道界に多大な影響を与えた近代最強の武術家とたたえられる大東流合気柔術武田惣角(たけだそうかく)の出身地(会津坂下町)としても名高い。現在でも会津若松市を中心に剣道をはじめとする現代武道や各種の古武術が非常に盛んで、県立高校でも体育の授業に薙刀術があるなどの特色がある。ナショナルジオグラフィック、ヒストリーチャンネル、ディスカバリーチャンネル等の海外のドキュメンタリー製作でも武士道や侍文化に関するドキュメンタリーではしばしば会津を例として取り上げる。
  • 中心都市
会津若松市。
会津地方振興局管内 274959

喜多方広域行政圏

会津若松広域行政圏

南会津地方振興局管内 32483

南会津広域行政圏

合併予定の市町村[編集]

  • 福島市・飯野町⇒福島市(協議途中で川俣町が離脱し、2市町で2008年7月1日を目標に、合併を推進することが確認された)

有形文化財建造物[編集]

国宝
重要伝統的建造物群保存地区

マスコミ[編集]

新聞社[編集]

放送局[編集]

本社演奏所の立地として、福島市県庁所在地政治的中心地)と、郡山市経済的交通的中心地)との2都市に分かれるため、立地の違いによって地方ニュースの重点配分や話題に微妙な地域色がでる。しかし、コミュニティFM以外の全放送局とも放送自体は全県に渡る。

なお、戦後の福島県域の2大新聞社の対立を反映したせいか、県域対象の民放VHFテレビ局は全国の県で最後の開局、民放FM局も東北6県では最後の開局である。ただし、テレビ東京系列を除く民放テレビ局4局が出揃ったのは1983年である。これは東北5県のなかでは宮城県に次いで2番目であり、比較的早い。

相馬市や南相馬市、相馬郡の一部では宮城県の民間放送4局が、いわき市の沿岸地域や白河市南端、阿武隈高地の一部では関東広域圏の民間放送5局が直接受信可能である。なお、とちぎテレビ(GYT)はアナログ放送はTUFと31chで、デジタル放送はKFBと29chで被っており、福島県内でのGYT受信は困難である。

福島県と同様に、政治力と経済力の綱引きにより民放地方局の演奏所が、全て県庁所在地に立地していない例は山口県にも見られる。

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

新幹線

JR在来線

私鉄(民鉄)路線

第三セクター

バス路線[編集]

前述の通り、地区により経済圏の指向が異なっている。このため、地域ごとに分割したJRバスにおいても、2社が営業拠点を設置している。これは全国で唯一。

道路[編集]

高速道路

国道

県道[編集]

舞台になった作品[編集]

漫画[編集]

美味しいんぼ(2014年4から5月まで他。5月13日の特種で19日掲載で福島編完結する事発表された。4月28日で山岡が鼻血出した事が問題になった)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本の都道府県
北海道地方: 北海道
東北地方: 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県
関東地方: 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 | 山梨県
中部地方: 新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 | 三重県
近畿地方: 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県
中国地方: 鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県
四国地方: 徳島県 | 香川県 | 高知県 | 愛媛県
九州地方: 福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄県


テンプレート:福島県の自治体